鈴木京香、北村有起哉らが感情をむき出しに!? 『大人のけんかが終わるまで』稽古場レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
シニカルな大人のコメディを描く手腕に世界的に評価の高いフランスの女流作家、ヤスミナ・レザの最新作『大人のけんかが終わるまで』 が、まもなく日本初演されます。

otonanokenka01_00_8520.JPG
ヤスミナ・レザといえば、ロマン・ポランスキー監督が映画化した、子どものケンカがやがて親同士の大ゲンカになっていくコメディ『おとなのけんか』(『大人は、かく戦えり』のタイトルで2011年に日本でも上演)などでも知られている作家。

あるシチュエーションのもと、大人たちが本能をむき出しにしていくような物語を多く送り出していますが、本作『大人のけんかが終わるまで』は不倫カップルと、彼らとレストランで居合わせた夫婦とその母親、5人の大人たちの一夜の会話劇です。

挑むのは、鈴木京香北村有起哉板谷由夏藤井隆麻実れい という実力派俳優5名。
演出は麻実れい主演の『炎 アンサンディ』が各所で絶賛された上村聡史が手掛けます。

6月中旬、その稽古場を取材しました。

 
物語は、レストランの駐車場から始まります。
稽古場には車が!本物!!otonanokenka01_11_8312.JPG
そこにいるのは、アンドレア鈴木京香さん)とボリス北村有起哉さん)。
大人のムードです。
ふたりはなにやら言い争いをしているようで...。

というのも、アンドレアとボリスは不倫カップル
ボリスが「このレストランは妻のお気に入りの店なんだ」と口を滑らせたことから、アンドレアの機嫌が悪くなってしまったんです。

確かに、せっかくのデートの時に奥さんの名前をわざわざ出す男にムッとするアンドレアの気持ちもわかりますし、ボリスにしてみればアンドレアを喜ばせようと素敵なレストランをリサーチしたのに機嫌を損ねられても...、というところでしょうし...。

わかるんだけど、ねぇ。
という絶妙な共感点をついてくる、ふたりの言い争い。
しかしイライラしている鈴木さんも北村さんも、素敵です...。

アンドレア=鈴木京香さんotonanokenka01_82_8524.JPG

ボリス=北村有起哉さんotonanokenka01_13_8314.JPG
 
仕方ない、今日は帰るか...となったアンドレアとボリスが車を発進させたところで事件が。
バックした車を女性に当ててしまったのです...!otonanokenka01_15_8338.JPG

 
...その女性・イヴォンヌ麻実れいさん)は結局怪我はなくひと安心、だったのですが、
イヴォンヌの息子夫妻とボリスが偶然にも顔見知りで、「一緒に食事でも、今日は母(イヴォンヌ)の誕生日なので祝ってください」という流れで5人はともにレストランへ。otonanokenka01_17_8345.JPG

イヴォンヌ=麻実れいさんotonanokenka01_18_8437.JPG
イヴォンヌの息子・エリック=藤井隆さんと、エリックの内縁の妻・フランソワーズ=板谷由夏さん

otonanokenka01_93_8365.JPGotonanokenka01_19_8_8366.JPG

 
ただ、「ボリスと友人」と言っても、フランソワーズがボリスの妻の友人だという関係。
つまりフランソワーズにしてみれば、友人の旦那の不倫現場に出くわしている状況です。

しかもボリスは自分の経営する会社が倒産の危機だったり、フランソワーズは認知症気味のイヴォンヌに振り回されていたりと、それぞれ何かしらの問題は抱えています。
会話はトゲトゲ、ピリピリ...。

アンドレアとボリスもさっさと切り上げて帰ればいいものを、なんだかんだいって、ずるずるとレストランに残り、不思議な関係性の5人が会話を続けていきます。otonanokenka01_21_8390.JPGotonanokenka01_22_8446.JPG

でも、さっきまでツノを突き合わせていたふたりが、次の瞬間にはしみじみと分かり合っていたり...。
大人たちの会話は摩訶不思議。otonanokenka01_92_8474.JPG


ただ本来だったら隠しておきたいこと――不倫という事実だったり――が明るみになっているところから始まる彼らの会話は"取り繕うこと" を脱ぎ去ったかのようで、本音が飛び交う爽快さと、そのことから伝わる人間としての本能や生命力、さらには社会のなか生きていく人間の大変さ、まで伝わってくるかのようです。
 
そしてそれらすべてをひっくるめ俯瞰するシニカルな面白さも。otonanokenka01_12_8310.JPGotonanokenka01_94_8357.JPG

なかでも、麻実さん扮するイヴォンヌは認知症気味なのですが、誰よりも深い、人生の深淵をつく言葉を放ったりもして......。otonanokenka01_27_8497.JPG


それぞれの事情を抱えた大人たちが感情をむき出しにした一夜の顛末は、どこに落ち着くのでしょうか!?
本来想定しなかったこの夜の展開に、彼らがとるリアクションはけっしてスマートではないのですが、そんなときこそ人間の本質が見えてくるよう。
きっと、見終わったときにはこの5人が愛おしく思えてくるに違いありません。
公演は今月末に、開幕です!otonanokenka01_31_8516.JPGotonanokenka01_91_8510.JPG

 
取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

 
【公演情報】
・6月30日(土)・7月1日(日) THEATRE1010(東京)
・7月14日(土)~29日(日) シアタークリエ(東京)
ほか愛知・静岡・岩手・大阪・広島・福岡・愛媛・兵庫公演あり。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9101

前の記事「「物語を紡ぐ感覚でコンサートを」石川禅ソロコンサート 稽古場レポート&インタビュー!」へ

次の記事「【エントレ】早霧せいなが緋村剣心の姿で殺陣を披露! 浪漫活劇「るろうに剣心」製作発表パフォーマンス」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ