【若手俳優特集】気鋭の二人、ワンピースの帽子を授ける名場面を稽古中

| トラックバック(0)

【撮り下ろし写真多数!】

本日は開幕後リピーター続出!超人気アニメのあの楽曲を、あの名シーンを、魂揺さぶる素晴らしいブラス・エンターテインメントで繰り広げる「ワンピース音宴」から期待の若手俳優お二人をご紹介したく、彼らにインタビューを実施してまいりました。

公演への意気込みは勿論、役者という人生を歩むに至った「これまで」までお話してもらっています!

ぜひ、ご一読ください!

IMG_0155.jpg


チケット情報はこちら

松浦司はUSJのワンピースショーで10年間ルフィ役を演じて人気を集め、その後『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』で勇者役、『ALTAR BOYZ』フアン役などで経験を積んできた。

IMG_0004.jpg

松浦 この世界に入ったきっかけはブレイクダンス

中3の時、一緒に遊んでいた5人組の仲間がダンスを始め、これでは遊び相手がいなくなっちゃうと、全く興味のない自分も始めたんですね。卒業パーティでブレイクダンスを披露したら、会場がキャーッと盛り上がり、人前でパフォーマンスする楽しさを知りました。そこからダンスの深みにはまり、18歳からUSJでブレイクダンスのショーに出演。そのうち、台詞のある仕事もやるようになり、気づいたら俳優への道を歩んでいました。

IMG_0012.jpg


村瀬文宣は殺陣やアクションを得意とし、清水順二率いる30-DELUXに所属。劇団公演の他、ミュージカル『刀剣乱舞』などで活躍する新鋭だ。

IMG_0041.jpg

村瀬 僕は演劇の専門学校に通い、アクションと殺陣に興味を持ってこの世界に入りました。

そもそも僕は目立ちたくないタイプで人前に立つのが苦手。事務所に入った時、「僕は殺陣ができれば満足なので、セリフはいらないです」と意味不明なことを言ったくらいです(笑)。でもお芝居をするチャンスをいただき、殺陣もお芝居だと気づいた。今、舞台で演じることが最高に楽しいです。

IMG_0034.jpg


二人にこの先、目指したい方向性を聞くと、

松浦 自分らしさを生かし、ファニーでありながら、切なさ、感動も表現できるジム・キャリーみたいな俳優になりたい。もちろん、ダンスは続けたいです。僕のダンスをショーで見て、ダンスを始めた子供たちがたくさんいますから。彼らの励みになるためにも、踊り続けていきたい。

IMG_0024.jpg

IMG_0025.jpg

村瀬 僕は好きな殺陣をより追求したいです。

去年、劇団でフランスに行き、ジャパンEXPOの殺陣ショーに出演しました。向こうの方はサムライや忍者が大好き。そんな世界に誇れる文化を極めたい。世界中で通用するくらいの力を目指して、磨きたいです。

IMG_0045.jpgIMG_0038.jpg


そんな二人はこの夏、『ワンピース音宴 イーストブルー編』に出演。松浦はルフィ、村瀬はシャンクスを演じる。

IMG_0076.jpg

松浦 シャンクスがルフィに帽子を授ける場面では、ブラスバンドの演奏者とキャラクターを演じるキャストが共に表現。とても胸を打たれるシーンとなっています。感動が増幅されるのは、演奏しているミュージシャンたちの感情も音楽に乗っかり、それが見る人に伝わるから。もちろん、久しぶりのルフィ役は楽しいです!

IMG_0081.jpg

IMG_0097.jpg

村瀬 僕は子供の頃からワンピースが大好きで、稽古では、うわぁ!この曲が流れるんだ!と、ワクワクしています。一ファンの気持ちになってしまい、「ウィーアー!」では生演奏の音圧がきて、感動で泣きそうになったほど(笑)。僕、稽古中に自分が出ていないシーンでは、ずっと客席で見ていると思います(笑)。

IMG_0051.jpg

IMG_0047.jpg

チケット情報はこちら

(最下部にはお二人のほかの写真が多数!)


...みなさまいかがでしたか?

お二人ともフレッシュ・爽やか!今後の彼らの活躍が楽しみですね。

IMG_0166.jpg

IMG_0169.jpg

目下の出演公演は話にも出てきた「ワンピース音宴」。〝麦わらの一味〟の出会いのシーン満載のイーストブルーでのエピソードを、音楽とパフォーマンスで描き出す、"ONE PIECE"初のブラス・エンターテインメント。8月12日に世界初演となり、現在大好評上演中。

音宴ビジュアル.jpg

1幕は、ルフィがシャンクスと交わした麦わらの約束から、ゾロ、ウソップ、サンジ、ナミとの出会いなど感
動のシーンが音楽とともに蘇り、2幕は、『ONE PIECE』の楽曲をふんだんに盛り込んだ、まさに「音の宴(うたげ
)」。

さらに1幕と2幕の間、約20分間の休憩時間中にインターミッション(休憩)パフォーマンスが行われる。
ロビーにパーカッショニストとキャラクターを演じるパフォーマーが登場。皆さまの目の前で圧巻のパフォーマンスを披露するのだそう。劇場に入ってから出る時まで、ノンストップの音楽の宴!キャストと観客が一体になる興奮の2時間です。

9月までやっているので、松浦さん、村瀬さんにぜひ会いにきてくださいね。

IMG_0136.jpg

IMG_0148.jpg

ワンピース音宴(おとうたげ)イーストブルー編

2018 年8 月12 日(日)〜9 月2 日(日) 全28公演

東京国際フォーラム・ホールC(東京・有楽町)

■ 原作:尾田栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)

■ 演出・構成・振付 :金谷かほり

■ 音楽監督 :田中公平

■ 出演:

パフォーマー>ルフィ役:松浦司 cv:田中真弓 /ゾロ役:福地教光 cv:中井和哉 /ウソップ役:森良平 cv:山口勝平 / サンジ役:高澤礁太 cv:平田広明 / ナミ役:大北岬 cv:岡村明美/

シャンクス役:村瀬文宣/ヒグマ・ミホーク役:宇乃徹 cv:掛川裕彦 /アーロン・バギー役:田中精/

少年時代ルフィ役:川口調 

ミュージシャン>石川直/米所裕夢/中部敬之/三上悠/西田剛/田辺栞/アマンダ・ベイトマン/リサ・ライザネック・チャペル/グラハム・ローズ他、日米混合キャスト35名

■ 主催:キョードー東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版

■ 協賛:伊藤園/日本生命

■ 後援:BSフジ/WOWOW

■ 監修:集英社/東映アニメーション

■ 企画制作:キョードー東京

◆料金:S席9,800円、A席8,300円、B席6,800円  *3歳以下のご入場はお断り致します。

◆公式ホームページ: https://otoutage.com

チケット情報はこちら


フォトギャラリー

IMG_0005.jpgIMG_0020.jpgIMG_0011.jpgIMG_0022.jpgIMG_0125.jpgIMG_0152.jpgIMG_0107.jpgIMG_0206.jpgIMG_0169.jpgIMG_0088.jpgIMG_0180.jpgIMG_0175.jpgIMG_0200.jpgIMG_0198.jpgIMG_0196.jpgIMG_0194.jpgIMG_0188.jpgIMG_0184.jpgIMG_0182.jpgIMG_0056.jpgIMG_0040.jpgIMG_0036.jpgIMG_0035.jpg

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9147

前の記事「「こんな感じね、と読まれるのはイヤ」古谷大和×東 拓海『おとぎ裁判』対談」へ

次の記事「【エントレ】俳優と芸人が熱量高く混ざり合う! 長谷川優貴の人気作「ゼンイとギゼンの間で呼吸する世界。」が神保町花月で8月31日から上演」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ