リーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』 初日開幕! 沢口靖子、小柴陸(関西ジャニーズJr.)、生瀬勝久、 3人のトライアングルが光る!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

画家、絵本作家の「たなかしん」が、2019年に新聞連載小説として執筆し、第53回日本児童文学者協会新人賞を受賞した「一富士茄子牛焦げルギー」。その名作を演出家・河原雅彦が、「リーディングアクト」として舞台に立ちのぼらせた。

「朗読と演劇の中間」とも言える「リーディングアクト」という特殊な形式。

キャストが台本を読む「声」から想像で作品世界を膨らませる楽しさ、キャストが互いに視線や言葉を交わし、シーンが目の前に現れる生の演劇の贅沢さ、両方が体感できる。

さらに、今回、たなかしんが舞台のために書き下ろしたイラストが随所に映像として映し出され、シンガーソングライターの瓜生明希葉の情感豊かな音楽も加わり、

「朗読」「絵」「音楽」が三位一体となった、目で、耳で、心で体感する、家族の物語だ。

_21A0143_1.jpg

撮影:須佐一心


「おとん」と「僕」、父子2人の年始の朝--------。餅を焼きながら聞いていた、おとんの夢の話は奇想天外な内容だった。夢の中に出て来た「富士山」に、「夢を叶えてあげる」と言われたらしく、おとんはとっさに、「餅が焦げないようにしてほしい」とお願いしたそうだ。そんな馬鹿げた話をしていたところ、オーブンの中の餅は...一向に焦げていなかった...

「おかん」役は沢口靖子、「僕」役は小柴陸(関西ジャニーズJr.)、「おとん役」は生瀬勝久。関西出身の3人が、関西弁で丁々発止のセリフのやり取りを繰り広げる。時には、キャストは「語り部」や「僕の親友」、といった他の役も演じながら、「焦げルギー」の、時にリアルで切なく、時に奇想天外な世界を紡いでゆく。

沢口靖子は、朗らかで家族を大きな愛で包む「おかん」を、唯一無二の美しさと個性を持つ声で生き生きと演じている。「僕」演じる小柴陸は、ジャニーズ公演以外で初めての単独外部出演となるが、瑞々しい感性と一途な表現力で、おとんやおかん、日々起こる様々な出来事を

まっすぐに受け止める優しい「僕」を好演する。生瀬勝久の「おとん」は、飄々とした空気の中に、息子に向ける愛情深い目線が印象を残し、物語を引っ張っていく。

3人のトライアングルが絶妙にひびき合い、お互いを想う"家族"が、そこにいた。

その世界を是非体感してほしい。

尚、本公演は、公演終了後、大阪公演で収録された舞台映像の配信を2/12(金)から2/14(日)まで行う。

528A0790_1.jpg

撮影:須佐一心


初日に向け、演出家の河原雅彦からコメントが届いた。

僕的に初めての朗読劇の演出です。いまだに加減やルールが分からないままですが、とにかくこのご時世ですし、シンプルに楽しいヤツを、との思いで作ってみました。
原作の持ついかんともし難い切なさ、優しさ、たくましさは、今回集まって下さった素晴らしい俳優さんが達が、実直な思いを胸に客席に届けてくれると確信しています。ま、言うても朗読劇ですので、肩の力を抜いてごゆるりとご鑑賞下さいませ。              河原雅彦                   

1fujinasuushi-2.jpg

<公演概要>

リーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』

【大阪公演】2021130日(土)〜31日(日) サンケイホールブリーゼ

【東京公演】202129日(火)〜11日(木祝) 東京芸術劇場シアターイースト

原作:たなかしん 演出:河原雅彦

脚本:野上絹代 音楽:瓜生明希葉

出演:沢口靖子 小柴 陸(関西ジャニーズJr.) 生瀬勝久  

  チケット料金:

 【大阪】S席 7,500 A席 6,000円 ブリーゼシート 5,000(全席指定・税込)

   【東京】
7,500 (全席指定・税込)


【配信日程】 2/12(金)18:00配信スタート

【配信元】PIA LIVE STREAM

【アーカイブ期間】214()23:59まで

【視聴チケット販売期間】130日(土)10:00214()21:00

【チケット料金】3500

※1/31(日)サンケイホールブリーゼ にて収録


観劇チケット&視聴チケット購入URL → https://w.pia.jp/t/ichifuji/

企画製作:キューブ  制作協力:リコモーション

大阪公演協力:サンケイホールブリーゼ

  詳細:キューブ  http://www.cubeinc.co.jp

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9535

前の記事「お料理に例えると"多国籍のフルコース"!?――『ローズのジレンマ』大地真央&神田沙也加インタビュー」へ

次の記事「何でもないちょっとした台詞がいちいち良い――「夢ぞろぞろ」小沢道成×宮崎吐夢対談」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉