芸劇eyes vol.07 東京芸術劇場 広報担当

| トラックバック(0)

げきぴあ「芸劇eyes番外編 演出家リレー連載」をご覧の皆様、こんにちは。東京芸術劇場 広報担当です。

 おかげさまで、昨日6月27日(月)、芸劇eyes番外編『20年安泰。』は無事、千秋楽を終えることができました。ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!
 2009年7月に野田秀樹が芸術監督に就任して以来、劇場から積極的にアートを発信していこう!ということで、話題作から海外作品、芸劇らしからぬ⁉エッジな作品までさまざまな自主公演を行ってきましたが、今回の『20年安泰。』では20代という非常に若い演出家の皆さんが率いる団体と公演を行うことができました。ジエン社、バナナ学園純情乙女組、範宙遊泳、マームとジプシー、ロロの5団体と芸劇が初めて打合せをしたとき、外見からして自分との年齢差を実感しましたが(笑)、それ以上に、これまで接してきた演劇とは違うものが見られそう!という期待を抱いたことを覚えています。なんというのでしょうか、5人から漂ってくる気配みたいなものが、これまでになじみある演劇人とは異なる感触というか。この5団体をコーディネートしてくださった演劇ジャーナリスト・徳永京子さんの眼力に、早くもうならされました。
 リハーサルをみたとき、期待にたがわず、5団体とも実に個性的な作品を見せてくれている!と、うれしくなりましたが、どの団体にとっても今回の客席はいつもと違うはず。お客様の反応はいかに⁉とドキドキの初日でしたが、高校生からご年配の方までかたずをのんで舞台を注視していらっしゃいました。観劇後の反応もあたたかく、とても励みになりました。厳しいご意見をくださった方も含めて、これからの演劇界を一緒に考えていく同志のような気持ちです。本当にありがとうございました!
 お気に入りのカンパニーが見つかった方は、ぜひとも彼らの本公演に足を運んでください。日程の早い順からご紹介すると、マームとジプシーは7月に北海道、8月に横浜、範宙遊泳とロロは8月、バナナ学園純情乙女組は10月、ジエン社は年明けの1月に公演を予定しています。たくさんの方に応援していただければ、その分若手カンパニーは成長します。ぜひ今後の彼らにもご注目ください!

   ロロ『夏が!』 撮影:田中亜紀
geigeki14.jpg

  範宙遊泳『うさ子のいえ』 撮影:田中亜紀
geigeki15.jpg

  ジエン社『私たちの考えた移動のできなさ』 撮影:田中亜紀
geigeki16.jpg

  バナナ学園純情乙女組『【バナ学eyes★芸劇大大大大大作戦】』 撮影:田中亜紀
geigeki17.jpg

  マームとジプシー『帰りの合図、』 撮影:田中亜紀
geigeki13.jpg

 と、ここで......、1週間私を悩ませてきた問題に取り組みます。前回のバナ学・二階堂さんからの質問。「アイズ参加団体の主宰者の中で紅一点のわたしですが、次の戦隊ヒーローものに私達主宰5人がキャスティングされた場合、どんなタイトル、キャッチコピーを書きますか?」
 二階堂さんの原稿を読んで以来、このお題が頭から離れず、ずーっと悩み続けました。さすがは50人のメンバーを率いる女、人心掌握術に長けていますね(恨)
 こんなんでどうでしょう。

 暗黒のピュア戦士 バンガイダー
 トクナガキョーコーに選ばれし5人の戦士たちよ、変革せよ、何かを。結果的に。

 私の中では、5人の主宰さんたちはこんなイメージです。紅一点の二階堂さんは、いつものセーラー服でご出演ください。すでに戦闘服なので。

 これにて、芸劇eyes番外編リレー連載終了です! 最後までお読みくださった皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/3194

前の記事「舞台のウラ話 from Blueju 演出家 みえりんご vol.1」へ

次の記事「コンスタンス役、和音美桜さん動画メッセージ」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ