"タカラヅカ愛"に溢れた祝祭的ショー、『DREAM,A DREAM』上演中

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

【チケットぴあニュース】

宝塚OGの豪華共演で、宝塚の素晴らしさを改めて感じるステージ『DREAM,A DREAM』 

2014年に創立100周年を迎える宝塚歌劇団。"小さな湯の町宝塚"から生まれた少女歌劇団は、100年の間に日本を代表するエンターテインメント集団になり、同時に多数のスターを輩出した。そんな宝塚の卒業生による、宝塚歌劇へのオマージュを込めた作品〈TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY FINAL〉『DREAM,A DREAM』が10月12日、東京・東急シアターオーブにて開幕。トップ経験者は、レギュラー出演する鳳蘭、峰さを理、剣幸、杜けあき、安寿ミラ、湖月わたる、彩輝なお、朝海ひかる、紫とも、星奈優里、彩乃かなみ、紫城るい、初風諄、麻路さき(ゲストピアニスト)のほかにも日替わりで多数ゲスト参加。計22名の元トップスターが名を連ね、それ以外の出演者もすべて宝塚OGという、豪華絢爛なショーだ。01_IMG_3804.JPG02_IMG_4492.JPG 
ステージは3部構成で、1幕は、パリをテーマにした楽曲や、ロケットダンス、背負い羽、シャンシャンなど、宝塚らしい要素が満載のレビュー。2幕ではジャズをメインに一気にクールになるとともに、歌を得意とするスターは歌い、ダンスを得意とするスターは思い切り踊る、出演スターたちの個性が際立つ内容に。そして3幕では、こちらも宝塚ならではの"日本物のショー"から、ゲスト出演者が懐かしのナンバーを歌うシーンなどが綴られていく。
03_IMG_3842.JPG04_4463s.JPG05_IMG_4040.JPG
「タカラヅカといえばあの曲は外せない!」「あの曲を歌うあのスターを見たい!」そんなファンの願いが多面的に織り込まれたような夢のショーで、どの瞬間を切り取っても豪華で見ごたえ充分。だが、やはり経験を重ね、より芳醇になったスターたちの存在感は、宝塚の舞台とは違う魅力だ。"宝塚のスターである"という枠組みから解き放たれ、自由に個性を迸らせるOGたちの姿を味わい深く感じるとともに、そのスターを育てた宝塚という土壌の豊かさにも思いを馳せずにはいられない。宝塚のショーとは確実に違う魅力を放ちながらも、唯一無二の存在"宝塚歌劇"の素晴らしさを改めて感じるステージだ。
06_IMG_4656.JPG07_IMG_4800.JPG
 
初日前日の11日には、鳳、峰、剣、杜、安寿による会見も行われた。「皆さんの出演場面を見て、宝塚って改めてすごいなと感じると同時に、100年の歴史、そして明日へのステップも感じています」(剣)、「本当にスペシャルなトップスターの方々が毎日日替わりで出てくださるので、袖では私たちもキャーキャー言って楽しんでいます」(杜)等々、作品の魅力と自信を口々に語る。さらに鳳は「この100周年の時期にこうやって元気に舞台に立てていることがとても幸せ。(卒業してから)いろんなことがあったけれど、全部忘れて、あの頃と同じになっています。タイムマシーンに乗っているみたい」と笑顔で話していた。
08_IMG_3904.JPG09_IMG_4868.JPG
 
公演は10月27日(日)まで同劇場にて。その後11月2日(土)から17日(日)に大阪・梅田芸術劇場 メインホールでも上演される。チケットはともに発売中。なお、東京公演は「チャヤマクロビ」付、特典映像付、大阪公演は特製ドリンク付、バックステージツアー付の特別チケットも発売中。



以上、「チケットぴあニュース」でも配信した記事ですが、げきぴあでは初日前日に行われた囲み取材の模様をもう少し詳しくお伝えいたします。

囲み取材の出席者は、鳳蘭峰さを理剣幸杜けあき安寿ミラの5名。
開幕を目前に控えた心境は、それぞれ...

鳳さんは「宝塚100周年にふさわしい、私たち卒業生の素晴らしいレビューができたと思います。ぜひご覧ください!」と自信のコメント。
01_3675.JPG

「お稽古の時はとても大変でしたが、やっと楽しくなりつつありました。みんな本当に和気藹々としていますし、とても楽しい舞台になると思います。ぜひご期待ください」と峰さん。
02_3687.JPG

剣さんは「自分が出ていることを忘れてしまうぐらい、いつもお稽古場で皆さんの場面を見て、宝塚ってやっぱり改めてすごいなと感じるとともに、100年の歴史を感じました。皆さんの姿が懐かしいなあと思うと同時に、明日へのステップ...、200年300年へ向けての希望みたいなものも見ていただけると思います」
03_3682.JPG

杜さんは「宝塚を卒業してから20年、30年と経っているにもかかわらず、宝塚の時のようなダンスや出番があって、本当にハードな舞台なんですけれど、やればできることに...やれているかどうかわからないんですけれども(笑)。体力勝負で、OGみんなで頑張りたいと思っております」と意気込み!
04_3709.JPG

「稽古は大変でしたが、出来上がったものを見ると早く皆様に見ていただきたい気持ちでいっぱいです」と安寿さん。
05_3683.JPG


それぞれの見どころとしては、
「私は、何年ぶりかの男役をぜひ見ていただきたい...恥ずかしい!(笑)」という鳳さん、
峰さんは「2幕の頭に「ジャズの誕生」というシーンがあるんですが、そこで私、もりちゃん(杜)、ウタコさん(剣)の3人が、ディーバ...歌の女神というお役を頂きまして、とても難しい甲斐先生のジャズ曲を歌っております。その3人の素晴らしいハーモニーも、ぜひ、ですね!」と言ったところで、剣さんが「3人のディーバというかバーバというか(笑)」

そんな剣さんですが、「私は個人的に同期生の大浦(みずき)が卒業してから歌っていた歌を歌わせて頂きます。一緒に、100周年を迎えているような気分です」と少々しんみりと...。

杜さんは「久しぶりに、宝塚は日本物も財産のひとつだと思うのですが、今回は峰先生の振付で日本物の場面があります。宝塚を卒業してから初めて、白塗りをして若衆姿をさせていただいていることが自分の思い出にもなりますし、きっとこれが一生で最後。ですのでそこを見ていただきたいです」

安寿さんは「先ほどの3人の素晴らしいコーラスの方たちのバックで踊らせて頂いております。それと「幸福を売る人」という曲で、濃い鳳さんの後に、(鳳・大笑い)一番薄い私が出るのでその落差も見て頂けたらと思います(一同・笑)」と話していらっしゃいました。
見どころのアピールだけでも、バリエーション豊か!


そして、このステージを作りあげるに際し、改めて感じた宝塚の思いを問われた皆さん。

「私はもう、たくさんの可愛い妹たちがいるような気がしています...ひとりだけ姉がいますが。宝塚って本当にそういう、"同じ釜の飯"じゃないけれどそんな感じです」と鳳さん、

そして「私はツレちゃん(鳳)の顔を見ると、星組時代の幼い研2の頃の峰にすぐに戻ってしまう自分がいるんですが、若い人たち、ダンサーの人たちのダンスとかを見ていると、やっぱりすごいんだなー宝塚って、とつくづく宝塚の良さを感じました」と峰さんが話したところで、しばし沈黙の時間が流れてしまい、
「順番順番、次は!?」と言う鳳さん。

すると剣さん、「こういうところが(笑)...いくつになっても上級生順で、「順番」っていうのがすごいなと思いますけれども」と苦笑しながら、「日本物もありますし、私は、ツレさんがトップの時に初舞台を踏ませていただいたので、もうその方と一緒に同じステージに立っていられるというのが非常に不思議だし、嬉しいし、あの生「セ・シャルマン」を横で聞けて、誰よりもファンのようにはしゃいでしまいました。そういうことを皆さんと一緒にできるというのが、やっぱり宝塚の良さなのかなとつくづく思っています」

そして杜さんは「毎日本当にスペシャルなトップスターの方々がゲストとして日替わりで出てくださるので、もう袖では私たちもキャーキャー言って見ているぐらい。そういう楽しみもあって、本当に宝塚の層の厚さとすぐ下級生に戻れる自分たち(笑)にも笑いながら、楽しく過ごしたいなと思います」

安寿さんは「現役時代には、(この4人と一緒に)ここにいることも考えられないようなシチュエーション。それでもやっぱり稽古場でも本当に皆さんお優しくて、温かくて、下級生も可愛くて、本当にこのメンバーがひとつになっているなと思っていました」と話していました。
00_3671.JPG


公演は、
10月27日(日)まで 東急シアターオーブ(東京)
11月2日(土)~17日(日) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)
で上演されます。
チケットはともに発売中です。

チケット情報はこちら


▼ 鳳蘭

10_3992.JPG

▼ 峰さを理

11_3740.JPG

▼ 剣幸

12_3772.JPG

▼ 杜けあき

13_4494.JPG

▼ 安寿ミラ

14_4350.JPG

▼ 湖月わたる

15_4688.JPG

▼ 彩輝なお

16_4292.JPG

▼ 朝海ひかる

17_4300.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7351

前の記事「最終幕で益岡徹が魅せる! 『ショーシャンクの空に』稽古場潜入レポートvol.2」へ

次の記事「舞台のウラ話from 水木英昭プロデュース&曾我泰久「眠れぬ夜のLoveストーリーズvol.1」 vol.7」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉