古谷大和×石田 隼×芹沢尚哉×齋藤健心『ストリップ海峡』座談会

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

Wstrip124.jpg

ハダカ座公演 vol.2『ストリップ海峡』が2020年3月に上演されます!

本作は、2018年1月に上演された『ストリップ学園』に続く作品で、脚本・演出をgood moning N°5澤田育子、音楽を元・米米クラブのメンバーのフラッシュ金子こと金子隆博が手掛けるオリジナル作品。

前作ゲネプロレポートはコチラ

本作の詳細はコチラ

ストリッパーを目指す生徒たちを男性が演じ、あらゆる感情が混じり合うストーリー&演出で観客を虜にした初演。果たして第二弾はどんな作品になるのか......。

前作に続き、女性ストリッパー役で出演する古谷大和さん石田 隼さん芹沢尚哉さん。そして新キャストの齋藤健心さんにお話をうかがいました!

*****

――今年1月に上演された『ストリップ学園』、とても面白かったです。新キャストの齋藤さんはご覧になられましたか?

齋藤 観ました。カッコいいと思いました。舞台の上には肌を露出した全力な人たちがいて、客席のお客様は「フー!」となっていて。そういう空間がめちゃめちゃカッコいいと思いました。

――お客様もパンツやブラジャーを回したり、紙テープを飛ばしたりしていましたね。

齋藤 そこにも衝撃がありました。ドーパミン出過ぎて頭で考えられず、ただただ「すごい」と思っている感じで。圧倒されました。

――齋藤さん以外は、まさにその舞台に立ったお三方ですが、どんなふうにつくっていかれたのでしょうか?

芹沢 僕らも稽古の序盤は「どうやってつくっていくの」っていう感覚がありましたよ。

古谷 そうだね。ただ、稽古で最初のシーンをやったとき、僕の相手が藤田(記子)さんで(「good morning N°5」は本作の作・演出である澤田育子さんと藤田記子さんのユニット)。藤田さんの芝居のエネルギーを見て、「これなんだ」と思いました。何も飾らず、全力でやってらした。

Wstrip097.jpg

――これをやらなきゃいけないんだ、という感じだったのですか?

古谷 そうですね。あるいは超えていかなきゃいけないと思った。

石田 そうね!

古谷 だからとにかく...しんどかった(笑)。

石田 澤田さんとずっと一緒にやってきた、千代田(信一)さんや藤田さん、(小林)顕作さんですら「大変」と言ってたもんね。

――どういうところが大変でしたか?

石田 台詞量と運動量と演出と。

芹沢 しかも台詞も「ただじゃ言わせない」っていうか。すごい動きをしながら言うような演出がつくので。

古谷 謎の屈伸とかね!

一同 (笑)

芹沢 藤田さん、何回屈伸してた?

古谷 (笑)。しかもそこに意味はないんです。「意味はやることで生まれるから、とにかく屈伸してみて」みたいな(笑)。

石田 舞台の真ん中に盆(回転する舞台)があったんですけど、「ひと台詞言う度に降りる」みたいな動作を繰り返したりもしました。それも意味はなかった。ただそういう動きで負荷をかけるというか。

――負荷?

石田 そうなんです。そのほうが小手先に頼らないってことだったのかなって思ってますけど。

芹沢 できあがった舞台を観るとみんなが自由に遊んでいるような雰囲気があると思うんですけど、360度見える舞台だったこともあり、顔の角度から動くルートまで細かく指定されていました。そうやって作り込まれた中で、リアルに魂を削りながらやっているような感じの芝居だったなと思います。それによって「つくられたもの」にならず、『ストリップ学園』が動いていた感じがします。

――そういう芝居はやったことありましたか?

古谷 ないです。

芹沢 全くない。

石田 ないですね。唯一無二だし、この先もないような気がします。(齋藤に)ある?

齋藤 ないです。

石田 こういう舞台って出たいって思うの?

齋藤 僕はすごく出たいって思いました。あんなにも本能で動いているような芝居って、もはや"経験から出てくるもの"のみないんじゃないかと思いましたし。

――齋藤さんもストリッパー役なんですかね?

石田 わからないよね。男の役なのか、僕らみたいな女性ストリッパー役として出るのか。

芹沢 僕らも前回は稽古初日まで聞かされなかったんですよ。

古谷 台本を事前に渡さないんです。できあがってはいるんですけど。

石田 役を作ってきてほしくないっていう澤田さんの考えで。

古谷 ゼロから澤田さんのエキスを入れたいから。

芹沢 あれ、新鮮で面白かったね。

――じゃあ役作りも細かく言われるんですか?

古谷 そこはお互いのアイデアで、という感じでした。澤田さんに言われることもあるし、僕らが出したものを「生かそう」というふうにもなるし。

Wstrip042.jpg

――初めての世界観、初めての演出、台本も初見で、アイデアを求められるのは大変ではなかったですか?

石田 僕ら、稽古に入る前に、good morning N°5の舞台『豪雪』を観に行ったんですよ。そこで覚悟はできていました(笑)。

古谷 『豪雪』を観たとき、血の気が引きましたから。これをやるんだ...みたいな。

石田 だからすごいよ、健心。僕らは『豪雪』を見たときに「やべえ」と思ったの。「これに出るんか」って。でも健心は「出たい」って言うから。なかなかいないよ。

齋藤 (笑顔)

石田 『ストリップ学園』も観に来た役者仲間が「すごい...俺には無理だ...」って言ってたし。

芹沢 ああ、そっちの方が多かったかもね。

齋藤 楽しみです(笑)。

――今作から観る方にもついていけますか?

古谷 初めて観る人でも楽しめるようにつくると思うけど、できれば初演の映像を観ていただいたほうがいいかもしれない。初演から引き続き登場するキャラクターがけっこういるので、何も知らないよりかは楽しめると思うから。あとは...下着を振り回す覚悟があれば大丈夫!

石田 もはや下着を回さないほうが非常識ですからね!

一同 (笑)

Wstrip077.jpg

――前作から引き続き出演の皆さんは全員ストリップ学園の生徒役ですが、初演で演じての役の印象を教えてください。

古谷 僕が演じるのは星乃ランちゃんという女の子なのですが、これは個人的な意見だし、僕もそう演じているわけではないけど、ランちゃんって澤田さんみたいな人だと思うんですよ

芹沢 ああ~!

石田 あるだろうね!

古谷 天真爛漫で、ずっと笑顔で、空を見たら「空!」って言うような。

芹沢 確かに(笑)。

古谷 なんかランちゃんがやることを澤田さんもやりそうなんです。

石田 考えるより先に身体が動くような感じね。

古谷 そういう感じは自分でも大切にして演じていました。だから、お客様がランちゃんを観ると単純に笑顔になれるような、そういう部分を担える人だといいなと思っていましたね。

芹沢 僕は橘 朋美っていう、貧乏ゆえに風俗とかで働いてきた女っていう役なんですけど。朋美は一番振り回された人だと思います。お金持ちの岩清水姫華(藤原祐規)の家に行けばギャップを感じたりショックを受けたりするし、葉子(石田)にはからかわれるし、ランちゃんの自由さに憧れたりもするし。3人それぞれに振り回された感じ。そこは演じるうえでは楽しかったです。それに実はお客さんにとって一番共感しやすいキャラクターなのかなと思いますし。

古谷 一番の常識人だしね。でも抜けてるとこは抜けてるから、愛せる。

石田 苦労人でもあるしね。

芹沢 そう。だから"裏の熱"も持ってるんじゃないかなって思う。純粋にストリッパーになりたいというより、お金持ちになりたいとか、そういう欲があるんだと思う。今作でどうなるかわからないけどね。

石田 僕が演じる一条葉子は、僕の女性バージョンです!

古谷 うん、石田隼だった(笑)。当て書きが一番ハマってる感じがあったよね。

石田 (笑)。女性役ですが、女性らしい仕草や声は澤田さんから「いらない」と言われていて。だから動きも女性に寄せてないし、台詞もけっこう自分で作っていましたし、割と自分の中から出たものが多かったと思います。

Wstrip003.jpg

――石田さんの女性版ってどんな感じですか?

古谷 葉子は空気読めるし、おしゃべり好きだよね。

石田 でも毒も吐くからね。悪気なく言っちゃう。

古谷 その辺も似てる。

石田 (笑)

芹沢 イチゴちゃん(ロッキン=ヨーコ)との絡みもすごかった(笑)。

石田 ロッキンには厳しく当たっちゃった。

一同 (笑)

――ちなみに役は当て書きなんですか?

石田 そうなんです。だから前回は稽古前にワークショップをやって、キャラクターと芝居を見られたよね。

芹沢 うん。ワークショップ、けっこうビックリした。エチュード(即興芝居)で、「あなたはパイパンでいじめられてる女の子だから」って言われてさ。初めましてでいきなりこれ!?って(笑)。

石田 女性役はみんな、乳に設定があるんですよ。

古谷 ランちゃんの乳は、葉子と姫華よりは大きくて朋美よりは小さい。一般よりちょっと大きいくらい。

石田 葉子は離れ乳。

芹沢 姫華はペチャパイでしょ?

一同 (笑)

芹沢 朋美は一番でかい。

石田 健心はどんな乳になりたい?

齋藤 女の子役だったら、僕はそんなに大きくないほうが好きです。

石田 ほう!(笑)

齋藤 肩幅があるので大きいほうが見た目のバランスはいいのかなと思いつつ。でも新しい乳のジャンルを開拓したいです。

Wstrip023.jpg

一同 (笑)

石田 どんな役になるかわからないけど、健心とまったく違う人にはならないと思うよ。当て書きだから。健心の素材を十分に生かした役が絶対に来ると思う。

齋藤 全裸になってもいいくらいの気持ちでいます。

古谷 実際に全裸はダメなんだけど、でも脱いだみたいな感覚あったよ、正直。

芹沢 布がある無いの問題じゃなくなるんだよね。

石田 体力的にはリミッターが解除される感覚がある。ずっとギリギリを辿ってるから。

古谷 そう、「ギリギリ」とか言うとカッコつけてるような感じだけど、本当にそうだったから(笑)。エネルギーを2時間ずっと放出してる感じ。初演の時は、それまでそういうことをしたことがなかったから、できるようになるまでに時間もかかったし、そのうえで物語が崩れないようにすることも大変だった。そこからさらに面白さを探していく作業もあるし。

芹沢 そうだったね。一か月まるまるガッチガチに練習して、やっとできたっていう感じだった。そういう意味でも極限までやってたな。

古谷 新キャストの健心にも期待してるよ。

石田 僕は初共演ですけど、大和から「健心は僕らと同じ人種」って聞いているので。

芹沢 僕もほぼ初めてだから、楽しみ。

古谷 健心はこの世界観にスッと入れる役者だと思う。

Wstrip061.jpg

――ちょっと意外です。

古谷 彼はこのインタビューでもきちんとしてたでしょ?

――はい。

古谷 そういうふうにものを考えることができて、そのうえでそれを壊して芝居できる人ってそんなにいないんですよ。でも健心はそれができる。ぶっ壊してバカになれる役者です。だから取材で話してる姿とか見ないと「こいつ、アホなんだな」って印象になると思う(笑)。

齋藤 (笑)。

古谷 そのくらいハイになれる役者だから。この作品との相性もいいと思うし、めちゃくちゃ楽しみですよ。

齋藤 今日僕は、皆さんがどういうふうに取り組んで『ストリップ学園』をつくったのか聞けてよかったです。「そういうものがやりたかった」と思って嬉しかった。稽古場には、たくさん考えたうえで何も考えないものを持って行きたいと思いました。

石田古谷芹沢 (口々に)楽しみだね~。

ハダカ座公演 vol.2『ストリップ海峡』は、2020年3月27日(金)から4月3日(金)まで東京・新宿FACEにて。チケットぴあでは1月26日(日)まで最速抽選先行のエントリーを受付中。

取材・文:中川實穗/撮影:川野結李歌

チケット情報はこちら

Wstrip066.jpg

Wstrip057.jpg

Wstrip019.jpg

Wstrip030.jpg

Wstrip116.jpg

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9451

前の記事「根本宗子、"女子向け"掲げる新旧2作で新境地/別冊「根本宗子」『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』」へ

次の記事「今年の日本でしかできない作品となりました。ゴジゲン第16回公演「ポポリンピック」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉