世界的ダンサー森山開次が京都でこども達とつくり上げる舞台。

| トラックバック(0)

世界的ダンサー:森山開次×コスチューム・アーティスト:ひびのこづえ×作曲家:川瀬浩介 

LIVE BONE in 春秋座


《稽古場レポート》


チケット情報はこちら

森山開次がこども達とつくり上げる舞台の稽古がスタート!!

しなやかながら直線的で、空間を切り裂くような表現に定評がある、世界的ダンサー森山開次。
この春京都芸術劇場 春秋座にて、彼とコスチューム・アーティストひびのこづえ、音楽家の川瀬浩介が強力なタッグを組み、「臓器」「骨」をテーマとしたダンスパフォーマンスに、今回一般公募のオーディションで選抜された個性豊かなこどもたちを加え新たな<春秋座バージョン>として上演する。
先月1月25日にこどもたちのオーディション後、初となる森山とこどもたちの稽古が行われた。
熱気あふれる稽古場からのレポートをお届けする。

画像1.jpg

「LIVE BONE」とは2004 年~09 年までNHK 教育テレビ「からだであそぼ」(09 年以降は「あさだ!からだ!」)の「踊る内臓」で子どもたちに強烈な印象を与えたチーム、驚異のダンサー森山開次、コスチューム・アーティストひびのこづえ、作曲家川瀬浩介、3 人の強力タッグによる「骨(ホネ)」と「内臓(ないぞう)」など体のパーツを題材にした衣装、コミカルかつ壮大な音楽、そして驚異的な身体表現が鮮やかに融合したダンスパフォーマンスだ。
その「LIVE BONE」を京都芸術劇場 春秋座版として、初めてこどもダンサーを加え上演する。

昨年12月のオーディションで選ばれた10名の"こどもBONEズ京都"。小学校1年生から6年生まで、ダンス経験のある子からない子まで、住む地域も学校も違う。それぞれ個性豊かなこどもBONEズとダンサー森山開次が真剣に向き合い、作品を作り上げる。

画像2.jpg

12月のオーディション以来、初めて集まったこどもBONEズたち。保護者と一緒に稽古場に来る様子は不安そうで緊張した顔をしていた。稽古のはじめに森山から「みんなの力を合わせて、作品をつくって行きましょう」とこども達に向けて話があり、その後こどもBONEズたち一人ひとりから意気込みが述べられた。
「一生懸命頑張ります。」と力いっぱい挨拶する子、また森山のダンスを見て面白いと思って参加した子は「自分も見て楽しいと思ってもらえるようになりたい!」とそれぞれが公演に対しての強い気持ちを語った。

稽古は、早速登場シーンから振り付けが始まる。森山が「ふわっと浮くように、タンタンターン」と声をかけると、こどもBONEズたちはすぐに順応していく。オーディションの際に同じシーンの短い振り付けをみんなで一度踊ったきりだ。そこから練習してきたのだろうか、戸惑うこともなく付いてくる。森山もすごい吸収力だと関心しっぱなしで、「ここはレンズを拭くように!」「クロスクロス」と触発されるように声をかけながらリードしていく。そんな森山のしなやかな動きを鏡越しに見つめて踊るこどもBONEズたちは、真剣そのものである。

画像3.jpg

事前に用意した振りも実際に稽古を進める中で、こどもたちの様子をみて変更していく。どんな変更も集中して対応する。ステージに立つ、ダンサーとしての意識が見えてくる。見事だ。

はじめは緊張していたこども同士も、終る頃にはみんな打ち解けていた。稽古を終えてこどもたちは「楽しかった!」と疲れも感じさせず、「家でも稽古する」と意気込んで帰っていった。
森山は「こどもたちの目がキラキラしながら一生懸命で、見ているとこっちが頑張ろうと思う。でも一番はなにより楽しかった!」とこどもたちに期待を寄せていた。

画像4.jpg
LIVE BONE」は川瀬浩介の音楽がときにユーモラスで、ときにロマンティックに繰り広げられ、こどもBONEズが登場するシーンの「EYE EYE EYE」では、森山の振り付けとかわいらしくマッチしている。
そして今回の公演の為にコスチュームアーティストのひびのこづえがひとりひとりに合わせて衣装を作るのだが、衣装が舞台にどうアクセントを入れるかこちらも楽しみである。
3月29日の本番まではあと2ヶ月。ここからどんな仕上がりをしていくのか期待していただきたい。


【公演情報】 『LIVE BONE in 春秋座』 
公演日時: 2015年3月29日(日)14:00開演
開場:京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

振付・出演/森山開次 、衣装・美術/ひびのこづえ、音楽/川瀬浩介
振付助手・出演/美木マサオ・笠井晴子
出演/安藤尚之 柳雄斗
こどもBONE ズ 京都/上原よしの、小笠原由子、小山詩乃、佐伯玖玲亜、佐伯礼樹、
佐野勇樹、辻陽菜乃、前川萌音、松上一琳、渡邉李里香

チケット問合せ:京都芸術劇場チケットセンター Tel.075-791-8240(平日10時~17時)


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7979

前の記事「タイトル 『うさぎとシーラカンス。』vol.1」へ

次の記事「【連載】モダンスイマーズ⑧」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉