SET『恋の骨折り損』稽古場にて主演・東山義久と演出・八木橋修がコメント

| トラックバック(0)

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1556667


三宅裕司さんを座長にミュージカル・アクション・コメデイを旗印に活躍する「劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」が、224日(水)から東京・紀伊國屋サザンシアターで公演する斬新活喜歌劇『恋の骨折り損』

原作はシェイクスピアの作品。学問に励むために女性を遠ざけると誓った国王と廷臣たちが、外交問題の交渉に来たフランスの王女と側近たちに出会い恋に落ちてしまう喜劇です。

シェイクスピア作品の中では有名な方ではありませんが、SETでは2002年の初演の際に東京芸術劇場ミュージカル月間で団体賞を受賞。全国各地で上演した人気作。今回は9年ぶりの再演です。

今回はゲストを迎えよりブラッシュアップすると聞いて、楽しみに稽古場におじゃましました。

稽古は和やか!
キャスト同士で芝居をとても楽しそうに見ています。

IMG_1924a.jpg

主演の東山義久さん(廷臣の一人・ビローン役)は現在、別公演の本番真っただ中であるにも関わらず、1時間でも2時間でも時間を見つけて稽古場にいらっしゃるんだそうです。すごい...。


IMG_1827a.jpg


そんな東山さんと一緒に廷臣を演じる(左から)大山真志さん白倉裕二さん。王を演じる石井雅登さん(一番右)。みなさん休憩中はよくお話しされている様子。小ネタ満載のコミカルな舞台なので、仲のよさげな姿を見るとアドリブが楽しみになりますね!


IMG_1846a.jpg


「エリザベート」「レ・ミゼラブル」など主にミュージカルで活躍する東山さんに、劇団四季出身の石井さん、ミュージカルを中心に数多くの舞台に出演される大山さんのダンスや歌にはうっとり! そこにSETのメンバーである白倉さんのコミカルな演技が入り、一緒に演じているみなさんも思わず吹き出していました(笑)。

そしてこちらは王女一行。左から、東山さん演じるビローンと恋に落ちる側近役の野田久美子さん、王女役の三森千愛さん、側近役の服部紗弥さん大村沙亜子さん! 

IMG_1966a.jpg


こちらもSETのメンバーである服部さんが芝居の動きで笑いを起こしていました。見てくださいこのジャンプ!

IMG_1940a.jpg


コミカルな演技も演出の八木橋修さんが、時にはご自身が動いてみせながら丁寧に演出していきます。笑いにも真剣です。

IMG_1895a.jpg

そして今回は、貴重な稽古時間の合間に、東山さんと八木橋さんがお話を聞かせてくださいました!

IMG_1883a.jpg

◎ビローン役:東山義久さん
「初めてSETさんの作品に参加させていただくのですが、独特の空気感のもと楽しくやらせていただいています。若い方が多いのでエネルギーがありますし、みんなと一緒に作り上げていくのが今は楽しいですね。いつもは基本的に踊りやショーをメインに出演させていただいているので、今まであまり味わったことのないチーム感がある現場です。僕はストレートプレイの経験が少ないのですが、シェイクスピア独特の言い回しや、歌うように台詞を言うようなところがあったりして、難しくもあり新しいチャレンジでもあり楽しいです。新しい『恋の骨折り損』を観ていただけると思うので、楽しみにしていてください!」


◎脚色・演出:八木橋修さん
「初めて一緒にやらせていただく方が今回多いのですが、みなさんのチームワークが早くに連携が取れています。いつもSETの稽古を撮っているカメラマンさんが『すごく仲いいですね。楽しそうですね、この稽古場』と言ってくださったのがひとつの答えじゃないかと思います。
(今作でブラッシュアップする部分は?)それは完全にHIDEBOHさんです。HIDEBOHさんには初演でリズムパフォーマンスの振り付けをしていただいたんです。その振り付けの相談の流れでダメもとで『出ていただけませんか』と話したら快く引き受けてくださって。だったらHIDEBOHさんのためにソロの曲を作りました。原作にはない宮廷芸人役で、踊っていただくシーンがあります。もちろん、東山さんを筆頭にキャストの皆さんにもそれに負けないようにリズムパフォーマンスも歌もダンスも頑張っていただきますよ。大山さんは久しぶりに拝見したらタップを踏んでいて、聞いたら子供のときにHIDEBOHさんのところでレッスンを受けてるんですよね。歌えるのは知っていたけどタップがあんなに踏めると知らなくて、すぐオファーをしました。だから周りは大変ですよ(笑)。真っ青になってる人もいます。実をいうと東山さんも最初はリズムパフォーマンスとしてお願いしていたんですが、HIDEBOHさんと話しているうちに『やっぱり最後は男の子全員でタップ踏むとかっこいいよね』となって(笑)、東山さんは僕のことをジトッと見てましたね(笑)。最後のダンスナンバーでタップシーンが見られますので楽しみにしていてください。東山さんにはお一人でパフォーマンスをしていただく時間もありますよ」


公演は、2月24日(水)~28日(日)東京・紀伊國屋サザンシアターにて。


http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1556667

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8283

前の記事「【連載企画④】ゴジゲン第26回下北沢演劇祭参加作品「劇をしている」」へ

次の記事「星組が傑作オペレッタ&盛りだくさんのショーを上演」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉