はえぎわ ノゾエ征爾 vol.14

| トラックバック(0)

鳥島明でござあます!

haegiwa13.jpg

5、6年前、

はえぎわの劇団員募集オーディションを開催したことがあった。

その会場に遅刻して現れたのが鳥島明であった。

そのオーディションの最後に、特技がある人いますか?と聞くと、

鳥島明がピっと手をあげた。

お、遅刻の彼、挽回をしてくれるんだな?

鳥島明は、「餅を飲みます」と言って、餅を飲み始めた。

本物の餅ならばまだ凄いかもしれないが、勿論エアー餅だ。

口をモグモグしているばかりで、何をしているのかさっぱり分からなかった。

とっても気になったので、二次選考に残ってもらった。

二次選考では、用意した台本をやってもらい、彼はラストで大切な役割を担っていた。

血糊を口の中で割って出すという簡単なものだったのだが、

さあ、皆で2時間程で作った作品の、いよいよラスト...!

さあ、鳥島くん、口から血を...!口から血を...!

鳥島:口をモグモグ

ん...?お...?さあ、血を...!

鳥島:口もモグモグ

お、ん?空気がだんだん冷めて来ちゃったぞ?さあ、鳥島くん、血を...!

鳥島「すいません、割れません」

ズズーーーン...


にしてもこの存在感はなんなのだろう。

その夜、餅を飲む彼が夢にまで出て来る始末。

残す他なかった。

その後彼は、一回のお試し公演を経て、川上友里と共に、晴れて仲間に加わることとなった。

その後も彼の、誰にも真似できない存在感は色褪せることがない。

以前花見をした時、今日は弾けますよ~と言って、日本酒を飲み始めた彼。

一時間経てど、一切弾ける様子のない鳥島くん。

ふと気付くと、仰向けになって静かになっていた。

どうしたの?

さっき吐きまして...。

彼はそのまま帰っていったのだった。

むーん。

必ず何かを残していく。

二年ほど前。

はえぎわでは、多くの出番をあげれていなかった彼のために、真夜中企画で二人芝居を用意した。

とっても面白い彼がそこにいた。

その時ようやく初めて思った。

鳥島くんを劇団員にして良かった。

その前の3年間は、ごめんなさい。笑。

そして、今。

彼の存在感は、未だ色褪せないどころか、、、

私鳥島明、輝きでござあます!

チケット情報

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/3190

前の記事「ミュージカル『三銃士』、みどころ紹介」へ

次の記事「舞台のウラ話 from 水木英昭プロデュース 亀井理那 vol.8」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ