文学座 vol.11  from 佃典彦

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

祐子さま

いよいよ本番ですね。
劇作家ってのは自分の脳ミソの中で勝手に面白いと思ったり、
勝手にこの俳優で遊んでみたいと思ったり、勝手に意地悪して
みたりと本当に勝手気ままな職業です。
今回も「文学座の俳優なら何でもすぐに出来ちゃうだろう」って勝手な思い込みで手品をやらせたり・・・さぞかし大変な稽古期間だったと想像します。

しかし本番ってのは必ずやって来るもんなんですよねぇ。
歌の文句じゃないけれど「稽古不足を幕は待たない」って感覚は僕なんか毎回身に沁みて感じます。

寒くなってきましたから役者の皆さん、風邪ひいたりしないようにお願いします。
それでは4日、アフタートークも含めまして楽しみにしています!

             佃典彦

☆このブログは作・佃典彦と演出・松本祐子のふたりによる往復書簡という形で書いています。


劇団ホームページ http://www.bungakuza.com/
タネも仕掛けもブログ http://ameblo.jp/bungakuza-tanemo/

bungakuza09.jpg


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6539

前の記事「猫のホテル「峠越えのチャンピオン」 vol.11  from いけだしん」へ

次の記事「Unit Blueju第5回公演「甲斐のくのいち ~もう一つの風林火山~」 出演者動画コメント第二弾到着!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ