舞台ウラ話 from 劇団"サンプル"制作 三好

| トラックバック(0)

松井周が最新作を2作同時上演!!
サンプル「自慢の息子」×さいたまゴールド・シアター「聖地」

はじめまして、松井周が作・演出をする劇団"サンプル"制作の三好です。
2009年は処女作「通過」を再演し、フェスティバル/トーキョー09春・秋に参加するなど、意欲的に活動した1年でしたが、2010年は初めての脚本提供、かつ初めての2作同時上演に挑戦する記念すべき年になりました!
しかも一方は蜷川幸雄氏が演出する「さいたまゴールド・シアター」(出演者42名)、そして一方は自劇団「サンプル」の公演(出演者6名)です。彩の国さいたま芸術劇場小ホール(約270名)と、アトリエヘリコプター(約100名)では劇場の大きさも対照的。お客様には両方ご覧頂いて対比を、美味しく楽しんでいただければと思います。

      松井周(サンプル主宰)
urabanashi-sample01.jpg

8月上旬にサンプル「自慢の息子」の顔合わせがありました。
サンプルに欠かせない出演者として羽場睦子さんがいます。「金杉忠男アソシエイツ」に所属されていた実力派女優の羽場さんは「カロリーの消費」という作品で2007年にサンプル作品に初登場し、以降全てのサンプル作品に出演しています。

  サンプル「あの人の世界」2009年Jun Ishikawa
urabanashi-sample02.jpg

今回は「日本のどこかに独立国を作りあげ、その王となった息子を探す母親」という重要な役を演じます。独特のチャーミングさをもつ愛情あふれる母像をサンプルで演じてきた彼女が、今回はどのような母像を作り上げるのか、見所です。

    サンプル「伝記」2009年 青木司
 

また、息子を演じるのは映像作品にも多数出演中の古舘寛治(サンプル・青年団)です。
「私」という領土は一体どこに存在しているのか?あるいはその境界は?
独立国を作り上げた王として、作品のテーマを背負います。圧倒的な存在感と繊細な演技力に定評のある古舘寛治は、現実と妄想の間で揺らぐ世界を表現するための欠かせない存在です。
ぜひご期待ください!
次回は特徴的な舞台美術と、どのようにそれが作られていくのか、裏話をお届けしたいと思います。

サンプル「自慢の息子」
2010年9月15日~21日@アトリエヘリコプター
2010年9月25日~26日@精華小劇場
作・演出 松井周
出演 古舘寛治(サンプル・青年団)、古屋隆太(サンプル・青年団)、兵藤公美(青年団)、
奥田洋平(青年団)、野津あおい、羽場睦子
公式サイト
チケット情報はこちら

さいたまゴールド・シアター第4回公演「聖地」
2010年9月14日(火)~26日(日)彩の国さいたま芸術劇場・小ホール
作:松井周
演出:蜷川幸雄
出演:さいたまゴールド・シアター
チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2210

前の記事「劇団山の手事情社 vol.11  from 越谷真美」へ

次の記事「音楽劇『ガラスの仮面 ~二人のヘレン~』開幕!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉