吉右衛門、又五郎、歌昇が「松竹大歌舞伎」の会見を行いました!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


歌舞伎俳優の中村吉右衛門、中村又五郎、中村歌昇が5月22日に都内で会見を開き、全国公演「松竹大歌舞伎 東コース」の製作発表を行いました。

(左から)中村歌昇、中村吉右衛門、中村又五郎 gekipia_S08_7693.jpg

演目は『角力場』『三代目又五郎 四代目歌昇 襲名披露口上』『傾城反魂香』です。


会見で三人はそれぞれ次のようにコメントしました。

◆吉右衛門さん
又五郎さんと歌昇くんの襲名はだいぶ前でございますが、役者は襲名で飛躍すると申します。襲名の時は気も張っておりますし、皆様からもそういう目で見て頂けますが、その後が大変でございます。私も襲名した後、父の初代吉右衛門のように追い付くことが出来ず、やっと足元を掴んだかなというくらい大変なことでございます。
又五郎さんは言うに及ばず、歌昇くんも襲名公演から今までの間にとても活躍してくれまして、皆さまに認めてもらうようになっておりますので、播磨屋の一門としてはとても嬉しく思っております。
今度の巡業、又五郎さんは『傾城反魂香』浮世又平という大変難しいお役でございます。歌昇くんは私と舞台の上で五分に渡り合う『角力場』放駒長吉に挑まれます。先日相撲で白鵬が連勝していて初めて土がついた時、「勝ったと思ったのが油断だった」と言っておりました。私も舞台で勝ったと思わないで、土俵の砂にうずめる気でやりますから、どうぞ歌昇くんはそのつもりでいて頂ければ(笑)。
巡業はあちこちに行って肉体的には大変ですが、色々な土地の方と舞台と客席で交流ができて私はとても好きです。体調に気をつけて頑張っていきたいと思います。

gekipia_S17_3591.jpg

◆又五郎さん
平成23年9月に又五郎を襲名させていただき、その後名古屋、京都、大阪、福岡と大都市の大きな劇場で襲名させて頂きました。昨年は公文協様のお陰を持ちまして中央・西コースを回らせて頂きました。
この度の『傾城反魂香』は平成10年に国立劇場で勤めさせて頂きました。その時は吉右衛門兄さんに手取り足取り教えて頂きました。今回はそれを洗いなおして、初めて演じる気持ちでもって勤めさせて頂ければと思います。

gekipia_S17_3611.jpg


◆歌昇さん
長かった襲名披露もこの東コースで最後だと思うとすごく寂しい思いがしますが、襲名披露の間に色々なお役を経験させていただき、感謝をしております。自分自身上達したというのは全く分からないですが、毎日一生懸命させていただき、色々なことを教えていただき、本当に幸せな襲名披露をさせていただけたと思っております。
今回最後ということで、吉右衛門のおじさまとがっつりと芝居をさせて頂ける、こんな幸せなことはないです。本当に夢のようで......。一生懸命稽古して、立ち向かえるように、少しでも結果を出せるようにしなければと思います。

gekipia_S17_3618.jpg


続いて、記者からの質問です。


――歌昇さんが放駒長吉ですね。

◆吉右衛門さん
若い人はびっくりするほどのきらめきを出す時がある。それをどう受けて返すか。舞台はキャッチボールですから、私と歌昇くんがお互いを玉を投げ合い、変化球を入れたり、そうしてお客様に喜んで頂けるものになると思います。


――又平は久しぶりに演じられますね。

◆又五郎さん
前回又平を演じさせて頂いた時は必死で、教えていただいたことでをいかに毎日演じられるかで精一杯だったのですが、2回目ですので、もう少し気持ちに余裕ができればと思います。


――放駒長吉を演じる意気込みについてお聞かせください。

◆歌昇さん
一生懸命立ち向かうということがいい意味でお芝居に出ればと思っています。また、長吉は父が襲名披露で演じていた役ですので、その姿をみてこの役を演じたいと思っておりましたので、こうしてやらせて頂けることは大変ありがたいと思っています。全てをぶつけるつもりで取り組みたいなと思います。

gekipia_S08_7710.jpg


★★★あらすじとみどころ★★★

<角力場>
大坂堀江の角力小屋では、人気力士の濡髪長五郎と素人力士出身の放駒長吉 の取組が行われ賑やかな様子。濡髪贔屓の山崎与五郎は、恋仲の藤屋の遊女吾 妻を茶屋へ向かわせ、角力見物。しかし、予想に反して、勝利を収めたのは放 駒。与五郎に負けを詫びる濡髪は、吾妻の身請を自分に任せてほしいと伝える。 そして、放駒を呼び出すと、勝ちを譲ったことを明かし始め...。
『双蝶々曲輪日記』の二段目にあたる「角力場」は、男伊達の達引を描いた 世話狂言。体格も性格も対照的な濡髪と放駒の意地の張り合いが見どころの一 幕をお楽しみください。

<口上>
平成 23 年に三代目中村歌昇が三代目中村又五郎の名を、四代目中村種太郎が 四代目中村歌昇の名を襲名し、各地で襲名披露興行を行ってきました。播磨屋 一門にとって大切な名跡を継承する又五郎と歌昇親子が、襲名披露の口上を述 べる一幕です。

<傾城反魂香>
山科に閑居する土佐将監光信の館にやって来た絵師の浮世又平と女房おとく。 生まれつき吃音の又平は出世もできず、口が達者なおとくと細々と暮らしてい る。この度、弟弟子の修理之助が土佐の名字を与えられたことを知り、又平も 名字が欲しいと懇願する。しかし、将監が拒むので、又平は手水鉢に自画像を 描いて、死を決意するのだが...。
近松門左衛門が書いた『傾城反魂香』の上巻の切にあたるこの場は、通称『吃 又』と呼ばれる人気の場面です。夫婦の愛と奇跡を描いた趣ある義太夫狂言を ご覧ください。


全国公立文化施設協会主催の「東コース」は、6月30日の江戸川区総合文化センターを皮切りに、7月31日まで全国26都市44回公演を巡演します。

詳しくは各劇場の公式HP等でご確認ください。
松竹HP

gekipia_S08_7714.jpg


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7658

前の記事「「魂の詩人 ロルカとアンダルシア」イベント決定!」へ

次の記事「【特別連載VOL.5】「昔の日々」/出演者・若村麻由美さんコメント」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ