【『Celebration 100!宝塚~この愛よ永遠に~』Vol.3】杜けあきさんインタビュー&撮影風景レポ!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2014年に入り、ついに創立100周年を迎えた宝塚歌劇団
その卒業生たちが集うアニバーサリー公演『Celebration 100!宝塚~この愛よ永遠に~』が、5~6月に上演されます。

宝塚卒業生たちによるイベントといえば、2011年より〈TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY〉と銘打ち、100周年までのカウントダウンを盛り上げたシリーズ公演が好評を博しましたが、2014年はいよいよ100周年の当年。
さらに一層、華やかな公演になること間違いナシです。

出演者も、トップスター経験者がレギュラーメンバーで12名、
期間キャスト(A・B・Cの3パターン)で10名、
スペシャルキャストで17名...と、
現時点で39名が名を連ねています。
現役生のみならず、卒業生も一体となってアニバーサリー・イヤーを祝える宝塚という存在、本当に素敵ですね。

今回は、その『Celebration 100!宝塚~この愛よ永遠に~』のポスター撮影が行われた現場のレポートをお届けします。
Celebration100_0316.JPG

げきぴあバックナンバーでも、オフショットを掲載していますので併せてご覧ください。
Vol.1 ★Vol.2


まずは出来上がった写真をどうぞ...。
Celebration100_0300a.jpg
テイストは同じながら、少しずつ異なる衣裳も、それぞれの個性が出ていて、素敵~!
男役・娘役関係なく、"今"のスターの皆さんがもっとも輝くドレス、だと思いませんか?
そして、これだけの元トップスターが揃うと、圧倒されるゴージャスさ!!


取材陣が伺ったタイミングは、杜けあきさんの撮影でした。
背景は数通りあったのですが、こちらはレッドカーペット・バージョン。
ゴージャス感もアップですね。
Celebration100_0310.JPG

上から見るとこんな感じ!
結構、長さのあるカーペットが敷かれています。
「歩いている感じで?それとも止まってポーズ?」と、スタッフに確認をする杜さん。
Celebration100_0311.JPG

レースの角度などはその場で調整されていきます。
Celebration100_0312.JPG

撮影されたカットも、すぐにPCで確認。
顔の向きはこちらの方が...等々、画面を見ながらご本人・スタッフの皆さんが意見を出し合っていました。
Celebration100_0314.JPG

それにしても、どんなポーズも素敵に決まります~!
このキマり具合、さすが元宝塚スター!
Celebration100_0315.JPG

そんな杜さんに、少しお話もお伺いしました。


――いよいよ宝塚創立100周年がやってきますね!杜さんは〈TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY〉の第1弾『DREAM TRAIL』と、昨年末の『DREAM, A DREAM』にも出演されていましたが...。

「"何事三度"と言いますが、3回目の出演が100周年ドンピシャになりました。キリもよくて幸せですし、自分自身も、おそらくお客さまもそうだと思うのですが、年々興奮度が増していっています。1年ごとにますます宝塚の凄さを実感しますし、ますます宝塚への愛が膨らんでいます」


――でも、卒業生も一体となって、100周年を祝える宝塚、というのは、やはり素敵ですね。杜さんにとっては宝塚はどんな場所ですか?

「やっぱり"ふるさと"であるというのは一番です。あとは、宝塚って夢の世界と言われるけれど、私にとっては超・現実、リアルな居場所。そういうことも含めて、ここはやっぱり永遠の世界という思いが非常にしています」



今回のステージは、キャスト、さらにオーケストラを併せると1ステージ総勢50名に及ぶ出演者が居並ぶ、豪華なものになるそう。
そして『ベルサイユのばら』『エリザベート』『風と共に去りぬ』等々、数えきれない名作が生まれ、そして後世に受け継がれている宝塚ですが、そんな名作の名場面、名曲、ダンスシーンを盛り込んだ内容になるそうで、あの人が演じるアレが観られるかしら、あの人のあのナンバーが聴けるかしら、と期待が高まります!
(A日程→『ベルサイユのばら』、B日程→『エリザベート』、C日程→『風と共に去りぬ』、のコーナーがあるそうですよ)

なお、杜さんと前後してスタジオ入りしていたのは高汐巴さん
最後に、こちらの掲載許可もいただきましたので、併せてどうぞ!
Celebration100_0320.JPG


公演は
5月18日(日)~6月8日(日) 青山劇場(東京)
6月24日(火)~30日(月) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)
にて行われます。
チケット一般発売は
東京公演は3月15日(土)、大阪公演は4月6日(日)です。


東京&大阪公演 先行抽選販売受付中!

★いち早プレリザーブ(有料会員向け)
【受付期間】2/2(日)11:00まで受付中

★プレリザーブ
【受付期間】1/31(金)11:00~2/4(火)11:00


チケットぴあでは<オリジナルチケット>での販売もアリ。
オリジナルチケットでの販売は、インターネットの先行販売のみ対象です。
また、S席のみの販売となります。
お申込み時に、<公演オリジナルチケットS席>とタイトルに入っている興行を選択の上、ご購入ください。
デザインの詳細は「Vol.2」をご覧ください。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7481

前の記事「柿喰う客・七味まゆ味ブログvol.2 「初日の朝!公開ゲネプロも張り切って調整して参ります!!!」」へ

次の記事「柿喰う客・七味まゆ味ブログvol.3 「世に産み出された、世迷言。」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ