劇団四季新作ストレートプレイ『恋におちたシェイクスピア』出演候補者の一部が決定

| トラックバック(0)


劇団四季が新作ストレートプレイとして上演する『恋におちたシェイクスピア』の出演候補者が一部発表になった。

『恋におちたシェイクスピア』は、アカデミー賞7部門を受賞したマーク・ノーマンとトム・ストッパード脚本による同名映画(1998年米国/1999年日本公開)をベースに、リー・ホールが舞台脚本を手掛け、2014年7月より翌15年4月まで、英国ウェストエンドにて上演された作品。劇団四季はこの英国版の舞台脚本を用いて、新たな演出で"ノンレプリカ公演"として上演する。四季でのストレートプレイ新作上演は、2006年初演「鹿鳴館」以来12年ぶり。また演出は青木豪を起用。外部の演出家を招いて上演することも、劇団四季では非常に珍しい。

オーディションでは、その青木豪らが審査に参加。劇団内からのべ200名の俳優が挑戦し、10役以上あるメインの役柄の内、主要4役の出演候補者が決定した。主人公のウィリアム・シェイクスピアにはこれまでに『リトルマーメイド』エリックや『人間になりたがった猫』ライオネルなどを演じている上川一哉。ほか田邊真也山本紗衣阿久津陽一郎ら、劇団を代表する俳優陣が名を連ねている。創立65周年を迎える劇団四季が、12年ぶりに贈る新作ストレートプレイに注目だ。


以下、発表になった出演候補者。

ウィリアム・シェイクスピア
(主人公、若手の劇作家。妻と子どもを故郷に残し、ロンドンでひとり劇作に苦闘している)
上川 一哉上川 一哉(かみかわ かずや).JPG

クリストファー・マーロウ
(シェイクスピアの親友。スランプである彼に、創作のヒントを与えてくれる人気劇作家)
田邊真也田邊 真也(たなべ しんや).jpg

ヴァイオラ・デ・レセップス
(ヒロイン。資産家の娘で演劇を愛している。シェイクスピアの新作オーディションに男と偽り参加する)
山本 紗衣山本 紗衣(やまもと さえ).JPG


リチャード・バーベッジ
(カーテン座の看板役者。シェイクスピアの才能を認め、彼の作品を上演したがっている)
阿久津陽一郎阿久津 陽一郎(あくつ よういちろう).jpg


【公演情報】
6月22日(金)~8月26日(日) 自由劇場(東京)
一般発売:3/17(土)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8934

前の記事「【その3】宮尾俊太郎『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』ビジュアル撮影レポ」へ

次の記事「【前編】『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』ビジュアル撮影レポ【東啓介・豊原江理佳・柳下大】」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉