LAL STORY「さけび」ビジュアル撮影レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

女優、朴璐美がプロデュースする演劇製作団体「LAL STORY」が10月に上演する、テネシー・ ウィリアムズ作「さけび」。そのビジュアル撮影が去る8月、都内で行われた。

pia_73.jpg

今回、フライヤービジュアルのデザインを担当するのは、数々の舞台公演のフライヤービジ ュアルを手がけているグラフィックデザイナー、山下浩介氏。 今回も演出を担当する東憲司(劇団桟敷童子)と、朴がタッグを組んだ舞台「夏ノ方舟」「透 明な血」「死と乙女」でも宣伝美術を担当し、その全てのビジュアルが好評を得た。

またカメラマンも、同じく数々の舞台公演や雑誌のビジュアル撮影を担当する神ノ川智早氏が担当。難解作である「さけび」の世界観をたった1枚の紙面の凝縮すべく、強力なスタッフ陣が結集した。

pia_18.jpg

今回のビジュアルイメージは「離れたくても離れられない」「逃れたくても逃れられない」。 作中の兄妹の関係性、そして作品に込められたテネシーの想いを表現すべく、試行錯誤が繰り返された。

pia_60.jpg

特に今回こだわり抜いたのが、顔の揺れ。微妙な表情の変化や、顔を動かす速度、向きで印象が全く変わってしまい、フェリース役の山路和弘(青年座)やクレア役の朴も苦戦した様子だった。

pia_12.jpg

それでも、何度も何度も繰り返していくうちに、作品の雰囲気を感じられる写真が撮れ始め、その度に歓声があがった。

写真の1枚1枚にそこまで大きな違いが無いにもかかわらず、ほんの僅かな違いにも敏感になり、納得がいくまで徹底的に追求するその様子に、LAL STORYのモノ作りに対する妥協なき姿勢が垣間見られた。

そして、芝居の稽古に負けず劣らずの熱量をかけて作られたそのフライヤービジュアルには、「さけび」の難解さと奥深さが両立し、テネシーがこの作品に込めた想いが息づいたものに 仕上がっている。

果たして、このビジュアルからどのような劇世界が立ち上がり、たった2人の出演者がどのように表現するのか。興味は尽きない。

チケットは、現在発売中。

表面_縮小800px.jpg

《公演概要》

LAL STORY PRODUCE-sp-「さけび」

2019年10月17日(木)~27日(日) サンモールスタジオ

作 : テネシー・ウィリアムズ

演出 : 東憲司(劇団桟敷童子)

出演 : 山路和弘 朴璐美

http://sun-mallstudio.com

公式HP

http://lal-story.wixsite.com/cry00

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9378

前の記事「歌舞伎座・芸術祭十月大歌舞伎『三人吉三』『二人静』観劇レポート」へ

次の記事「次のステップに踏み出さなければ、 と感じています 『風博士』林遣都インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ