フェスティバル/トーキョー(F/T) 岡崎藝術座 vol.06 森山華

| トラックバック(0)

森本華です。

こんにちは。
いよいよ11月になり、岡崎藝術座は小屋入りが近づいてまいりました。
ところで私の話にお付き合い下さい。
私は考えごとをすると、頭ではなく胸がいっぱいになってしまいます。
私はほとんどを感覚で、ツルっと(そりゃ色々あったけど)ここまで生きてきてしまったため、考えることがあまり得意ではないのですが、だからこそ私にとって考えるということは、人一倍力のいる、とても本気な作業で、それで、岡崎藝術座の稽古では考えることがたくさんありまして、
こりゃちょっと爆発しちゃうんじゃないかしらというくらい私の胸はいっぱいで、あ、お解りかもしれませんが、この胸いっぱいは感動で胸いっぱいとかではないんですよ、バレリーナがチュチュを着て神輿をドンドコあげているような、あれ、これじゃ感動しちゃいそうだな、んー おかしなお祭り騒ぎを表現したかったんですが、

まあでもそんな中わたしが思うことは、この調子でいっぱいになったものが爆発して、わたしの本気の色々が観にきてくれた方に撃ち当たるといいなぁと思っていて、というか撃ち当たるんですが、つまりわたしはとても本気でこの公演に取り組んでいるということで、そんな作品を観にきていただきたいと言うのは当たり前ですよね?というわけです。
いよいよ19日から始まります。
是非!観にきて下さい。

なんだかよくわからないことを書いてしまったので、
最新のweb情報を。
岡崎藝術座の、英語サイトの情報が一新されています。
11/23は英語字幕付きの回なので、外国人のお友達などいらっしゃいましたら是非お誘い合わせの上ご来場ください!

岡崎藝術座公式サイト

日本語字幕の日もありますのでそちらもよろしくお願いいたします。
最後に、座長の岡崎さんを皆さんにお届けして終わろうと思います。

特設サイト 

festival-tokyo_okazaki04.jpg


チケット情報
フェスティバル/トーキョー(F/T)プロフィール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2464

前の記事「劇団鹿殺し vol.18  from 丸尾丸一郎」へ

次の記事「フェスティバル/トーキョー(F/T) 「日本国憲法」「自殺対策基本法」 vol.01 黒田真史」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ