【エントレ】森田剛×瀧本美織×行定勲 舞台「ブエノスアイレス午前零時」が開幕/舞台稽古&囲みを動画で取材

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

森田剛、瀧本美織らが出演する舞台「ブエノスアイレス午前零時」が本日より新国立劇場で開幕する。 

本作は1998年の芥川賞を受賞した藤沢周のベストセラー小説「ブエノスアイレス午前零時」を原作に、岸田戯曲賞作家でもあるモダンスイマーズの蓬莱竜太が脚本を担当し舞台化したもの。 
演出は映画監督でありながら、「テイキングサイド」「趣味の部屋」など、近年では舞台の演出作品も数多く手掛ける行定勲が担当する。 
 挫折した青年と盲目の老嬢、孤独な二人の運命的な出会い。 
老嬢が語る話を聞くうちに、雪国のホテルのダンスホールと、次第にブエノスアイレスの酒場が交錯してゆく。 
自らが陥った状況に苦悩する青年を森田剛が丁寧に演じ、また、瀧本美織も初舞台とは思えないほどの堂々たる立ち姿で物語の主軸を担っていた。 
橋本じゅん、松永玲子ら、主演の周りを固める俳優たちの芝居も見事で、特に千葉哲也の重厚な演技がたまらなく良かった。
 以下の動画は囲み取材の様子と、公開舞台稽古の映像を抜粋したもの。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7918

前の記事「『ロンドン版 ショーシャンクの空に』白井晃インタビュー」へ

次の記事「【稽古場レポート】朗読劇「春のめざめ」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ