【エントレ】安西慎太郎・多和田秀弥らが戦時中の球児を熱く演じる! 舞台「野球」東京公演が開幕

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

yakyu_02.jpg 舞台「野球」多和田秀弥・安西慎太郎・内藤大希

安西慎太郎・多和田秀弥らが出演する舞台「野球」が7月27日(金)から、池袋サンシャイン劇場で開幕する。

本作の舞台は第二次世界大戦の真っただ中の1944年。日本の敵国であるアメリカの球技「野球」は弾圧され、甲子園は中止されていたという時代にあっても、夢を捨てきれなかった野球少年たちを描いた物語だ。

作・演出は「煉獄に笑う」やミュージカル「薄桜鬼」などを手掛けて来た西田大輔。元プロ野球選手の桑田真澄が野球監修した。安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡らが出演する。

本作の初日挨拶(始球式)と、公開ゲネプロが行われた。動画は挨拶部分を中心に抜粋し、ゲネプロ映像も少し織り交ぜた。【動画5分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9136

前の記事「【エントレ】亡き父・勘三郎を偲び勘九郎・七之助が10月・11月に追善公演/製作発表レポート」へ

次の記事「キューブ若手サポーターズクラブ「C.I.A.」 12/28,29、初のライブ開催!!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉