日本ミュージカル界を支える豪華キャストが集結。『貴婦人の訪問』再演の稽古場を訪問しました!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

1★.jpg


 山口祐一郎さん、涼風真世さんはじめ、日本のミュージカル界の屋台骨を背負ってきた実力派が多く顔を揃えた『貴婦人の訪問』。夢の競演にファンが歓喜したこのミュージカルが、昨年の日本初演から1年3ヵ月というスピードで再演されます。ユニークなのは、全キャスト中で初演と異なるメンバーが、アルフレッド(山口)の妻マチルデ役の瀬奈じゅんさんのみなこと。この変化で、カンパニーにどんな新風が吹くかは見どころです。

IMG_2146.jpg
 稽古場を訪ねると、(わかってはいたものの)あちらを見てもこちらを見てもスターばかり! ついキョロキョロしたくなる気持ちを抑えていたら、子役の女の子2人(レーナ役=厳密には彼女たちも新キャスト)が「おはようございます!」と元気に入ってきました。全身黒の稽古着で静かな迫力に満ち、既に"貴婦人"クレア役に入っているかのような涼風さんも微笑み、「おはよう」と迎えます。比較的ベテランの多い、大人の雰囲気漂う稽古場ですが、この子役ちゃんたちの存在が良い緩和を与えてくれているような印象です(だけどこの2人、すごくマジメ!)。
3★.jpg
 稽古開始時刻となり、まずはアップから。歌唱指導の山口正義さんが中心となり、いろんなバリエーションの発声練習が行われます。「シュー、シュー」と息を吸ったり吐いたりする音、全員の唇がブルブルする音、「ウィー! ウィー!」という高い声など、立て続けにいろんな音が聴こえてきました。そうして各部位を徐々にほぐしていくと、なるほど、それぞれの声がどんどん出てきて伸びていくように感じられ。ここまで15分。

IMG_2028_修正.jpg
  そして立ち稽古へ。この日は、冒頭からしばらく止めずに場面を通すと聞いていました。袖で市長マティアス役の今井清隆さんは大ぶりの首飾りのようなもの、警察署長ゲルハルト役の今拓哉さんはガンホルダーと、役にふさわしい装具を付けてスタンバイ。やや厳かな雰囲気の幕開きからやがて、にぎやかな町のシーンに移行します。

5★.jpg
同じメンバーで初演を経験済みであるからか、町の人々は、ハーモニーも振りも息バッチリ! ♪切り札はアルフレーッド という歌詞にうながされてアルフレッド役の山口さん。

6.jpg
 続けて、故郷ギュレンに久々に戻ってきたクレア役の涼風さんがボディガードを伴い、杖をついて現れました。

7.jpg
クレアの脚がこうなってしまった残酷な理由は、ここまでの明るいシーンからは想像することができません。かつて恋人同士だった2人は、互いに別の人物と結婚し、まるで違う人生を歩んでいます。ギュレンに残ったアルフレッドはマチルデと結婚して雑貨屋を営み、傷心の末に町を出たクレアは世界的大富豪の妻に。そんな2人がついに再会、そして――というところで、演出の山田和也さんからストップが。

8.jpg
9.jpg
エンジンが入っていたらしき山口さんは「続けたかったー!」と、セットにすがりながらお茶目に絶叫。稽古場がドッと沸きます。山田さんも「ごめんなさい、続けたかったですよね」と優しく返してみたり。常に穏やかな山田さんの雰囲気、また新作とは異なる落ち着きも相まってか、稽古場の空気は終始和やかでした。ただそれは、この日見学したのが、明るい序盤のシーンのみだったからかも。物語はここから人間の怖さと真実に踏み込み、残酷な過去をどんどん暴いていく展開となります。ちょっとだけ明かすならば、破綻寸前のギュレンを立て直すためにクレアが20億ユーロ(!)の援助を約束するのですが、その条件がなんと"アルフレッドの死"。愛し合っていたはずの2人の過去に一体何が......!?

10.jpg
 演出の山田さんはこの再演にあたり、初演から意図的に大きく変えることは考えていない様子。だが、「"思い出し"のつもりの稽古も、やっている内に"思い出し"では済まなくなる」とご自分のブログ「SHOW GOES ON!!」で書かれているように、今作る意味が自ずと生まれてくるのがナマモノである演劇の面白さ。実際、演出家が止めた隙間を縫って振付の桜木涼介さんが、素人目には完成形に思えた群集の動きに、細かい変化を頻繁につけていました。すると特に今井さん、石川禅さん(校長クラウス役)らが演じるアルフレッドの友人たちのキャラクターがより際立ってくるんですね。

11.jpg
 1幕2場、「これからどうなる? もっと観たい!」の寸止め状態で、見学を許された時間は残念ながら終了。瀬奈マチルデがフィーチャーされたシーン、歌がなかったのは心残りですが、本番までの楽しみなおあずけです。安心&安定のキャストで奏でる、不協和音の人間ドラマ。ブラッシュアップを経て、初演を上回る衝撃を与えるはず!

12.jpg
13.jpg
14.jpg
IMG_2378.jpg
文/武田 吏都 撮影/石阪 大輔


【公演情報】
11月3 日(木・祝)~11月5日(土) THEATRE1010(東京)
11月12日(土)~12月4日(日)シアタークリエ(東京)
12月9日(金)~12月11日(日)キャナルシティ劇場(福岡)
12月17日(土)~18日(日)中日劇場(愛知)
12月21日(水)~25日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪)


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8530

前の記事「「苦しみの先に、喜び、遣り甲斐をみつけるタイプだと思います」 『お気に召すまま』マイコ・インタビュー」へ

次の記事「元トップスター豪華競演!『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ