ハイバイの引きこもりの芝居のブログ vol.13  from 岩井秀人

| トラックバック(0)

劇場入りは10日くらいからしていますが、今日は仕込み。

この「ヒッキー」は旗揚げの作品ですが、
演出面では「どれだけポータブルに出来るか」を
まあまあ追求してありまして、衣裳、小道具、
舞台装置、それらをハイバイ所有のワゴン車一台で
持ち運べるサイズになっております。


なので、舞台となるリビングの床を作って、、おしまい。


あ、でも今回はちょっと壁もあります。


ハイバイをごらんになった方は知っているかと思われますが、
ハイバイは「ハイバイドア」
というものを持っておりまして、これが意外と優れものでして、
元々は
「囲み舞台で部屋と部屋を区切るにはどうしたらいいか」
という考えの基に作ったのですが、
別に囲み舞台じゃなくてもこれは効き目がありまして、
ドアの奥でどんなツラしてから入ってくるか、
とかも分かるわけでして、こんな素敵な舞台装置が
旗揚げ時からあったなんて、我ながら偉い劇団だと思います。
特許とか取れないかなあとか、思っています。

hi-bye15.jpg

ところで、初日まで2日ほどとなった現在、
チケットがどんどこ売り切れております。


この作品は本当に自信作なので、是非是非、皆様来てください。


「経験者組」の老練な感じはもちろんお勧めですが、
「初めて組」は、今思い出してもお腹が痛くなるくらい
壮絶なオーディションをくぐり抜けてきた猛者達でして、
とりあえずオーディションの段階ですでに
「三日後に本番でも大丈夫だわ~」
と思った面々をさらに二次、三次オーディションで
絞り込み、最後はもうホントにウルトラ贅沢な悩み、
「どれも面白いから、選べない」
という境地に達した後に、
「でも、、やっぱりこの人だわ~」
と、もはや一つも論理的には説明できないところで
僕の独断で出て貰うと決めたのですが、
今、本番2日前のところで、やはりその勘は間違っていなかったと。


なんせ俳優が好きでやってますから。そもそも。
俳優を見る目には自信があります。


ので、是非是非、ハイバイを見慣れた方は
新しくハイバイ菌に犯された新参メンバーを見に、
そして初めてハイバイを見に来られる方も、
ハイバイ色を消さずに新しい「ヒッキー」を
見せてくれる「初めて組」を是非是非見に来てくださいませ~

hi-bye16.jpg

チケット情報
ハイバイ プロフィール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/1348

前の記事「舞台ウラ話 from 劇団とくお組 非常勤プロデューサー ヤン渡辺」へ

次の記事「学生はお得!芝居を観に行こう」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ