『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』開幕直前囲み取材レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

6月1日、帝国劇場にてミュージカル『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』が開幕しました。
名作映画を元にした、ハッピーでコミカル、そして"歌の力"に溢れるミュージカル!
ヒロイン・デロリスを瀬奈じゅん、森公美子というまったくタイプの異なる女優がWキャストで演じているのも話題です。

5月30日、初日を目前にした出演者たちが意気込みを話しました。
ひと足先にニュースサイトでもお伝えしましたが、げきぴあではもうちょっと詳しくレポートいたします!
sisteract053000.JPG

「日本初演、その開幕のドキドキワクワクを私たちも味わいながらお稽古しているところです。みなさんに楽しいミュージカルをお届けしたいと意気込んでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします」とデロリス役の瀬奈じゅんさん

苦労した点は「とにかく曲数とセリフの量と出番がとても多くて、それに途中まで追われていました。でも大変ではあったのですが、その大変さが役に生きたような気がしますので、それをいい効果に変えてお届けできれば。あとは私、どうしても前世のクセでキザってしまって、イイ目線を送ってしまうので、そこをちょっとやりすぎないように気をつけようかなと思っています。...でもやります!(笑)」
...やるんですね(笑)。
sisteract053001.JPG

同じくデロリスを演じる森公美子さん
「日本初演ということで、本当に私たちも手探り状態のところがたくさんあったんですが、すばらしい舞台になっていると思います! 皆さまが感動できる舞台になっていますので、ぜひぜひ、劇場に足をお運びください」

そして森さんも、苦労したポイントは「本当に出番が多くて...」と話します。
「私、稽古の時から(黒人歌手の役のため)黒塗りしていたんですが、後半白人になってしまいました(笑)。それくらい汗をたっぷり出すんです。熱中症にならないように気をつけなければならないというのが私の課題。ホントにアツイんです。これが8月まで続くかと思うと痩せる思いです(笑)」
sisteract053002.JPG
デロリスの幼なじみ、気弱な警官エディ役の石井一孝さん
「この作品、ブラック・ゴスペルのミュージカルと聞いていたのですが、実は黒人役は瀬奈さんと森さんと僕と、少数。でもブラック魂を炸裂させるにふさわしい、スケールの大きな作品です。観に来てくださった方が胸ときめかせてほっこりして帰っていただけるいい作品」とアピール。
苦労したところは「一箇所、どうしても音が取れないところがあって。ほとんど五分五分で失敗していたんですが、だいぶ初日に向かって良くなってきたので、初日にはバッチリ決めたいと思います!」と話したところで、森さんが「(それも)味だよ、味!」と助け舟?
sisteract053003.JPG

大澄賢也さん「デロリスの愛人、マフィアのボス・カーティスを演じます。大好きなブロードウェイ作品で、素晴らしいキャストと一緒にできるということで、嬉しくてたまりません」とご挨拶。
sisteract053004.JPG

同じくカーティス役、吉原光夫さん
「華やかで本当にあったかい、ほっこりする作品なんですが、それとは別のところで(自分は)怖く、面白く、楽しく、賢也さんと頑張っています」と話します。
sisteract053005.JPG

オハラ神父役・村井國夫さん
「本当に皆さん歌がお上手な方が集まったので、稽古を見るのが楽しかった。ひとつひとつのナンバーが、我々70年代・80年代に生きた人間としては楽しくて楽しくてしょうがない。若い人だけでなく、我々の年代の人でもとても楽しめる作品ですので、ぜひ劇場にいらしてください」とにこやかに話します。
sisteract053006.JPG

そして修道院長役の鳳蘭さん「どの場面のどのセリフで、お客さまがどのくらい笑うのか、まだ想像でしかないので、まだ今はちょっと緊張しています」とコメディならではの緊張感を話しつつ、「役作りでは苦労していません。前世から(修道院長のごとく)"清く正しく美し"いので。苦労なく、やっております」とコメント、共演者たちからは「さすがツレさん!」とヤンヤヤンヤの合いの手です(笑)
sisteract053007.JPG

そしてやっぱり気になる、瀬奈&森のWキャスト、それぞれ「ここは自分の方が勝ってる!」と思う、アピールポイントは...。

「汗の量は瀬奈さんに負けてない(笑)。出演者の中で(自分は)ナンバーワンだと思う。ダンスは瀬奈さんに一生懸命教えていただきました。込み入った踊りがなかなかできなくて、すべて瀬奈さんに教えていただいて、でもまだ完成してないところがありますが...お楽しみに~!(笑)」

瀬奈「完成してないんですか!? ...そうですね~。やっぱりこの、いらっしゃるだけで空気をがらっとかえてしまう、森さんのオーラは素晴らしいなと思います...」

村井「それ負けてるポイントだよ!勝ってるところ言わないと」

瀬奈「あ、そっか...あんまりないかも...」

石井「キメた目線じゃないの?」

瀬奈「そうそう、目線は負けないです。鋭い!」

村井「キレのある踊りとね!」

瀬奈「でも今日はほんとに、(今まで一緒に稽古していた)クミさんがいなくなってしまうことが不安で...」

「あたしも! 1幕瀬奈さんで、2幕私、とか、そういう感じでやってもらえないだろうか」

瀬奈「面白いかもしれない!」

「ふたりでいろんなことを分け合ってきたので。本当にいつも横にいてひとつになってやっていたので、ツインズが別れたみたいで悲しいですね」

...という、"勝っているところ"というより、カンパニーの楽しさが前面に出た質問コーナーになってしまったのでした!
sisteract053010.JPGsisteract053012.JPGsisteract053011.JPG↑こちらもWキャスト。
「ホントに光夫君様様で、今回僕のカーティスが出来上がったなと思っています。アリガト!」と言う大澄さんに、「とんでもないプレッシャーをいただきました!」と笑う吉原さん。


それにしてもすでに観た方の評判を耳にするにつれ(「とにかく楽しい!」の声多数!!)、Wキャスト、両方観なきゃ~という思いが募っております!
東京公演は7月8日(火)まで、お見逃しなく。


【公演情報】
・7/8(火)まで 帝国劇場(東京)
・7/12(土)・13(日) 厚木市文化会館 大ホール(神奈川)
・7/19(土)~21(月・祝) 東京エレクトロンホール宮城(宮城)
・7/25(金)~29(火) シアターBRAVA!(大阪) 

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7671

前の記事「朗読劇 私の頭の中の消しゴム、開幕」へ

次の記事「FUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』出演者File014 深井順子 by 枡野浩一」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉