【上演決定!】平田オリザ(脚本)×本広克行(演出)若手俳優発掘プロジェクト・舞台「転校生」

| トラックバック(0)

2015年、平田オリザ原作「幕が上がる」を映画・舞台化し、主演に起用したももいろクローバーZの女優として才能を開花させ、見事に高校生たちの群像劇を創り上げた本広克行。彼が、「幕が上がる」と同じ2015年に演出した舞台「転校生」(平田オリザ脚本)が、2019年夏に再演されることが決定しました。

本作品は1994年青山演劇フェスティバルで初演されて以来、高校演劇のバイブル的戯曲となっています。平田オリザ戯曲特有の「同時多発」会話で繰り広げられる、ある高校生たちの一日。他愛のない日々の会話の中に彼女たちの日常と社会への好奇心、あるいは大人達への不信感、将来への不安を垣間見る戯曲です。

まだ見ぬ才能と出逢いたい、そんな思いを継承し、初演と同じく全キャストオーディションにて実施する「転校生」。従来の作品は女子校が舞台で描かれていますが、本年はこの女子校版に加え、新たに平田オリザ氏が改定版として男子校バージョンを翻案、オリジナル女子校版と男子校新版の2バージョンの同時上演となります。


2019年夏、新たな才能との出逢いにご期待ください!

★★★★★★★★★

「転校生」あらすじ

ある高校の教室。高校生達の一日。課題図書や近しい人の病気や出産の事が話題になっている。

そこへ、「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」と言う転校生がやってくる。

日々教室で繰り返されている他愛のない会話とともに「生」と「死」が同時に語られていく。転校生を受け入れながら、身近で起きている出来事をとおして、人間の存在の不確かさが浮かび上がる現代口語演劇の秀作。

★★★★★★★★★

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9262

前の記事「【エントレ】北翔海莉×峯岸みなみ(AKB48)が劇中歌を熱唱! 明治座 ミュージカル「ふたり阿国」製作発表レポート」へ

次の記事「あんな曲もこんな曲も...なんと71曲を歌い継ぐミュージカルレビュー「KAKAI 歌会 2019」、まもなく開催」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉