『オン・ユア・フィート!』が開幕。歌姫の栄光と挫折、決して人ごとじゃない心の内

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

全世界でレコード売り上げ1億枚以上、「CONGA」「1-2-3」など数多くのヒットを生んだ歌姫グロリア・エステファンの波乱万丈の半生を描いたミュージカル『オン・ユア・フィート!』が日本初演、12月8日(土)に東京・シアタークリエで開幕しました。

一人の少女が大スターになるまで、そして栄光を得た後の葛藤とハプニング、家族との関係など、まるで自分の物語のように心に迫ってくる。同時に、グロリアの名曲たち、歌とダンスがこれでもか!というほど濃厚で、本物のライブ感覚がたっぷり味わえます。冬の寒さを吹き飛ばし、元気をもらえること請け合いです。

01.jpg

リトル・グロリア(リチャーズ恵莉)(Wキャスト)は歌うことが大好き。移住先のマイアミで洗濯物を干したり、家を手伝いながら歌っています。近所の人やベトナム戦争の前線にいる父親は、彼女の歌を聴くのが楽しみ。とても愛らしい少女時代ですね。

02_1.jpg

17歳へと成長したグロリア(朝夏まなと)。家の仕事を手伝いながら。相変わらず歌っていますね!

03_1.jpg

祖国キューバを思いながら、マイアミで生き生きと暮らす移民たち。サルサのリズムにウキウキします。

04_1.jpg

そこに白いショートパンツの怪しい男が登場。これがエミリオ・エステファン(渡辺大輔)との出会い。渡辺さんの長いおみ足が眩しい!そして、英語が下手なエミリオの鈍りがチャーミング。

05_1.jpg

グロリアの歌が上手いと噂を聞いたエミリオは、自分のバンドに練習で歌ってほしいと頼みますが、母グロリア・ファハルド(一路真輝)は嫌疑的でエミリオに冷たく当たります。それでもめげないエミリオ。

06_1.jpg

人前に出るのが苦手なグロリアは、勇気を出してみんなの前で妹レベッカ(青野紗穂)と一緒に「ANYTHING FOR YOU」を歌います。姉妹の美しいハーモニーにうっとり。

07_1.jpg

その夜、リビングルームでグロリア・ファハルドは戦争で傷を負い、足がきけなくなった夫ホセ(栗原英雄)とテレビを見ながら、グロリアが上手に歌ったことを報告します。彼女が母親として娘を思い、暖かく見守っていることが伝わる貴重なシーン。

08_1.jpg

グロリアはダンスの特訓中。最初は大丈夫?という出来ですが、エミリオのスパルタっぷりに負けん気を発揮。どんどん上達していきます。アップビートな「1-2-3」がこのシーンにぴったり。

09_1.jpg

グロリア・ファハルドは歌手活動に力を入れる娘が気に入らず、そのせいで母娘関係はギクシャク。自分のやりたいことに夢中になる子供と、子の将来を思うからこそ反対する親。私たちの身の回りにも、実によくある話!

トリミング.jpg

若かりしグロリア・ファハルドが歌っていた、ハバナのクラブ。ラテンのリズム、情熱のペアダンスなど、キューバの薫りそのもので、心躍ります。

11.jpg

熱く歌い踊るラテンの歌姫・一路さんが最高!さすがのパフォーマンスで、普段のクールなイメージの一路さんとは違う一面かと。

12_1.jpg

そして、ホセも若く、栗原さんの警官の制服姿がカッコいい!人生が急転する二人、一路さんのこの表情にシビれます。

13_1.jpg

グロリアとエミリオはすっかり恋仲に。バラードの名曲「HERE WE ARE」がぴったり過ぎます。この曲がこのシーンに!という驚きと喜びは、ジュークボックスミュージカルならではですね。

14_1.jpg

曲のプロモーションのために、家族も協力。大ボスであるビッグ・パキートとの交渉役は、なんとコンスエロ。久野さんのサングラス姿がキュート。しかし、このおばあちゃん、ただ者じゃないな!

15_1.jpg

「CONGA」で自分たちの音楽スタイルを見つけたグロリアは、歌って踊れるところなら、どこでもパフォーマンス。イタリア人の結婚式の余興でも、みんなノリノリ!このあたりから、物語のライブ感がぐっと増します。楽しい!

16_1.jpg

グロリアはスターへの階段を駆け上がります。躍動的な朝夏さん、オーラ半端ないです。

17_1.jpg

見応えたっぷりのショーシーン。アンサンブルの皆さんとの群舞もバッチリ。

18_1.jpg

光あれば影あり。華やかなステージの裏では、母との決別が。シリアスな現実が突きつけられる様は、心に刺さりますね。

19.jpg

世界中をツアーするグロリアは精神的に疲弊していきます。エミリオの励ましも虚しい...。頂点に立つものの孤独でしょうか。

20.jpg

そんな矢先、グロリアはツアーバスが交通事故を起こし、重体に。人は崖っぷちに追い込まれて初めて正直になれる。悲しく豊かな真実。

21.jpg

エミリオは自分が傷ついても、諦めない、ただじゃ起きない、希望を捨てない。渡辺さんの伸びやかな歌声が、心にしみます。

22.jpg

美しく強いグロリア。太陽のような朝夏さんと重なりますね。

23.jpg

24.jpg

カーテンコールのメガミックスでは、客席総立ち。ペンライトやサイリウムなど持ち込みOKなので、積極的に参加して楽しみましょう!

囲み会見で朝夏さんは、「私も人前に立ち演技をする仕事なので、いい時も悪い時も、グロリアを理解できるところが多いです」とすっかり生き様に共感した様子。渡辺さんは「エミリオは明るくて意思が強く、家族への愛情もたっぷり。訛りの多さはご愛嬌で笑ってください」、一路さんは「世に出ようとする娘を止めるべきか否か、母として葛藤しつつ、心の底で見守っています。寒い冬をシアタークリエで盛り上がりましょう」と語りました。

25.jpg

文:三浦真紀

撮影:川野結李歌

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9228

前の記事「【開幕中!】ツキステ。第7幕 稽古場レポート」へ

次の記事「公演中の「極上文學」第13弾『こゝろ』より、出演者コメントが到着。」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ