『ルドルフ』初日囲み取材レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■集中連載『ルドルフ ザ・ラスト・キス』 第11回■

新生『ルドルフ ザ・ラスト・キス』
、7月5日(木)に開幕しました!
同日開幕直前に、出演者4名が囲み取材に応じました。
今回はそのレポートです。Rudolf2012_1101.JPG初日のカーテンコールで、井上さんが「スリリングな初日」と言っていましたが(その模様はオフィシャルHPをどうぞ)、その「スリリングさ」が会見でもにじみ出ていました(笑)。
そして、それを超えるキャスト陣の「やってやる!」感も...!

まずルドルフ役の井上芳雄さん。
「すごく密度の濃い稽古をずっとやってきましたが、劇場に来てさらにものすごく素晴らしいセットと、スタッフさんの力を借りてギリギリまで作業しています。本当にみんなの力がひとつにならないと成功しない、すごい緊張感ですけれど、これが全部あわさった時には素晴らしいものをお見せできると思うので、すごく興奮しています」Rudolf2012_1102.JPG
マリー・ヴェッツェラ役の和音美桜さん。
「私たちがお稽古場から作り上げてきたものが、この劇場に入ってスタッフさんの力と合わさってさらにパワーアップしました。それをお客さまにお見せしたときに、さらに新たな化学反応を起こせたらいいなと思います」Rudolf2012_1103.JPG
一路真輝
さんはラリッシュ伯爵令嬢役。
「私個人としては、とても久しぶりに帝国劇場に出させていただきますので、舞台稽古をしながら劇場の空間を改めてかみ締めています。この劇場に出られる幸せを感じながら、『ルドルフ』というこの素敵な、ちょっと今までのミュージカルとは雰囲気が違った大人っぽい世界に身を置けることを非常に嬉しく思っています」Rudolf2012_1104.JPG
皇帝フランツ・ヨーゼフ役の村井國夫さん。
「僕は、長いあいだ帝国劇場に出させていただいていますが、こんなにスタッフが多い芝居は久しぶり。それほどタイトでスリリングな場面転換とスタッフワークがとても大事な作品です。毎日スリルを味わいながら稽古してますが、それがひとつになった時、ものすごい力を発揮するのではと思っていますし、井上芳雄がだんだん男っぽくなって...いやほんとに(笑)。今回は特に一緒にやっていて「男」を感じさせるのでとても楽しみです」Rudolf2012_1105.JPG
稽古も大変だったそうですね、と振られた出演陣。
「今回はウィーンでやったバージョンなんですが、セットもほとんどウィーンから持ってきていて、向こうでは何週間もかけてセッティングするものを日本では3・4日でやっているので...」
と、井上さん。
最初の挨拶で皆さんが「スタッフの力が」と口を揃えた理由が判明です。

「予定通りものが運んだことはほとんどない...」と一路さんもポロリ。

しかし
「でも何か大きなことをやる前には、やっぱり困難は必ず伴うと思う。演出のルヴォーがすごい信念でみんなをひっぱってくれているので、それに僕たちは信じてついていっています」
と井上さんが力強く語っていました。
一路さん、村井さんも「いつも以上にやりがいがある」とのこと。


また、キスシーンが多いという今回の『ルドルフ』。
「舞台上でお前ら何度キスすんのかっていうくらいずっと(ルドルフとマリーは)キスしてるんです。そりゃ好きになりますよ。それだけキスしてれば、ねえ?」と村井さん。Rudolf2012_1107.JPG井上さんも「キスの見本市になってます(笑)。段階を経たキスなんです。最初っからバンバン(キス)してるんですけど、最初はおでこにしよう、次ちょっとしたフレンチ・キス、次はがぶっと、ってルヴォーが。サブタイトルが「ザ・ラスト・キス」なんで、ラストキスにむけてすごいですよね」

村井さんは稽古場から「羨ましい」を繰り返していたそうです(笑)。一路さんがバラしていました。

そんなキスがたくさんな舞台、井上さんが「ルヴォー自身すごくセクシーな人なんですけど、舞台もそう(セクシーに)作ってあるので、今までの帝劇にはあまりなかったような雰囲気の舞台になっています」とアピールしていました。Rudolf2012_1108.JPG
最後に井上さんが「とにかくスリリングな状態で初日を開けようとしていますが、でも、ルヴォー自身も、この作品もとても高いところを目指しているんだと思うんです。なので要求も厳しいですし、自分たちがやらなきゃいけないことも本当にレベルの高いことだと思うんですが、それに必死にくらいついてずっと稽古をしてきました。キャスト・スタッフ一丸となってさらにその高みを目指そうとしているので、また内容としても究極の愛というのがテーマになっていますので、愛の高みも、どちらも体験しに帝劇にきていただければ嬉しいなと思います」とご挨拶して囲み取材は終了。Rudolf2012_1109.JPG公演は7月29日(日)まで、東京・帝国劇場にて行われます。
チケットはチケットぴあにて発売中です!
下記のお得なチケットもご利用ください。


■■(1)ペア割■■

【対象公演日】
7/14(土)17:30
7/15(日)12:30
7/16(月)13:30
7/17(火)13:30
7/28(土)12:30
7/28(土)17:30

【席種】
・S席(ペア割)1名-7500円 ※通常S席-12500円
・A席(ペア割)1名-4000円 ※通常A席-8000円
 ※2枚セットでの販売となります。

【発売開始日時】
発売中


■■(2)お弁当付きチケット■■

【対象公演日】
7/19(木)18:30
7/21(土)17:30
7/24(火)13:30
7/24(火)18:30
7/26(木)13:30
7/26(木)18:30

【席種】
S席(お弁当付き)-9500円 ※通常S席-12500円

【発売開始日時】
発売中


チケット情報はこちら

Rudolf2012_1106.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6112

前の記事「演劇集団円 vol.02  from 森新太郎」へ

次の記事「デス電所「神様のいないシフト」  和田俊輔 vol.12」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉