舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.4 光瀬指絵

| トラックバック(0)

『3日目が終わった。つまり...、次は...!』

4日目だー!!ウオリャー!!

どうも。ニッポンの河川劇団員、当たり前のことを大仰に言う係担当・光瀬 指絵です。こんにちは。

お陰さまで、昨日2日目、本日3日目、無事終わりました!

お客さまも今のところ毎ステ満員御礼、十代だったら、こんな(/_;)感じです。三十代なので、深謝します。土下座!!

いろんな方に言われます。

俳優が演技しながら照明・音響を操る、シームレスに数役を演じ分ける、て、こうゆう事だったのか!!見るまでわからなかった~これはイメージわかなかった~!と。

そうですね。そうですよね。んな事急に言われてもね。

我等の舞台には、音響の設備、照明機材、はありません。

操作の卓もありません。

俳優は一度も動きを止めずに、演技をしながら己の、手元、足元、口元、山元で照明音響を操作します。

すみません調子に乗りました。口元は嘘でした。山元は誰ですか?

各種手作りの照明、または照明と言い張っている何か、には沢山のコードとフットスイッチがつながっております。


役者の手元には常にテープレコーダーが握られております。

そうして、出ハケ、衣装のチェンジは無いままに、老若男女を一瞬で演じ変えます。

うーん。書いててびっくりした。ビビった。人間にできるのこんなこと?やべえな。

是非ご確認下さい。アナタのその目で。我々がこれらをやり遂げる、または、やり遂げてる!と言い張るその様を。

写真は、2日目に見にきてくれた、猫のホテルの市川しんぺーさんと。ハイバイの俳優さんで、わたくし光瀬&劇作家・鈴江俊郎と「演劇ユニット 三匹の犬」をやっている、金子岳憲氏です。

お二人とも、我等が喫茶店で断行した旗揚げ公演からずっと見て下さってます。好き☆と言って下さいます!深謝!土下座!

ずっと、て、まだ第3回目公演ですがね。

2年振り、3回目。そんな甲子園球児のような実年達がお届けする、何かに憑りつかれたような三人芝居!どうぞお楽しみに!!残席僅少です~!!

nihon04.jpg


チケット情報はコチラから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2756

前の記事「宝塚歌劇雪組『ロミオとジュリエット』東京公演が開幕!」へ

次の記事「舞台のウラ話 from 「TRAVELING」  vol.2 制作チーム北澤」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉