【project K『僕らの未来』#4】ビジュアル撮影レポート第四弾 加藤和樹×鎌苅健太×河合龍之介「すべての人たちに届けられるものをつくりたい」

| トラックバック(0)

 

大人気ミュージカル『テニスの王子様』(以下、「テニミュ」)で、氷帝の跡部景吾宍戸 亮日吉 若を演じた、加藤和樹さん、鎌苅健太さん、河合龍之介さん。テニミュの同期であるこの3人が、卒業から10年の節目となる今年、ついに再集結を果たします。それが3人の頭文字"K"をユニット名に掲げた舞台、project K『僕らの未来』

 

 しかも題材は、タイトル名にもなっている加藤さんの楽曲とのこと! これはますます期待が高まります。そこで12月の開幕を前に、いち早く行われたチラシ撮影の現場に潜入! 最終回となる第4弾では、加藤さん、鎌苅さん、河合さんお三方そろってのレポートとインタビューをお届けします。

 

★project K『僕らの未来』先行予約受付等 アラートメールご案内登録フォームはこちら

ビジュアル撮影レポート

DSC02987.JPG

▲ついに3人そろっての撮影。3人が集まるとすぐに話と笑顔の花が咲きます。撮影が始まっても本当にずーっと3人でおしゃべりされているのです。この仲のよさは本物ですね!

DSC02977.jpg

▲ちなみにここ、どこだかわかりますか? 3人の奥に信号があるのですが、そこをよーく見てみると...。

DSC03061.JPG

▲日本青年館前! 3人がそろって初めてテニミュの舞台に立った、思い出の劇場の前です。うーん、感慨深い。かつての建物は壊され跡形もありませんが、今その地では新国立競技場の建設工事が行われ、次なる"未来"が生まれようとしています。

DSC03057.JPG

▲そんな思い出の地をバックに1枚。ぴあのカメラに向かってサービスカットいただいちゃいました!

DSC03107.JPG

▲スタジオに戻ってからこんなオフショットも。久々の再会に、それぞれのスマホで撮影会が始まりました。ちなみにこちらの写真は鎌苅さんのツイッターにアップされていましたよ。

ちなみに撮影日の前日は河合さんのお誕生日ということで、サプライズのケーキで河合さんをお祝いしました!そんなお祝いムードも落ち着いたところで、改めてお三方にお話をうかがいました。

インタビュー

――10年ぶりとは思えないほど、撮影でも和気あいあいとした雰囲気が印象的でした。

加藤 ちょっとはしゃぎ過ぎちゃって...。

河合 話している内容とかね(笑)。

鎌苅 写真ではわからないと思いますけど、ひどいです(笑)。

河合 そこは変わっていないのがわかって嬉しかったですけどね。

加藤 これまでそれぞれが培ってきたものっていうのは、たぶん芝居をした時に感じることだと思うんです。でもその根本は変わっていないんだなって。今日それがわかったので、早く稽古したくなりました。

鎌苅 10年前の僕は、お芝居することに対して"怖い"って思いの方が大きかったと思うんです。でも今は少しずつ戦える武器を持てるようになってきて。武器というか、おもちゃというか(笑)。

加藤 おもちゃね、確かに(笑)。

鎌苅 だからあのころには出来なかったようなことを、今回また3人で、戦いつつ遊べたらいいなって思います。

河合 やっぱりこの3人が集まったからには、この3人でしか出来ないものを観て欲しいですからね。

――本作では加藤さんが15年前高校卒業して上京してきたことを書いた楽曲、『僕らの未来~3月4日~』を題材にしています。

加藤 個人的にはすごく嬉しいです。しかもこの3人をベースにつくれるっていうことで、よりメッセージ性の強いものになるんじゃないかと思います。

鎌苅 僕の中では「加藤和樹といえばこれ!」っていうくらい、本当に大好きな曲なんです。和樹の楽曲の中で、一番和樹らしいというか。上京した時の不安とか葛藤とか、自分自身にもリンクする部分が多くて、すごくスッと入ってきた曲です。

河合 テニミュが僕らにとってスタートだったのはもちろん、応援してくださっているお客さまも、僕らと同じ時間を過ごしてきたと思うんです。そういう意味ですごく一体感のある舞台になると思いますし、しかも和樹のこの楽曲が題材になるということで、特別な舞台になるのは間違いないと思います。

――最後に、この舞台を楽しみにされているお客さまにメッセージをお願いします。

河合 劇場に来られた方が自分はひとりじゃないんだって、一緒に未来へ進んでいるんだって思えるような、そんな空間がつくれたら素敵だなと思っています。ぜひお客さまと一緒に、そういう想い、空気感を共有していけたらなと思います。

鎌苅 10年前の自分たちを振り返って、「あの時はすごく青かったな」なんて思いつつ、今みんなでお酒が飲めるわけです(笑)。だからまた10年後に今の自分たちを振り返りつつお酒が飲めるような、例えばファンのみんなの前でそういうイベントが出来るような(笑)、そんなあったかい舞台になればいいなと思います。

加藤 これって"僕の未来"じゃない、"僕らの未来"なんですよね。僕らだけじゃなく、お客さんや応援してくださる方にも未来はあるわけですから。そういう意味ですべての人たちに届けられるものをつくりたいと思いますし、自分の意志で、自分の道を歩んでいくんだっていう、そんな力強いメッセージもお届け出来たらと思います。

★project K『僕らの未来』先行予約受付等 アラートメールご案内登録フォームはこちら

取材・文:野上瑠美子

撮影:源賀津己

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9122

前の記事「【エントレ】篠原涼子×佐藤隆太が挑む濃密な人間ドラマ!栗山民也 演出舞台「アンナ・クリスティ」がよみうり大手町ホールで開幕」へ

次の記事「【あなたの初恋探します #5】駒田一 ビジュアル撮影レポート&インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉