早霧せいな、先日退団発表をし「東京公演も、より引き締まった思いで務める」――宝塚歌劇雪組『私立探偵ケイレブ・ハント』/『Greatest HITS!』東京公演開幕

| トラックバック(0)

宝塚歌劇雪組公演 ミュージカル・ロマン『私立探偵ケイレブ・ハント』/ショーグルーヴ『Greatest HITS!』の東京公演が11月25日、東京宝塚劇場で開幕した。先ごろ退団を発表したトップスター早霧せいな主演作。『ルパン三世』『るろうに剣心』『ローマの休日』などを宝塚版として見事に舞台化してきた早霧率いる雪組にとっては、久しぶりのオリジナル作品2本立てだ。
yuki_caleb_02_2738.JPG
yuki_caleb_03_2770.JPG
『私立探偵ケイレブ・ハント』は20世紀半ばのロサンゼルスを舞台に、探偵事務所の所長ケイレブと仲間たちが追うとある事件を、ケイレブとその恋人イヴォンヌの大人の恋愛を絡めながら描く物語。ハードボイルドな作風を得意とする正塚晴彦の作・演出らしい、カッコよく洒脱な空気感を、雪組のメンバーが巧みに醸しだす。中でもやはりケイレブを演じる早霧と、イヴォンヌに扮するトップ娘役・咲妃みゆのカップルがいい。雪組主演コンビに就いてから2年がたつ今でもフレッシュで微笑ましいトップコンビだが、今回はいつになく大人カップルの魅力。正塚作品らしいキザなセリフや掛け合いも、演技巧者のふたりらしくテンポよく魅せた。

続く『Greatest HITS!』は、クラシックからオールディーズまで、誰もが知る名曲で綴るショー。こちらも早霧のパッションや、トップコンビの息の合い具合にスポットが当てられ、そして個性豊かな雪組メンバーひとりひとりの個性が輝くスピーディで楽しい作品だ。どの瞬間も見どころだらけ、今の雪組の魅力が存分に発揮されている。中詰めではクリスマスメドレーもあり、今の季節にもぴったりだ。

おりしも開幕前日の11月24日には、東京では珍しい11月の雪となったが、雪を連れてやってきた雪組が12月末まで、東京の地を華やかに彩ってくれそうだ。


==ミュージカル・ロマン『私立探偵ケイレブ・ハント』==
yuki_caleb_11_1614.JPGyuki_caleb_12_1669.JPGyuki_caleb_13_1731.JPGyuki_caleb_14_2065.JPGyuki_caleb_15_2171.JPG

==ショーグルーヴ『Greatest HITS!』==
yuki_caleb_17_2266.JPGyuki_caleb_18_2490.JPGyuki_caleb_19_2577.JPGyuki_caleb_20_2684.JPG

初日の11月25日には、早霧せいなさん・咲妃みゆさんの囲み取材も開催されました。
その模様もレポートします。


◆ 早霧せいな&咲妃みゆ 囲み取材 ◆

yuki_caleb_31_2795.JPG
――宝塚らしい2作品ですが、ご自身が感じている見どころを教えてください。

早霧「雪組にとっては久しぶりのオリジナル作品。お芝居(ケイレブ・ハント)・ショー(Greatest HITS!)ともに、今の雪組の組子(メンバー)にぴったりの作品を先生方が生み出してくださったのが、まず"売り"です(笑)。そしてお芝居の方は探偵モノですので、シリアスな部分がありつつ、クスっとした笑いが入っていたり、先が気になる展開になっています。
ショーはこのシーズンならではです。東京公演はクリスマスシーズン真っ只中ですが、中詰ではクリスマスメドレーが入っています。お客さまとともに、私たちも一緒に楽しめるショーになっています」
yuki_caleb_32_2778.JPG

咲妃「お芝居は何気ない会話のやりとりが繰り広げられる物語。こんな人物いそうだなとか、観る方に身近に感じていただけるのではというところも魅力かなと思います。ショーは早霧さんも仰ったように、本当に今のシーズンにぴったりの有名な曲もたくさん盛り込まれています。ほかの場面でも皆さま聴き覚えのある曲が多々出てきますので、こちらも一体となってお楽しみいただけるのではないかなと思っています」
yuki_caleb_33_2798.JPG


――クリスマスメドレーがあるということですので、それぞれ、クリスマスの楽しい思い出などがあれば...。

咲妃「(しばらくふたり見詰め合って、早霧さんに促されて...)幼少期なのですが、母から「玄関にお菓子とブランデーを置いてサンタさんにお願い事を書いておいておくと、素敵なプレゼントがもらえるよ」という助言をもらい、(その通りにして)朝起きてみるとブランデーが減っていて...! 「サンタさんて本当にいるんだー!」って興奮したのが思い出です」

早霧「(可愛らしいエピソードにホッコリしてしまった場の空気を感じてか)......、以上です。
(早霧さんは?と記者に聞かれ)いや、あるんですけど。なんか、こちら(咲妃さん)に負けるエピソードなので。控えておきます(笑)」
yuki_caleb_34_2772.JPG

――名コンビとして名高いおふたりですが、最初から恋人同士という役柄は新鮮。演じる上で相談したことや、大切にしていることがあれば。

早霧「はじめから恋人同士ということだから...という改まっての相談はしていませんが、やはりコンビを組んで3年目に入っていますし、今のわたしたちだからこそのケイレブとイヴォンヌが出来るんじゃないかなというのは、お稽古中から感じていました。大切にしていることは...男女間の関係も馴れ合いがよくないと言いますが、私たちの関係も馴れ合わないように。そこを大切にしています」

咲妃「お芝居の中では色々な恋人同士のやりとりがあるのですが、そのおおもとは絶対にゆるぎない相手への愛があるということは、胸に置いて稽古もしていますし...(早霧さんから「嬉しそうね」とのツッコミが。確かになんだか答えながら嬉しそうな咲妃さんでした)。......ケンカをしていても、好きだからこそという点などを大切にしています」
yuki_caleb_35_2784.JPG

――おふたりとも先日、退団発表と会見をしたばかり。現在の心境を。

早霧「ああいう場(退団発表会見)を設けていただいて、ファンの皆さまや報道関係の皆さまにきちんと発表させていただけたということは、とてもありがたいこと。自分の中に決めていたことを皆さまにお伝えすることによって、また何か腑に落ちるといいますか、身が引き締まる思いになっています。この東京公演もさらに引き締まった思いで務められるなと、今は思っています」

咲妃「会見を終えて、本当に宝塚で過ごせる時間は残りわずかなんだなということを実感いたしました。ですがその限られた時間で、さらに最後まで早霧さんについていきたいという気持ちが高まりましたし、いまの雪組の一員として、よりよい舞台をお客さまにお届けできたらなと思っています」
yuki_caleb_36_2786.JPG

取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

【公演情報】
・12月25日(日)まで 東京宝塚劇場にて上演中

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8557

前の記事「『ミス・サイゴン』#10 東京公演千秋楽レポート! 市村エンジニア、帝劇での最終公演も「また帝劇でこの作品の舞台に立つという新しい夢が生まれた」」へ

次の記事「阿佐ヶ谷スパイダースPresents『はたらくおとこ』いよいよ大阪へ!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉