劇団四季ミュージカル『異国の丘』、上演回数500回を達成

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■劇団四季創立60周年 特別連載■


劇団四季『ミュージカル異国の丘』が6月21日、通算公演数500回を達成した。Shiki_60th1601.jpg

『異国の丘』は、劇団四季が昭和という時代と、戦争の悲劇に正面から向き合い作り上げたオリジナルミュージカル"昭和の歴史三部作"のひとつで、2001年に初演。シベリア抑留をテーマに、日中和平工作に奔走した時の首相令息の数奇な人生を綴った物語だ。現在は劇団創立60周年記念企画として四季劇場[秋]にて上演されている。
Shiki_60th1602.jpg

この日はカーテンコールで出演者が挨拶。劉玄役の青山裕次は「2001年に初演いたしましたこの『ミュージカル異国の丘』は、本日この公演をもちまして、通算公演回数500回を迎えました。これもひとえに、お客様お一人お一人が、作品を育んでくださったからこそと、出演者、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです」と謝辞を述べ、「戦後68年。歳月は、あの戦争があったことさえも忘却させていきます。しかし、決して風化をさせてはなりません。劇団四季は、これからも作品を通して、昭和の歴史の実相をお伝えしていきたいと考えております。どうぞ今後ともご支援くださいますようお願い申し上げます」と、さらなる決意を話していた。

公演は7月13日(土)まで。チケットは発売中。

チケット情報はこちら
Shiki_60th1603.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7106

前の記事「信頼あり、友情あり!『二都物語』井上芳雄&浦井健治インタビュー」へ

次の記事「舞台のウラ話from 水木英昭プロデュース「SAMURAI挽歌III~ラストサムライCode.J~」  vol.10」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ