★舞台「スーパーダンガンロンパ2THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜」横浜流星さんインタビュー★

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

舞台「スーパーダンガンロンパ2THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜」はとうとう明日12/3(木)開幕!
日向創は強い憧れを抱いていた、私立校「希望ヶ峰学園」へと入学する。そこは「超高校級」と称される卓越した才能を持つ現役高校生だけが入学を許される国家公認の学園だ。しかし、待っていたのは"コロシアイ"だった──果たして、最後に残るのは誰だ?
主人公・日向創に挑む、横浜流星さんに話をうかがった。

1G7A5420RE.jpg

普通、であるがこそ難しい

──今回、演じられる日向創はとても普通の少年です。
横浜:そうなんです。普通すぎるくらい普通で、とても主人公らしい主人公で僕自身、こんなに等身大の役を演じることが初めてなのでとても新鮮です。稽古中もみんなに助けられて支えられる場面があって「あ、主人公だ......」と実感しています。
 これまではわりとクールであったり、目の前にいる人を支えて力になるような役が多かったので、新たに挑戦している役でもあります。

1G7A5537.jpg

──そして、物語が二転三転します。
横浜:はい。最初は南の島から始まって、楽しい修学旅行かと思ったら......とんでもない事件が起こってぼくらは翻弄され続けます。その中で、普通だからこそ日向くんがどう感じて、どう動くか、そしてどう変わっていくか? を見せたいです。同時にあまりにも個性的なキャラクターがいる中で誰よりもいちばん普通であるからこそ、客席で観ている方々に共感を持っていただいて、作品世界に引っ張りこむ力がなくてはならないとも思っています。
 だからこそ上演中、観客の方々が一瞬でも目を離せないように全力でフル回転で臨まなければ、日向くんという役をまっとうすることはできないと感じています。

──見どころのひとつに「学級裁判」という犯人探しの場面があります。
横浜:そこで「それは違うぞ!」という決めセリフがありますが、論破するのは気持ちいいです(笑)。初演の『ダンガンロンパ THE STAGE』からさらにおもしろい試みを盛り込んだ演出になっているので、事件の謎解きとともに、そういった部分も楽しんでいただける作品です。


初単独座長として真ん中にたつ、覚悟

1G7A5440.jpg

──初単独座長公演です。
横浜:経験的にも技術的にも、ぐいぐい引っ張っていけるタイプではないと思っているので、とにかく誰よりもがんばって、その姿を見てもらうしかない、と思っています。周りは皆さん、先輩なのでできなかったら「あいつ、できないな」で終わってしまう。だから、ひたすらがんばって日向として信じてもらって、受け入れてもらうことしかないんです。
 ことに「学級裁判」の場面は台詞のやりとりが激しいので共演者の一致団結がすごく必要です。だから、みんなで創りあげることが大切で、もしも......もしも、ですが全公演中にあってはいけないことですが、誰かに助けが必要な場面があったら、真っ先に僕が入れるよう全員のセリフを覚えるつもりでいなければ、と思っています。

──今、とてもすてきな覚悟を伺いました。
横浜:ありがとうございます。日向くんは登場するすべての人と、たとえそれがどんな人だとしても一生懸命に向きあおうとするので、ぼく自身もそうありたい。ただ、「普通」ってすごく難しくて、そこはまだまだこれから作り込んでいきたいです。
 共演者の方々にはお笑い芸人の方もいて、とにかくおもしろい方ばかりで笑ってばかりいたんですが、同じ舞台に立つからには、そうではなく、一緒に創りあげる立場でいなければならないから。そうやって、ひとりひとりの方と関係を作っていきたいです。

──なかでも鈴木拡樹さん演じる、狛枝凪斗とは最初から関わります。
横浜:日向くんは本当に素直で、すぐに人を信じちゃうんです。だから、最初から声をかけてくれて優しくしてくれる狛枝くんを大切に思っているし、信じています。いろいろなことが起こるし、哀しい結末が待っていますが、ぼくはふたりの間には友情があると感じていて......すごく形の変わった、でも友情としか呼べないもので結ばれている。そう、思って演じています。

1G7A5518.jpg

──この舞台は、今年の集大成となるでしょうか。
横浜:はい。まずは無事に幕が開いて、役をまっとうしてから、そう言いたいです。今年秋、舞台「武士白虎〜もののふ白き虎〜」で初主演舞台に立たせていただきました。たくさんの役者さんの熱や心躍る演出に出会い、新たな世界への一歩を踏み出すことができました。そこでもらったたくさんのものを返していきたいです。
 実は最初の『ダンガンロンパ THE STAGE』を観たときにはゲームを知らなかったんですがものすごくわくわくしたし、おもしろかった! だから今度はぼくたちが見せる番です。

──最後に一言、お願いします。
横浜:ゲームを知っている人たちは謎解きから楽しんでほしいです。前作から、演出もよりダイナミックにスピーディになっているので、こんな表現になったんだ! と驚いてほしいです。
 共演者の皆さんすべてが原作をとても大切にしていて、自分の役を愛して、「この役ができるのは自分だけ」という熱い気持ちが感じられてとてもやりがいがあります。稽古開始時間よりも早く集まって自主的に練習したり、自分の出番がなくとも稽古を見学したりととても熱心で仲の良い座組で、今、恵まれていることに感謝しています。原作を知っている方も、初めての方も楽しめる舞台です。みんなで届けるので、待っていてください。

1G7A5422.jpg

スリリングかつ、楽しいこの舞台は12月3日から13日まで、Zeppブルーシアター六本木にて上演!

取材・文/おーちようこ
写真撮影/福井麻衣子

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8228

前の記事「劇団チャリT企画「1995」12/9(水)初日!」へ

次の記事「乃木坂46・生田絵梨花が挑むサファイアへの想い。いよいよ大阪公演開幕!【ミュージカル「リボンの騎士」】」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ