僕ら最高のチャーリー・ブラウンとスヌーピーになるよ!――『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』村井良大&中川晃教ロングインタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


チャールズ・M・シュルツ原作のコミック『ピーナッツ』の世界観がそのままミュージカルになった『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』が今年、日本では久しぶりに上演されます。

老若男女、誰もが知るあのスヌーピーチャーリー・ブラウンたちが、歌い、踊り、しあわせのメッセージを届けてくれます!

といっても、子ども向けのキャラクター作品ではありません。
今年上演50年を迎える、由緒正しきブロードウェイ・ミュージカルです。

しかもキャストは、チャーリー・ブラウンに村井良大、スヌーピーに中川晃教、ルーシーに高垣彩陽、サリーに田野優花、ライナスに古田一紀、シュローダーに東山光明、というバラエティに富んだ顔ぶれ。
どんな舞台になるのか、ワクワクしますね。

チャーリー・ブラウンを演じる村井良大さん、
スヌーピーを演じる中川晃教さんに、作品やお互いの印象について、じっくり伺ってきました。
peanuts01_01_F742267_fix.JPG



俺たち、カワイイよね!(中川)
"カワイイ"に慣れてきましたね(村井)


――おふたりでお話するのは、今日が初めてだそうですね。

村井「一度、ご挨拶はさせてもらいましたが、こんなにお話したのは、今日が初めてですね」


――でも、いい感じですよ。すでにチャーリー・ブラウンとスヌーピーのように可愛く見えてきました。

中川「ホント!? でも俺たち実際、カワイイよね」(一同笑)

村井「(笑)! ...ですよね~! それは思います。だからキャスティングされたんだなって!...どうしましょう、まわりが笑っちゃってますけど」

中川「いや、今回は"カワイイ"でしょ、俺たち。今回はカワイイでいいんじゃない? でも最初の頃は「カワイイ」と言われると、ちょっと俺たちの年齢の男がそう言われてもなー、と思わなくもなかったんだけど」

村井「「禁句です」って言ってました。でも慣れてきましたね(笑)」

中川「もう、"カワイイ"でいこう!」

▽ 村井良大
peanuts01_24_F742311_fix.JPG
▽ 中川晃教
peanuts01_21_F742399_fix.JPG
――ちなみに元々の、俳優としてのお互いの印象は?

村井「それまでももちろん拝見していたのですが、『ジャージー・ボーイズ』(2016年)を観に行って、その時に初めてご挨拶させていただいたんですよね。とにかく舞台上で、"立って"いる役者さんだなという印象でした。照明を浴びて輝くのではなく、自ら光り輝く人。...僕、アッキーさんて、"アーティスト"さんだよと聞いてたんです。でも、めちゃくちゃ"役者"さんじゃん! って思った。自分の中で役を奏でていた。だから今回の共演が本当に楽しみになったんです」

中川「嬉しい~。あのね、俺にとっては『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリは、結構、挑戦だったの。声から、役を作らなきゃいけなかったから。普通の作品だと見た目、動き方、そのキャラクターの持っている内面や性格、様々な角度から芝居を作れるけど、ミュージカルだともうひとつ、重要なポイントとして"声"があるじゃないですか。そこから作品を作っていくのは、チャレンジだった。その作品を観てくれたのが、嬉しいです。あと、スターの役だから、内面から光輝く...というのは、確かにテーマだったかも」

村井「あとは『ソング・ライターズ』(2013年・15年)も観ました、めちゃめちゃ踊っていましたよね。あのときは明るくていい人の役だったじゃないですか。『ジャージー・ボーイズ』ではそれとはガラッと表情も、雰囲気も違っていたので、すごい人だなぁ、と」

中川「半ズボン、見ちゃったのね(笑)。...俺は、村井君を唯一見たのが、何かの番宣なの。だから役としてではなく、村井君として見ていたんだけど、なんて頭のいい子なんだろうということと、すごくニュートラルな感覚の俳優なんだろうなって印象です。話している内容が的確だったんだよね。ああいう場って、尺も短いし、自分の考えを伝えるのが難しい。俺は下手なんです。それもあって余計に、この子すごいな、思慮深い人なんだろうなって思ってた。今日、実際にお話しても考えが深いなと感じています。チャーリー・ブラウンとスヌーピーとして、"飼い主と飼い犬"の関係になるんですが、「この人だったらついていきたいな」って気持ちに今、なっています!」

村井「あ、嬉しい! でも正直、こんなに早く意気投合できると思わなかったです。頭がいい方なんだろうなとは思っていて、取材の場では、ガンガン自分の考えていることを仰るんだろうなと予想してたら、どちらかというと「きみはどうなの?」と話を振ってくれるのが、意外で。意外と言うと失礼かもしれませんが、それが嬉しかった。これから一緒に作っていくんだな、と思えて。やっぱり僕の中ではアッキーは、ひとりで立って、世界を背負っているイメージでしたので。"孤高の人"という印象は、あったかもしれません」

中川「ココウジャナイデース!」

村井「(笑)。全然違った。むしろひとりは嫌いなんじゃないかな、くらい」

中川「うん、誰かに一緒にいてほしい(笑)!」

村井「あと家の環境が似ているんですよ」

中川「そうそう、さっきはふたりとも"家に仏壇がある"ってことで意気投合(笑)。色々な"自宅話"でも盛り上がれるんだよね」

村井「ね。本当に今、楽に一緒にいられます」

中川「よかった、飼い主にそう言ってもらえて(笑)」
peanuts01_12_F742348_fix.JPG


オファーがあった時の気持ちは...


――よい感じで公演に挑めそうですね! ちなみに、この作品のオファーがあったときは、どう思われましたか?

村井「僕はこのミュージカルのこと、知らなかったんですよね。もちろんスヌーピーやチャーリー・ブラウンのことは知ってましたけど」

中川「俺は市村(正親)さんがスヌーピーをやった公演(2000年)を観たという人によく話を聞いていて、知っていました。...マネージャーなんですけど。そのマネージャーから「スヌーピーをやるのって、どう?」って訊かれたんですが、俺は「誰もが知ってる、あのスヌーピーでしょ!? やってみたいよ!」と即答したんです。そうしたら、まさかそんな前のめりな答えがくると予想していなかったんだろうね、「はァ!?」とか言われた(笑)」

村井「(笑)」

中川「でも俺としては、スヌーピーを演じるという部分だけで面白いな、って思えたんです。もちろん、そもそもがミュージカルとしてもよく出来ているとは聞いていたので、そこは安心出来ましたし」
peanuts01_23_F742395_fix.JPG


――作品自体は、初演から数えて今年で50年という、歴史あるものです。

村井「50年って、すごいですよね!

中川「この人、どうやら歴史あるものに弱いんですよ(笑)。でも音楽を改めて聴きなおしたり、資料映像を観たりすると、一流のブロードウェイ・ミュージカルとして愛されている作品だなって納得できます。さらに、この曲はダンスナンバーとして最高だな、小林香さんの演出だと素敵だろうな、(川崎)悦子先生の振付でやったら面白いだろうな、このメンバーでやったら楽しいだろうなって想像が出来る。特にやっぱり、『ジャージー・ボーイズ』の時に村井君に会って、ひと目で「この人、チャーリー・ブラウンだよね」って心から思わせてくれたから。期待がすごく高まっています」

村井「僕はチャーリー・ブラウン役と聞かされた時に、「えっ、チャーリー・ブラウンって、スヌーピーの? それを俺がやるの!?」って思ったんですが、その後、タイトルが『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』だと聞き、なるほど、俺なんだな(笑)って」

中川「どのあたりが"俺なんだな"だったの?」

村井「"きみはいい人"ってところ(笑)?。でも"いい人"って部分が、ある意味プレッシャーだなと思います。アッキーさんの言葉じゃないけど、それこそオファーがいただけるということは、それだけでありがたいこと。僕は頂いた役を誠心誠意やりたい。それに、意外と僕、頂いた役や知らない世界に飛び込んでみるものの方が、楽しんでやれたりするんです。知らない自分に会えるし、いい経験になる。だから今回も楽しみだなって思いました」

中川「『RENT』(2015年)のあとにオファーをもらったの?」

村井「そうです」


――それこそ、ブロードウェイでは『RENT』の初演のマーク役である、アンソニー・ラップがチャーリー・ブラウンをやっていましたね。

村井「やってたんですよねー! 写真を見たら、アンソニーがめちゃくちゃ優しそうな、仏のような顔で写っていました。『RENT』のハジけた切れ者っぽいマークとは雰囲気がまるで違っていたのでびっくりしたんですが。やっぱり、ちょっと運命を感じちゃいました。面白いことだなって」

peanuts01_03_F742264_fix.JPG


それぞれのチャーリー像、スヌーピー像


――そしておふたりがチャーリー・ブラウンとスヌーピーを演じるわけです。有名なキャラクターですが、現時点のチャーリー像、スヌーピー像は?

中川「スヌーピーはやっぱり、とにかく自由に生きているイメージです、眠いときは寝るしね。一日の楽しみ方も、人間の体内時計とはちょっと違う。とはいえやっぱり、飼い主であるチャーリーが朝何時に起きて、学校にいって、何時に帰ってきて、えさをくれる...という、飼い主との生活パターン、リズムは自分の中にあって、だからどこかチャーリーと似ているところもあるんだろうなと思う。でも、基本は犬だから、彼が何を見て、何を感じて、何を思うのかは、すごく自由。いつも自由なんです。それが歌となり踊りとなり、その瞬間の妄想となっていく...という彼の印象は、自分の感性にちょっと共通します。僕も子どもの頃、見るもの、感じるものを、ピアノに向かって曲を作って歌うのが、楽しかった遊びなんですよね。そういうひとり遊びがスヌーピーにも共通するところがあるなと思います。しかも彼は瞬間的に野生の本能みたいなものが芽生えることがあって、何かに噛み付きたくなる衝動にかられたりするでしょう。これもまた自分にもある感覚なんです。野生的な面がたまにふわっと出てくる(笑)」

村井「うわぁ(笑)」

中川「だからこの話を頂いた時は、有名なキャラクターというものを自分が演じられる喜びと出会いに感謝したけれど。ゆっくり考えてみると俺、犬が大好きだし、犬の気持ちもわかる気がするし。戌年生まれだし(笑)。同時に子どもの気持ちもわかる気がするんです。そういう自分の生きてきた時間を、他の役ではない、スヌーピーという役だからこそ表現できるものがあるかも」
peanuts01_11_F742354_fix.JPG


――セリフで「ワン」とかもありますよ、きっと。

中川「ありますよね~。俺、「ワン!」って言います!」

村井「もうリハーサルできてるんですか(笑)!?」

中川「"ワン"は面白いと思っているんです。この言葉ひとつで感情を表現できるってことでしょ。それをチャーリーは汲み取れる。...まあ汲み取れない時もあって、だからいらいらしたりするんだろうけど(笑)。それくらい大切な言葉。この話をもらったときにまず、"ワン"をどう言おうかなって思ったもん。この二文字にやりがいを感じた!」

村井「なるほど、超難しいセリフだ! ...僕はやっぱり、"いい人"というところでしょうか。なぜ"いい人"と呼ばれるのかを今、解剖中なんです」


――"いい人"と言われながら、褒められてるのかけなされてるのか、わからないところもありますよね(笑)。

村井「ひどいことも言われていますよね(苦笑)。でもなんで最終的に"いい人"なのか。やっぱり、チャーリー本人は「いい人」と呼ばれることは嫌なことだと思うんです。彼も"僕、カッコいいんだぞ、エヘン"みたいな行動をとることがあって、「紳士的だね」とか「チャーリー素敵!」とか言われたい。「いい人だね」という言葉は求めていない。でも、みんなも個性が強いし、いやな顔をみせず、少しだけ自分が大人になった方が、うまくまわりに合わせられる。それが結局、はたからみると"いい人"なんだろうなって思います。でもチャーリーはいい人になりたいわけじゃないんです。だからそのあたりを、大人の自分がいまどう表現していくか、現在解剖中です。僕ら、子どもを演じますが、子どもっぽくお芝居するわけじゃないから。それは結構考えないといけないところですよね」
peanuts01_25_F742369_fix.JPG


――そうなんですよね、子ども向けのミュージカルというわけでは決してない。もちろん子どもが観ても楽しめるとは思いますが。

村井「そうなんです。ちゃんとプロフェッショナルな作品。ブロードウェイで上演されてた素晴らしいミュージカルだってことは、知ってもらいたい! 皆さんに出会ってほしいです、この作品に」

中川「いい言葉だねぇ」

村井「僕もアッキーさんと、この作品で出会えたわけだし。この作品を通して、『ピーナッツ』の世界をさらに知ってもらいたいですね」

中川「いいねぇ。...今、目のあたりの表情が、チャーリーだなって思いながら聞いてた。なんかね、役や作品と出会うのって、やっぱり奇跡的な瞬間だと思うんですよ。もちろんひとりの人間としてキャリアを積んできているわけだし、それゆえの出会いなのだとは思いますが、でももっと客観的にみて、この人は今、この役をやるべくしてある、そのために今までのキャリアがあったんだと思える瞬間ってあると思う。
だから今回の6人、ちょっと珍しいキャスティングだと思うんですよね。その人の持っている個性が化学反応を起こして、どうこの作品を作っていくのか。そこも楽しみにしてほしいですよね。この歴史あるミュージカルを、今の僕たちがやる新しさを、劇場で感じていただけたら、成功かなって思いました。...という方向へ走っていく同志として、飼い主として、この人についていきたいなと今、村井くんの横顔を見ながら、思いはじめています」

村井「嬉しいなぁ~」
peanuts01_04_F742269_fix.JPG

早くやりたい! そのためにもしっかり準備したい(村井)
たぶん俺たち、最高のチャーリー・ブラウンとスヌーピーになると思うよ!(中川)


――公演に向けて、何かすでに準備をしていることはありますか?

村井「スヌーピーミュージアムに、行きたい!」

中川「俺、行った! 面白いよ~! 『ピーナッツ』の世界を、あのミュージアムに一歩足を踏み入れることですべてわかる。なんでこの作品がこんなに愛されているのかということが。線一本、フォントひとつとっても、味がある。だからクリエイター、デザイナーやファッション関係の人、俳優、声優、一般の方、どの立場の人がみても、自分がいいなと思えるものがひとつは見つけられる場所。そういうソフトって、あるようでそんなにないでしょ。スヌーピーは、アートなんだなって感じました。しかも高級なものじゃなくて、生活の中のアート」

村井「早く行きたくなってきた!」

中川「ぜひ行って!」
peanuts01_13_F742356_fix.JPG

――最後に、ふたりは飼い主と飼い犬の関係ですが...どんなコンビになりそうですか?

村井「そうですねぇ...。それを考えてみると今日、アッキーさんとの最高の"初日"になりました。『ジャージー・ボーイズ』のときは"ご挨拶"でしたから、初日という感じじゃなかったから。ちゃんとお話をして、最高な気分でスタートが切れた。本当に公演が楽しみになりましたし、自分も頑張ろうと思うし、早くやりたい! って思った。でもそのためにも、いま俺、すごく準備をしたい!」

中川「わかる。俺も一緒だな。準備をちゃんとしたい」

村井「原作がしっかりしてるし、シンプルがゆえに難しい。この作品、"軽く"は出来ないなって」

中川「...でもね、そのままでいいよ。村井くんはそのままでいいんだよ! 村井くんが今抱えている問題は、チャーリーのそれとは違うだろうけれど、問題に向き合う姿勢も、チャーリーと重なってくるのかなって思えたから。今日お話してて、舞台に立つことの責任感をすごく感じている人なんだなということが言葉の端々から感じ取れて、嬉しかった。そのプロフェッショナルな責任感から来るマジメさや堅実さ、誠実さが、チャーリーの内面と通じるんだと思う。ぴったりだと思うもん! それに、俺、色々なところでスヌーピーやるんです、って言ってるんだけど(笑)、そうするみんなに「うわぁ、スヌーピー!?」って嬉しそうに返される、それだけで役得(笑)。村井くんもそういうこと、ない?」
peanuts01_22_F742298_fix.JPG

村井「あります、「え、チャーリー・ブラウンやるの!?」ってよく言われますもん(笑)」

中川「でしょ? 僕たちのチャーリーとスヌーピーがどういうコンビになるかはわからないけれど、その自然体の個性をぜひ崩さないで、舞台上にすっと立ってくれたら、犬としては、隣にいようが、前にいようが、後ろにいようが、屋根の上にいようが、彼の近くにいるって感じとれると思う」

村井「距離感がちょうどいい関係?」

中川「そうだね、ふたりでひとつみたいになれたらいいなって、思った! だっていまこの時点で、なんだか犬と飼い主の感じになってますもんね」

村井「僕も今日すでに、アッキーさんのスヌーピーらしさをビシビシ感じてます」
peanuts01_26_F742343_fix.JPG

中川「お互い感じてるんだ、だからその時点でオッケーだよ!」

村井「でもある意味、どうなるか未知数なゆえ、どれだけ僕たちがジャンプできるか...ですよね」

中川「そのままでいいよ、そのままでいいんだよ! たぶん俺たち、最高のチャーリー・ブラウンとスヌーピーになると思うよ!ほかの人じゃ絶対出せないじゃん、この感じ」

村井「なんか...わかります(笑)。稽古場でも、いっぱい話したいですね」

中川「まぁ、ワンとしか言わないけどね(笑)!」


取材・文:平野祥恵(ぴあ)
撮影:福井麻衣子

peanuts01_02_F742262_fix.JPG
ヘアメイク:森香織(村井)、井上京子(中川)
スタイリスト:吉田ナオキ(村井)、Kazu(WSC)(中川)
衣装(村井):lot holon、wjk、EGO TRIPPING


【公演情報】
・4月9日(日)~25日(火) シアタークリエ(東京)
・4月29日(土・祝) キャナルシティ劇場(福岡)
・5月6日(土)・7日(日) サンケイホールブリーゼ(大阪)
・5月9日(火)・10日(水) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知)

★東京公演、直前プリセール(WEB先着先行)受付!★
[受付期間]1/20(金)18:00~1/21(土)9:30

東京・大阪公演:1/21(土)一般発売開始
福岡・愛知公演:1/28(土)一般発売開始

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8592

前の記事「俳優・結城洋平の自主公演、結城企画『くるみ割れない人間』 アフタートークが決定。」へ

次の記事「日常に細やかな希望を見いだす 会心の人間讃歌!『世界』(観劇レポート)」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉