『レ・ミゼラブル』チャリティーコンサート レポート(2)

| トラックバック(0)

■『レ・ミゼラブル』の魅力(5)■

チャリティーコンサートのレポート、後半です。
スペシャルキャストに続いて、現キャストの方へのインタビューです。
00peoplessong.jpg

「野口五郎さんと僕、同い歳なんですよ」というテナルディエ役・三波豊和さんは「あの方は初回からやっていて、同い歳の僕がジョン・ケアード版最後をやらせていただくというのが感無量」と話していました。
04minami.jpg
ジャベール役のKENTAROさんはこの日誕生日だったそうで、『ハッピー・バースデイ』の歌が自然発生。
02kentaro.jpg
「僕たちはここから元気を届けていきます」と今さん。
02kon.jpg
石川禅さんは「(一幕のコンサートで)あまりにも感動しすぎて、自分が一番ご褒美をもらったような気持ち」とご挨拶。石川さんはジャベールとしては楽を迎えてしまいましたが、この後スペシャル・キャスト公演でマリウス役として戻ってきます!
02ishikawa.jpg
阿知波さんは「こういう形で初演の方々とお会いするとなんだか不思議な気持ちになりました。ずっと繋がっているもんなんだなって改めて思いました。大きなことはできなくても、どうかすぐお隣の人に手を差し伸べるということを心に思っていただければ」。
03achiha.jpg
こちらはコゼット3人組、左から折井理子さん、稲田みづ紀さん、中山エミリさん。
折井さんの「今日ここにいる皆様は、(この日のチケットが)すごい倍率だと訊きましたので、きっと粘り強くあきらめない、そして強運の持ち主だと思っています。わたしも絶対にあきらめないで前を向いて、この熱き鼓動を被災地のみなさんにお届けできるよう精一杯頑張ります」というご挨拶が印象的でした。
05cosette.jpg
そして途中で言葉につまって(というか迷って?)しまったエポニーヌ役・平田愛咲さんの肩を抱く中山エミリさん。このふたり、会見のときからなんだか仲が良さそうでした。
中山さんは「自分って役にたたないなと悔しい思いをしていたのですが、今回こうやってチャリティーコンサートに参加できて、ひとつでも一緒に自分も参加できたということに感謝しています」と感謝の言葉を。
06hirata.jpg
ジェニファーさんは「日本語あまり上手じゃないから、英語でしゃべっていいですか」と英語でご挨拶。別所さんが通訳してくれたのですが、「今日こうやってステージに立てることが本当に光栄です。...ってそれぐらい日本語で言えるだろう!」というツッコミもありつつの通訳でした。
06jennifer.jpg
こちらはアンジョルラスおふたり。左から上原理生さん、阿部よしつぐさん。
上原さんの「今日、エピローグを歌いながら、震災・津波で亡くなられた方々が、エピローグの歌詞のように天国で幸せに笑顔で暮らしてくれていること祈っていました」という言葉が沁みました。
07enjolras.jpg
ファンテーヌのふたり、和音美桜さんと知念里奈さん。
このふたりも仲がよさそうです。1幕のコンサートでは、出番でない、後ろの椅子で控えているところで並んで一緒に口ずさんでいたりして、微笑ましかったです。
08fantine.jpg
マリウス役3人組。左から山崎育三郎さん、原田優一さん、野島直人さん。
このあたりで時間が押しているとマキが入り、駆け足のご挨拶になってしまい、早口で言った原田さんは「感情がこもってない!」とダメだしされたあげく、「何言おうとしたのか忘れちゃった!」。
09marius.jpg
そしてまだ本番を迎えていないコゼット役・神田沙也加さん、エポニーヌ役・笹本玲奈さんも駆けつけました。
10sasamotokanda.jpg
最後にバルジャン4人衆。
「自分たちにできることは舞台を作ること。日々誠実に、いまは『レ・ミゼラブル』に毎日、丁寧に挑みたいと思っています」と吉原さん。
01yoshihara.jpg
今井さんは「先ほどスペシャルキャストの『ワン・デイ・モア』を聴いて、私はあの方たちの声をきいて育って、あの方たちのおかげで今があるんだと思っています。...でもスペシャルキャスト公演でバルジャンをやるのは私で、鹿賀さんではありませんので...(笑)」。
01imai.jpg
別所さんは「被災地の方でもこのレミゼのチケットをお買い求めになって、楽しみになさってた方、実際に劇場に足を運んでくださってる方もいらっしゃいます。そういう方たちにほんとうに僕たちが勇気付けられてるように思います。みなさんとこの力をわかちあって最後まで素晴らしい舞台にしたいと思います」とご挨拶。
01bessho.jpg
最後に山口さんは、ノーマイクで「本日は皆様方のあたたかいご支援で、このコンサートを開催することができましたー!私ども一同感謝の気持ちでいっぱいです!」と劇場中に生声で感謝の言葉を伝えていました。
01yamaguchi.jpg

その後、出演者が提供した品々によるチャリティー・オークションが開催。

こちらには、ガブローシュ君3人からのエコ・バッグや...
11d.jpg
岡さんの達筆な書や...
(『民衆の歌~リプライズ』の歌詞です。「僕の手汗がついちゃう!」とヘンな持ち方の原田さん...)
11c.jpg
劇中で使用される、仮出獄許可書と"ABC"のチラシなども!
11b.jpg


そして最高額はこちら!
森公美子さんの私物、エルメスのバーキン。
落札価格、55万円也。
11a.jpg
イベントの最後は、『ピープルズ・ソング』の大合唱で終わりました。
暖かくも楽しいコンサート&イベントでした。

『レ・ミゼラブル』本編(公演)は6月12日(日)まで。チケットは現在発売中ですが、売り切れの回が増えてきました。お早めに!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2980

前の記事「ONEOR8 vol.35 和田ひろこ」へ

次の記事「ONEOR8 vol.36 冨田直美」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉