舞台『おおきく振りかぶって』開幕!西銘駿「今は不安はない!」

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

ひぐちアサによる人気高校野球漫画を原作にした舞台「おおきく振りかぶって」が2月2日(金)に開幕、2月12日(月・祝)まで上演中です!

げきぴあ①.jpgそれに先駆け公開ゲネプロと囲み取材が行われ、囲み取材には主人公・三橋 廉役の西銘 駿さん、阿部隆也役の猪野広樹さん、百枝まりあ役の久住小春さん、花井 梓役の白又 敦さん、田島悠一郎役の納谷 健さん、脚本・演出の成井 豊さん(キャラメルボックス)が登壇しました。

げきぴあ②.jpg

▲ゲネプロ前に行われた囲み取材は和気あいあいとした雰囲気。

a.jpg


西銘さんは「舞台2作目で初主演ということで、最初は本当に緊張して。千秋楽までちゃんと主演としてやっていけるのかな、という不安はあったんですけど、稽古を経て、今は不安なく千秋楽まで突っ走っていけると思います」と笑顔。続けて作品の見どころを聞かれた西銘さんが言葉に詰まると、猪野さんがすかさず「大丈夫か!」とフォロー。それに安心した表情で「僕が演じる三橋は内気で弱気でっていうタイプなのですが、それをみんながバックアップしてくれて、(猪野演じる)阿部くんのおかげで人間性もどんどん変わって...というところがすごく好きです」と語りました。

b.jpg

c.jpg

主人公・三橋とバッテリーを組むキャッチャー阿部役の猪野さんは「いろんなスポーツ漫画がある中で『おおきく振りかぶって』は色が確立している作品。今回それをどう出すかが課題でした」と振り返り「そこに出演者22人の個性をプラスして、舞台だからこそできる『おおきく振りかぶって』をみんなでつくりました」。猪野さん個人としても「(成井が代表を務める)キャラメルボックスさんという、ずっと憧れていたところにこうして立たせていただけて......あざっす!」と笑顔を見せると、白又さんからは「軽いな!」とツッコミも(笑)。「好きだからこそ稽古場で戦って、舞台上で戦って、みんなで走り抜こうと思いました」と話しました。

d.jpg


"モモカン"こと百枝まりあ監督を演じる久住さんは「男勝りな役を今までやったことがなくて、稽古場でも最初は『男に見えない』と言われて悩みましたが、みんなが助けてくれて支えてくれてなんとか初日を迎えられたと思っています」とニッコリ。

e.jpg役作りで頭を丸めた(!)白又さんは、成井さんにとって初となる漫画原作舞台の演出に触れ「2.5次元の作品がたくさんある中で、成井さんが演出をしてつくったらどうなるのかということは観ていただきたいポイントになると思うので。成井さんと僕らとスタッフの皆さんでつくった『おおきく振りかぶって』をぜひ楽しんでいただければ!」と語りました。

f.jpg

稽古場のムードメーカーだったという納谷さんは「稽古が終わった後に、稽古場で、みんなで野球をするのが楽しくて。そういう、みんなでひとつになっている瞬間がたくさんありました。そうやって絆がどんどん深まって、本番に向けて熱も高まって、いいものがお届けできると思うので、期待してください!」と笑顔。

g.jpg

成井さんは今作で苦労した点を聞かれると「野球を舞台でやることですね。塁の位置が舞台サイズだとすごく近いので、アウトになるシーンもセーフになっちゃう。それをいかにアウトにするかということを、みんなに相談して。いろんな工夫をしました。僕だけじゃなく役者みんなにアイデアを出してもらって、その結果、ちゃんと野球の試合に見えるようにできたんじゃないかと思います。お芝居絶対の半分近くが野球の試合ですが、その一つひとつが全部見どころだと思います」。

その後行われた公開ゲネプロ。

h.jpg弱気で卑屈な性格の主人公・三橋廉が、野球を通じて仲間と共に成長する姿を描く本作。細かな心理描写は作品の特徴のひとつで、主人公を軸に、日々の積み重ねで信頼関係が構築されていく様子や、周囲の人間の言葉がもたらす影響、それによるチームの変化と、いわゆるスポ根とは違う面から選手たちの変化が描かれます。

i.jpgj.jpgまず気になるのはやっぱり試合の表現。成井さんも話されたように、当然、野球場とは全く違うサイズ感で、確かに走塁の緊張感を出すには距離が足りなそうな印象。でも実際に観てみると、選手それぞれが全力で投げ、捕り、走り、試合をしていることがちゃんと伝わってくるんです! これぞ演出の妙! その熱と臨場感は、思わず「間に合って!」「捕って!」と祈ってしまうほどでした。

k.jpg八百屋舞台になっていて、選手それぞれの状況が一目で見えるのも面白いところ。試合後半の三橋の疲労を受け止め、気合を入れて塁を守る仲間たちの姿が、三橋のすぐ後ろにある...こんなシーンが目の前に広がったらグッときちゃいます!!

l.jpg

m.jpg

実力や特徴に差のある選手それぞれのフォームも再現。西銘さんは三橋のフォームについて「すごく緩やかな投球フォームなので、僕はアニメで観ているときに『あんな緩やかなフォームですぐ打たれるんじゃないか』という緊張感があったんです。だから舞台上でもそれが逆に緊張感になるように、遅く緩く投げたくて。そこをうまく再現できたらとやってきました」と語っていました。

n.jpgo.jpgp.jpg原作の特徴と成井演出の魅力がガチッと噛み合った、細やかな心理描写も印象的。「おおきく振りかぶって」は、"人が人を思う気持ち"や"小さな積み重ね"が展開を生む作品ですが、その"思う気持ち"や"小さな積み重ね"を、俳優陣が繊細かつわかりやすく体現しています。観ていて感情の流れが捉えやすいので、仲間がゆっくりと温めて引き出した笑顔を心から嬉しく感じたり、ずっと抱えていたであろう痛みがやっと言葉になったことに安堵したり...その感情表現の持つ意味がちゃんと伝わるんです! 野球の試合を観ているとは思えない感情になることが多々ありました。

q.jpgr.jpgs.jpgt.jpgu.jpgv.jpg

今作で描かれるのは、高校入学から夏の大会1回戦までのストーリー。3つの試合、部活、合宿、放課後など実にさまざまな場面が描かれますが、セット転換もなく、映像も使わず、音、照明、芝居であらゆるシーンを表現。さまざまな瞬間に演劇の楽しさを味わわせてくれます。(個人的には三橋家でのピッチング練習シーンの表現...気持ちよかった!)

w.jpgx.jpgx1.jpgy.jpgz.jpg

ダンスシーンなども華やかで、素敵な舞台になっています。ぜひ劇場で楽しんでください!
公演は2月12日(月・祝)まで東京・サンシャイン劇場にて上演中!

【フォトギャラリー】

1.jpg

2.jpg3.jpg4.jpg5.jpg6.jpg7.jpg8.jpg9.jpg10.jpg11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg

文:中川實穂
撮影:源賀津己

----------------------

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8945

前の記事「Mon STARS(橋本さとし、石井一孝、岸祐二)が初の作品と共に三度目のコンサートを敢行」へ

次の記事「【メリー・ポピンズ特集(1)】メリー・ポピンズ役 濱田めぐみ インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉