【開幕直前!】『プラトーノフ』稽古場レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2.pngのサムネイル画像

"森 新太郎 チェーホフシリーズ 第1弾"と冠した注目作『プラトーノフ』。その濃密かつ笑いが絶えない(!?)稽古が連日、行われている。
チェーホフが10代後半で手掛け、日本では上演記録の少ない幻の処女戯曲を、森新太郎演出、藤原竜也主演、手練れな面々のタッグで送る本公演。「チェーホフって高尚なんでしょう? 難解そうだな......」なんて杞憂は皆目ご無用!観客は稀代のモテ男・プラトーノフを巡る愛憎劇を前に、「いつの世も、男女は、そして人間は、変わらないのね......」という共感を覚えること請け合いだ。

"稽古場=試しの場"で、魅惑のキャラクターが立ち上る

1.pngのサムネイル画像

たっぷり時間をかけて積み重ねられていく稽古では、舵取り役の森が、各場面の背景や、登場人物それぞれの心情をきめ細やかに解説。しばしば森自身が動いて見せ、同役を演じる俳優と話し込み、着地点を探していく。

俳優陣からも、動作や発声やアイデアが続々と出てくる。中でもタイトルロールの藤原竜也が持つ引き出しの多様さたるや! 例えばある日の稽古では、物語の後半、怪我を負い、精神的にも追い詰められゆくプラトーノフ青年の苦渋を体現すべく、稽古場狭しと上手から下手まで横切ったり床をのたうち回ったり。予測がつかない一挙手一投足に、その場にいるスタッフ&キャスト中からクスクス、ゲラゲラと笑い声が起こっていた。

人間味溢れる登場人物たちにご注目!

プラトーノフを取り巻く女性四人に扮する女優たちも、実に多彩な魅力を放っている。

若くして未亡人となったアンナ役の高岡早紀は、凛とした女性像を芯に持ちながらもプラトーノフに惹かれゆく心の機微を繊細に表出。

3.png

プラトーノフの元カノで、新婚ながら再び彼に心揺さぶられるソフィアを演じる比嘉愛未が、時に可憐なイメージを覆す豹変を見せるのも驚きだ。

4.png

また、プラトーノフの清廉な妻サーシャに成り切る前田亜季は、夫の一挙手一投足にてんてこまいとなり観る者の笑いを誘う。

5.png
ウブな大学生マリヤ役に体当たりしている中別府葵も、これまでにない弾けた表情や声色を放つなど、女優として脱皮している様子を覗かせる。

6.png
男性陣からも目が離せない。サーシャの父であるイワン大佐役の西岡德馬が要所要所に登場するや、その場の空気をさらいゆく。西岡の、俳優としての潤沢な経験を生かした的確なアドバイスに皆が聞き入る。サーシャの弟でマリヤへ想いを寄せるニコライには浅利陽介。その持ち前の演技力、瞬発力を武器に稽古場を駆け回り、物語にスパイスを与えていく。そしてアンナに求婚し続けるポルフィリの一途さを神保悟志が滑稽なくらい真面目に演じる。

......ほかにも物語を彩る個性的なキャラクターはまだまだ登場! きっと誰かに感情移入し、気付けば劇世界に没入していることだろう。
日本の演劇史に、演劇ファンが共感できる演目として『プラトーノフ』が加わること必至! この好機をお見逃しなく。

取材・文:山田美穂
(C)ホリプロ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9253

前の記事「松本白鸚と松本幸四郎が全国の劇場を巡る襲名披露興行で「高麗屋の"歌舞伎のおもてなし"をしたい」」へ

次の記事「チャップリンの想いと共に、舞台に生きる人間の葛藤と生き様」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉