劇団Patchの新作は笑いあり感動ありのチャンバラエンターテインメント

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

012 blog.jpg

「演劇で大阪を元気にしたい!」を合言葉に、関西を拠点としたさまざまなエンターテインメントを展開中の劇団Patch。関西弁で「必死のパッチ」に由来する劇団名どおり、メンバーが全力で観客を笑わせ、感動させる舞台は、見れば元気をもらえること請け合いです。

1年ぶりとなる本公演のタイトルは、『カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!』と、「カーニバル」という言葉を13回も重ねた新作。

2019年10月31日(木)から11月3日(日)に東京・シアターサンモールにて、11月6日(水)から10日(日)までは大阪・ABCホールで上演予定の本作。"劇団史上、かつてないほどのチャンバラエンターテインメント"というその内容について、メンバーの田中亨さんと松井勇歩さん、近藤頌利さんにお話を聞いてきました。

004 blog.jpg

ーーたった今、ビジュアル撮影が終わったばかりとか。実際に衣装を着けてみていかがでしたか?

松井「今回の物語では、ビリー・ザ・キッドや武蔵坊弁慶、諸葛亮孔明など史実上の人物か、もしくは孫悟空など伝説の人物が出てくるので、衣装もそれを活かしつつ、舞台の上で動きやすいものになってるんですよ。一番派手なのが......」

近藤「僕が演じるチンギス・ハーンの金色ですね。マントもバーンとあって。まぁ、似合ってますね」

松井田中「(笑)」

ーー松井さんと田中さんに静かな笑いが広がっていますが......(笑)。

松井「いや、頌利(近藤)は派手顔なので本当に似合ってたよ(笑)」

近藤「よく存在が派手な分、3分で飽きるわ! と言われるので、飽きられないようにしないと」

田中「(笑)。僕は浦という役です。囚人服みたいなボーダーで、ダボダボの衣装なんです。うさぎの耳も付いているから可愛くて、けっこう気に入ってます(笑)」

近藤「最後までその衣装なの?」

田中「それは......見てのお楽しみです!」

松井「僕の演じる無銘の衣装のテーマは"和"ですね。僕も少しだけ提案をさせてもらったんですが、予想以上の素敵な衣装に仕上がって」

松井「ブルーのすごく綺麗な布で仕立ててもらって。僕の中ではこんなにシュッとした役と衣装はほとんど初めてなので、今からワクワクしているところです」

③032 blog差し替え.jpg

ーー役どころをお聞きしただけでも面白そうなのですが、ストーリーはどう展開するんでしょうか?

松井「登場人物の生きた時代はバラバラなので、みんなもう死んでいるんですね。本作は、生前に罪を犯した人が送られた世界"月の牢獄"で展開する物語なんです」

田中「そんな中で、僕だけ普通の少年の役。ストーリーを引っ張っていく役どころでもあるので、今までとは違う引き出しを開けて、しっかりと演じたいですね」

近藤「脚本と演出が、今回は細川博司さん。これまでのPatch stageにない武器を使う殺陣があるので楽しみです。」

田中「そうなんですよ。登場人物全員に戦うシーンがあるから、僕も負けないようにしないと!」

松井「浦と無銘はどこの派閥にも属してないから大変(笑)。でもチンギス・ハーン軍もあちこちの派閥と戦うし、気を抜いてられないよね」

近藤「豪華な衣装を着て殺陣をしまくるのは大変だけど、まぁチンギス・ハーンですから、大将ですからね。気持ちよく斬りまくりたいです」

松井近藤「(笑)」

039 blog.jpg

ーー先ほど「無銘も1人で」とお聞きしましたが、詳しくお聞きしてもいいですか?

松井「僕の演じる無銘も記憶を失くしたまま月の牢獄に送られて、そこで出会うのが浦なんです。罪人しかいないはずの牢獄に、なんでこんな純真無垢な少年がいるの? というところから始まって、無銘はこの子を地球に帰すために戦おうと決意する......というストーリーになっています」

田中「無銘も最後まで袴のままなんですか?」

松井「それも実は......見てのお楽しみということで!」

近藤田中「(笑)」

028 blog.jpg

ーー劇団の本公演としては、1年ぶり。「カーニバル!」が13回も連なっているタイトルはどうやって付けられたんですか?

松井「とにかく、ド・エンタメをしたい! 祭りにしたい! という気持ちがメンバーの中にあって。いくつか候補がある中で、一番"祭り感"があるものを選びました」

田中「内容も笑いあり感動ありで、いつもの劇団Patchらしさが詰まってますよね。そのうえで、前回より上回るものを作りたいと思っているので稽古場が大変そうですけど、それが楽しみでもあって」

近藤「僕はここまでドッシリ構えて皆を引っ張っていく役が初めて。ドキドキするけど、その分やりがいがあるなと感じてる」

松井「そうそう。今回のあて書きは、細川さんから見たメンバーの第一印象によるものなので、普段僕らが互いに持っている印象とは違うんだよね。でも細川さんの観察眼によってあて書きされたものは、やっぱりそれぞれすごく似合っていて。頌利のチンギス・ハーンも初めはビックリしたけど、今じゃピッタリ!って思うもん」

近藤「そういう松井さんも、今までとは違う役どころで」

松井「今までは元気印な主人公というイメージの役だったけど、今回は"美"というかね。殺陣にしても指先まで気を遣って、魅せる殺陣を研究したいなと」

田中「僕は少年役というのは今までもやってるんですけど、今回はみんなを巻き込んでいく役どころです」

松井「この子でストーリーが動きますからね」

近藤「プレッシャー(笑)」

田中「(笑)。ボーダーの服を着た普通っぽく見える少年が、他の派手な登場人物たちを巻き込むというのはどうすればいいんだろう? と悩み中ですが......。これもチャンスと思って乗り切りたいです」

近藤「劇団員全員がそろう本公演って、謎に緊張するけどやっぱり楽しみだもんね」

松井「外部出演で吸収したものを、本公演にフィードバックするという意味でもね」

近藤「コイツのこと何て呼んでたっけ? とか......」

松井「そこからかい!」

近藤田中「(笑)」

025 blog.jpg

取材・文 佐藤さくら

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9397

前の記事「【ダンス オブ ヴァンパイア#3】稽古場潜入スタート、いきなり伯爵登場! 稽古場レポート Part1」へ

次の記事「生瀬勝久演出 藤木直人、ソニン、他出演  KERA CROSS第二弾 舞台『グッドバイ』 全キャストビジュアル & 配役公開!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉