まもなく開幕!ブロードウェイミュージカル「Once ダブリンの街角で」~米倉涼子さんら著名人から続々とコメント到着~

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

ついに11/27(木)から六本木EXシアターにてブロードウェイミュージカル「Once(ワンス)ダブリンの街角で」が開幕!!同題の映画を原作とした本作品は、2012年にトニー賞8部門を受賞し、舞台版のCDがグラミー賞2013年ベスト・ミュージカル・シアター・アルバムに輝くなど、各界で大注目されています。
そんな日本初上陸の舞台に期待を抱く著名人の皆さんからコメントが到着!
こちらを読めば、皆さんの「Once見たい欲」もっと刺激されるはず!是非参考にして下さい。


************************************************

new_ohara_main_lowリサイズ.jpg
映画「Once」は、凄く、ロマンチックで、
久しぶりにじんわりと温まるようなラブストーリーでした。
音楽を通して、男女の恋愛がどんどん発展していって、
途中からはリアリティしか感じられなかったです。

その映画がベースとなったブロードウェイミュージカル「Once」が、
EXシアター六本木のステージで、日本初上演すると聞いて、
出演者の一体感が凄そうなので、
見てる人も作品の中に引き込まれるようなミュージカルだと思います。
是非、「Once」の世界観に引き込まれて、楽しんでほしいなと思います。

歌手/女優 大原櫻子

************************************************

kawamurajieiリサイズ.jpg
ベースとなった映画「Once」は、アカデミー賞にノミネートされたあと、ビデオで観ました。
乾いた空気の中に流れる美しい曲と、男女の静かな交流。アイルランドという土地の独特の世界観。
観終わった後に何とも言えない気持ちになったことを覚えています。
その後ブロードウェイで舞台になったと聞き、どうなんだろう。あの素晴らしい楽曲や、あの世界感はまた味わうことができるのだろうかと興味を持っていました。
ついにこの秋、六本木にカンパニーがやって来る! 
是非、浸りにいこうではありませんか。ダブリンの街への小旅行です!

川平慈英


************************************************
miyamotoamonリサイズ.jpg
「Once ダブリンの街角で」をNYで見て驚きました! 実に完成度が高く、まさに人間そのものが描かれていて 地味ながらも、芯に琴線に触れる素晴らしく温かい作品だったからです。 シンプルですが、深く感動しました。 派手な作品が受けるブロードウェイ。そこでこういう作品が、トニー賞を8部門獲得できたって事に 改めて、ブロードウェイの良心を感じ、NYの演劇界がますます好きになりました。 また、その上に映画版「ONCE ダブリンの街角で」では、アカデミー賞の歌曲賞も穫っていた。
それに加え、舞台版のCDがグラミー賞を穫っている。 ということは、グラミー、アカデミー、トニーの三大賞を、すべて穫った作品で、 これは、前代未聞です!
 賞を穫ったことが偉いと言いたいのではなく、 やはり「今の時代、人々はこのような、本質を求めていたんだ」と感じました。 

宮本亜門

************************************************

yonekuraryoukoリサイズ.jpg
2012年のトニー賞発表の直前にブロードウェイで観劇しました。
映画版も観ていなかったので内容もほとんど知らないまま劇場に行ったのですが、シンプルな演出なのに心に響く舞台でした。素晴らしい音楽とスムーズに流れるストーリー、特に「ガール」の切ない心の動きに感情移入してしまって、最後には泣いてしまいました...
ミュージカルなのにミュージカルらしくない、けれどブロードウェイの奥深さと新たな作品を生み出そうとするエネルギーを感じたひと時でした。
開演前や休憩中に舞台セットのバーでお酒が飲めるのは斬新で楽しい経験になりますよ。

米倉涼子
女優

************************************************
参考になりましたでしょうか?
開幕まであと少し。日本初上陸のブロードウェイミュージカル「Once ダブリンの街角で」は、今後日本キャストでの公演も予定されているとか。話題沸騰のこの舞台、お見逃し無く!


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7895

前の記事「『ロンドン版 ショーシャンクの空に』顔寄せレポート」へ

次の記事「ゴジゲン vol.54  from 松居大悟」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉