霧矢大夢、渾身の舞台が上演中 『THE LAST FLAPPER』

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

元宝塚歌劇団トップスターの霧矢大夢が初めての一人芝居で新境地をみせている。


ジャズ・エイジのシンボル"フラッパー"として生きた、作家スコット・F・フィッツジェラルドの妻・ゼルダ。

彼女の半生を描いた『THE LAST FLAPPER』で霧矢はゼルダを演じている。 


人生の後半は、精神病院への入退院を繰り返していたゼルダ。

彼女の人生最後の日。

波乱に満ちた人生を語り始める......


KAT_4071_350.jpg

無邪気に過ごした少女時代、厳格だった父との確執、華やかなフラッパー時代、そして夫スコットとの複雑な結婚生活。


KAT_4510_350.jpg

ひとりの女性としてゼルダがどう感じ、どう生きたかを繊細に激しく体現していく霧矢。


KAT_4647_350.jpg


小空間だからこそ伝わってくる息苦しいまでのゼルダの想い。


KAT_4934_350.jpg

衣裳や小道具にも細部にわたりこだわりが感じられる。


KAT_5046_350.jpg

ゼルダのまざなしの先に見えているものとは......


KAT_5123c_350.jpg

狂気の中にも知性と凛とした強さを感じる。


KAT_5326_350.jpg

撮影:交泰


霧矢大夢、渾身の舞台は4/13(水)まで東京・赤坂RED/THEATERにて上演。


[作]ウィリアム・ルース

[演出]大河内直子 

[出演]霧矢大夢 

[演奏]松田眞樹(p) 

当日引換券 7300円


★チケットぴあでは「当日引換券チケットを発売中です!!



チケット情報はこちら





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8340

前の記事「FUKAIPRODUCE羽衣『イトイーランド』出演者File013 日髙啓介 by岡森 諦」へ

次の記事「『1789 -バスティーユの恋人たち-』初日前会見」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉