【後編】『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』ビジュアル撮影レポ【中山義紘・大山真志・マルシア】

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

4月にKAAT神奈川芸術劇場 中スタジオで上演されるロックミュージカル 『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』

【脚本・作詞・演出・石丸さち子】×【音楽・和田俊輔】という初タッグで描く、 「ロミオとジュリエット」 を下敷きにしたオリジナルミュージカル作品である本作。血縁、国境、性別、人種、宗教、経済など、見えない"ライン"に隔てられた若者が、その"ライン"をも飛び越え命を燃やした、たった5日間の恋を描きます。

詳しい作品概要・あらすじは コチラ

げきぴあではそのビジュアル撮影に潜入!
東啓介さん・豊原江理佳さん・柳下大さんの撮影レポート 前編 に続き、今回の後編で、中山義紘さん・大山真志さん・マルシアさんのレポートをお届けします!!


********

まずはこの方......中山義紘さん!

中山①【使用希望】IMG_7877.jpg

△中山さんが演じるのは、主人公ハワルの友人・ナウチ。

中山②【使用希望】IMG_7809.jpg

△Tシャツにジャージにスニーカーというラフなコーディネートですが、中山さんの力強い表情と立ち姿が、この作品の空気感を伝えます。

中山③IMG_7819.jpg

△顔の位置や体のひねり具合など、カメラマンの指示に一つひとつ的確に応えていく器用さ、そして全力投球で挑む姿が印象的な中山さん。「いい男だねえ!」と言われたときは、思わず笑顔に!

中山④IMG_7861.jpg

△躍動感を求められ、芝居をしているかのようにどんどん動いていきます。なめらかに飛んだり跳ねたりする姿は、ちょっと忍者のよう!?

中山⑤IMG_7831.jpg

△中山さんは関西発の俳優集団「劇団Patch」の一員。Patchでの活動は関西が中心ですが、NHK連続テレビ小説 『ごちそうさん』 『あさが来た』 『べっぴんさん』 に出演していたり、関西の朝の番組 『おはよう朝日土曜日です』 でも長く活躍されているので、テレビで観たことがある方も多いのでは? ナウチがどう物語に絡むのかはまだ謎に包まれていますが、中山さんの好演にぜひ注目したいところです!


そしてお次はこの方......大山真志さん!

大山①DSC07706.jpg△大山さんが演じるのは、ヒロイン・リェータ(豊原江理佳)の兄シーラ。ゼムリャという街の血と種を守る民族運動の若きリーダーです。

大山②DSC07687.jpg

△だだもれる大人の男の色気!! 1カット1カットでパキパキとポーズを取っていく大山さんに、カメラマンも「完璧!」と声をかけながらどんどん撮影していきます。

大山③DSC07698.jpg△服装もカジュアルではありますが、東さんたち若手メンバーとはちょっと違う雰囲気。こういったところからもシーラのポジションが見えてきそうです。

大山④DSC07714.jpg△「かっこいい」「素晴らしい」とカメラマンに絶賛され、すぐに撮り終わってしまった大山さん。「最後、素敵な笑顔で!」と言われてニッコリ!

大山⑤DSC07711.jpg

△NHK大河ドラマ『真田丸』 の真田信政役も務めた大山さん。舞台では、 『英雄のうた』 『トワイスアップ』 などの主演作品から、ミュージカル 『グランドホテル』 や 『ALTER BOYZ』 、『CLUB SEVEN 10th stage!』 、 『Club SLAZY』 、舞台 『弱虫ペダル』 などなど...作品名を並べただけでもあらゆるジャンルで活躍されていることがわかりますね! そんな大山さんが妹の恋をどう受け止めるのか、そして歌声も、楽しみです!!

ラストはこの方......マルシアさんです!

マルシア①IMG_7941.jpg△マルシアさんが演じるのは、経済復興特別区【グラント】に引かれた"ライン"上に暮らす女・ドゥーシャ。レースとニットのワンピース&ヒールでドレッシーなコーディネートは、20代キャストと一戦を画します。その姿も、ただ大人の女性というだけではなく、そこに強い意志があることを一目で感じさせてくれるのが、マルシアさんのすごいところ!

マルシア②IMG_7939.jpg

△撮影中に美しいスタイルの秘訣を問われ、「役によって筋肉のつけ方が変わる」と女優魂を感じる答え。写真はキリッとした表情ですが、カメラマンに褒められて「なにおっしゃる!」と思わず笑ってしまっていたフレンドリーさも素敵でした。

デビュー30周年という節目のマルシアさん。ここ最近でも、シアタークリエ10周年記念公演 『TENTH』 、舞台 『ペール・ギュント』 、2月の 「『リトル・マーメイド』イン・コンサート」 と、芝居そして歌で魅了する作品に次々と出演されています。今回も"ライン"上に暮らす女という重要な役どころをどう演じるのか、20代のキャスト達の中でどんな存在感を放つのか、すごく楽しみですよね。

..........というわけで、ビジュアル撮影レポートはここまで。作品の雰囲気、伝わったでしょうか。開幕まであと約2か月、これからどうつくられていくのか楽しみにお待ちください!

公演は 4月3日(火)から23日(月)まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ にて。

-----------------

ライター:中川實穂
撮影:源賀津己

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8936

前の記事「【エントレ】渡辺えり×キムラ緑子が女剣劇一座で壮絶バトル! 喜劇「有頂天一座」が新橋演舞場で開幕」へ

次の記事「Mon STARS(橋本さとし、石井一孝、岸祐二)が初の作品と共に三度目のコンサートを敢行」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ