鈴木勝秀が贈る新たなる定番リーディング公演『シスター』、堂々の五演目決定!

| トラックバック(0)

 

2013年に鈴木勝秀が書き下ろし、篠井栄介&千葉雅子のタッグでわずか1回のみ、上演されたリーディング公演『シスターズ』。
ベテラン俳優ふたりが時に鋭く、時に寄り添うように声を戦わせ紡ぎだした不思議な姉と妹の物語は、その質の高さもあいまって "伝説の公演" となった。


2017年3月、設定を姉と弟に、タイトルも『シスター』と変え、豪華実力派メンバーを揃え4年ぶりに上演。
好評を博し、その後5月・7月と、世代も活躍する世界も異なるさまざまな俳優・女優たちにより続演を重ね、スズカツの『シスター』は朗読劇の新たなる定番作品となりつつある。

この作品の、『シスター』としては5演目となる上演が決定した。

第1回公演・第4回公演で登場した三倉茉奈は、実の姉妹である三倉佳奈と初タッグ。
そして伝説の第0回公演『シスターズ』に出演した篠井英介が『シスター』には待望の初登板。2回目の出演となる橋本淳と組んで、生まれ変わったこの戯曲に新たに向き合うことになる。

「姉と弟の会話劇」ということで、これまで男優+女優の組み合わせで上演してきたこのシリーズに、どんな変化が生まれるかにも注目したい。


ほかにも安藤聖山田ジェームス武朴路美猪塚健太木崎ゆりあ納谷健木村花代荒牧慶彦
...という、待望の組み合わせ、意外な組み合わせの顔ぶれが揃う。


物語は、ある青年と、彼の成長に寄り添ってきた、3歳で事故死した姉の不思議な会話で紡がれていく。
日常のふとした風景描写から、次第に彼ら自身の心の裡を覗きこんでいくふたりの会話は、衝撃のラストへ――。


多くの観客の心を揺さぶり続ける名作リーディング公演、また新しい "伝説" が生まれるその瞬間を、ぜひ目撃して欲しい。

 
【公演情報】
8月29日(水)~9月2日(日)
一般発売:8/17(金)

【出演】
8月29日(水)19時 安藤聖・山田ジェームス武
8月30日(木)19時 朴路美・猪塚健太
8月31日(金)19時 木崎ゆりあ・納谷健
9月1日(土)13時 三倉茉奈・三倉佳奈
9月2日(日)13時 木村花代・荒牧慶彦
9月2日(日)19時 篠井英介・橋本淳
※朴路美の「路」は正しくは王へんに路、木崎ゆりあの「崎」のつくりは正しくは立+可です。


 
『シスター』公演履歴


【第1回】
三倉茉奈・池岡亮介
貴城けい・小西遼生
彩輝なお・木村了

【第2回】
貴城けい・小西遼生
朝海ひかる・小西遼生
朝海ひかる・馬場良馬
貴城けい・馬場良馬
彩輝なお・梶裕貴
檀れい・葛山信吾

【第3回】
音月桂・福士誠治
彩吹真央・橋本淳
青木さやか・相葉裕樹
彩輝なお・今川碧海
夢咲ねね・有澤樟太郎
渡辺えり・池田成志
中嶋朋子・平野良

【第4回】
三倉茉奈・黒羽麻璃央
中村 中・和田琢磨
中嶋朋子・梶裕貴
彩輝なお・下野紘
昆夏美・高橋健介
篠原ともえ・相葉裕樹
舞羽美海・戸谷公人

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9138

前の記事「キューブ若手サポーターズクラブ「C.I.A.」 12/28,29、初のライブ開催!!」へ

次の記事「タカラヅカに青春を燃やした男子たちの熱い夏、5年ぶりに上演――『宝塚BOYS』開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉