ベッド&メイキングス プロフィール

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

福原充則(ふくはら みつのり)

1975年6月8日生まれ。神奈川県出身。02年、ピチチ5(クインテット)を旗揚げ、主宰と脚本・演出を務める。また「産卵シーズン」、「ニッポンの河川」なるユニットを立ち上げ、3劇団をかけもちする節操のない活動を開始。生活感あふれる日常的な光景が、飛躍を重ねて宇宙規模のラストまで結実するような物語作りに定評がある。笑いの中に散りばめられる文学的なセリフと、大胆な演出上の"仕掛け"が持ち味。

09年2月には宮崎あおい主演による「その夜明け、嘘。」(09年岸田戯曲賞候補)の脚本、演出を担当し、20数役をわずか3人で演じわける独創的なスタイルで注目を浴びる。以降、要潤主演の「サボテンとバントライン」などの話題作を次々と発表。最新作の舞台「美男ですね」(赤坂ACTシアター他)では、初の大ホールに進出。その演出手腕は高い評価を受ける。

舞台はもちろん、映画やドラマにもファン層を広げ、オリジナリティー溢れる野心的な作品を作り続け、演劇界のみならず各方面から「今一番一緒にモノ創りをしたいクリエイター」と評される人物。次代を牽引する最も重要な劇作家のひとりに挙げられている。

富岡晃一郎(とみおか こういちろう)

1978年1月1日生まれ。東京都出身。
阿佐ヶ谷スパイダースをはじめ、劇団公演、プロデュース公演など舞台を中心に幅広く活躍。少年の硬質さと、犬顔の人なつこさをあわせ持ち、不思議な設定の役にもリアリティを生み出す。
主な出演舞台は、『太平洋序曲』(演出:宮本亜門)、『小さな恋のエロジー』(作・演出/江本純子)、『NIGHT BALLET』(脚本/山中隆次郎・演出/岡村俊一)、『ほたるのばか』(作・演出/江本純子)、『サボテンとバントライン』(作・演出/福原充則)、『例』ムロ式(作/福田雄一 筧昌也 ムロツヨシ 演出/ムロツヨシ)、『二死満塁の人々』 (作/故林広志 演出/福原充則)、やなぎみわ演劇プロジェクト「1924 海戦」など多数。


ベッド&メイキングス
脚本家・演出家の福原充則と、俳優・富岡晃一郎によって旗揚げされることとなった劇団。「サルでもわかる哲学」をテーマに、矛盾だらけの世の中を、ちょっとだけ生きやすくすべく立ち上がった照れ屋の理想主義者、二人組!そこそこイイ年齢!

【最新公演情報】
「墓場、女子高生」
作・演出:福原充則
出演:出演:安藤聖 吉本菜穂子 町田マリー / 松本まりか
佐久間麻由 亀田梨紗 下城麻菜 岸井ゆきの 岩本幸子 /
川本直人 植本潤 / 富岡晃一郎
公演期間:2月1日(水)~5日(日) 座・高円寺1
(第4回演劇村フェスティバル 参加)

公式サイト
公演詳細ページ


bedandmakings_profile.jpg


チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/5563

前の記事「今週末より開幕! Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~」へ

次の記事「ベッド&メイキングス vol.01  from 富岡晃一郎」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉