小説家、平野啓一郎による新訳『サロメ』が新国で開幕!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

☆かねこのぶろぐ☆


5月31日(木)に、東京・新国立劇場で開幕した『サロメ』。
初日の舞台をご覧になった方は、さぞや度肝を抜かれたのでは?!

今回、小説家の平野啓一郎さんが現代語で新訳した『サロメ』は、これまでの官能的で肉感的な女性として描かれてきたサロメを、清純なイメージ、若くまっすぐな性格の新しい女性として描いています。
そのサロメに扮するのが多部未華子さん。
多部さん、舞台は2010年の『農業少女』(作:野田秀樹、演出:松尾スズキ)以来、本作で2度目なのですが、"無邪気さゆえの残酷さ"を見事に体現してました!
『デカワンコ』の印象が強い方は、すっごい多部ちゃんの一面に驚くかも。

また、演出の宮本亜門さんも、今回の舞台には相当気合が入っているようで、開幕前に行われた会見のコメントは熱かったですよ~。

『サロメ』会見の模様はこちらでご紹介しています→@ぴあニュース

サロメと対立するへロデ王役の奥田瑛二さんは、稽古場で苦戦されていた様子。
会見では「どうしたらいいか、大変ですよこの芝居。(開幕を)喜びながらも、逃げたい気持ちです」と複雑な心境もチラり。
多部さん曰く「話しかけられないオーラがあった」とか。
それを聞いた奥田さん「開幕したら大丈夫だから」とおっしゃってました。

gekipia0601.jpg

さて、一体どんな舞台なのか気になりますよね。
百聞は一見に如かず、先日行われたゲネプロの舞台写真を一部公開します!

手前がヨカナーンを演じる成河(ソンハ)さん。舞台中央が多部さん。
gekipia0601-02.jpg

奥田さんが着ている赤い上着の背中の柄にも注目!←舞台でね。
gekipia0601-03.jpg

紫のドレスが素敵な麻実れいさん。
王妃ヘロディアを演じます。
gekipia0601-04.jpg

☆チェックポイント:衣裳はヨウジヤマモトからの提供です。

<ものがたり>
舞台はエルサレム、ヘロデ王の宮殿。
サロメは王妃ヘロディアの娘で、ユダヤ王ヘロデは義父。
ヘロデはサロメの実の父である兄を殺し、ヘロディアを妻としていた。
宴の席で、ヘロデ王に見つめられていたサロメがテラスに逃れると、地下の井戸から預言者ヨカナーンの声が聞こえてきた。
サロメは興味をもつ。
テラスではヘロデ王がサロメに踊って見せろと命ずる。
サロメはその代わりにヨカナーンの首を要求するのだった。

セリフが現代に合わせて書かれているのと、白を基調としたセットも現代的なので、どこかのセレブのお宅で繰り広げられているかのように、遠い過去の話ではなく、いま起きていることのように感じられます。
その分、ラストシーンは衝撃的に感じるかもしれません。

上演時間は約1時間40分とコンパクトですが、非常に濃厚な舞台です。
公演は6月17日(日)まで。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/5989

前の記事「クロムモリブデン「進化とみなしていいでしょう」 森下亮 vol.2」へ

次の記事「表現・さわやか『ロイヤルをストレートでフラッシュ!!』 vol.03  from 佐藤真弓」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ