【エントレ】青年座公演「台所の女たちへ」/老舗劇団の新たな挑戦企画

| トラックバック(0)

2014年8月21日(木)から、青年座劇場で上演される舞台「台所の女たちへ」の稽古場に伺い、企画・出演の松熊つる松さんにお話を伺ってきました。   
舞台「台所の女たちへ」は外部の演出家を呼んで、青年座の俳優が出演して公演を作る「Act 3D」シリーズの3本目。劇団ONEOR8の田村孝裕さんが作・演出を務めます。 俳優で企画者のひとりでもある松熊つる松さんがONEOR8の舞台に惚れこみ、長年の交渉の末、実現しました。 
 あらすじを読むと「お通夜の話」ということでしたが、決してしめっぽい話ではないのだとか。 そこで、稽古が行われている青年座劇場に伺い、企画・出演の松熊つる松さんにストーリーや稽古場の様子などについてお話を伺ってきました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7753

前の記事「劇団青年座 Act3D「台所の女たちへ」 vol.03 from 松熊つる松」へ

次の記事「劇団青年座 Act3D「台所の女たちへ」 vol.04 from 松熊つる松」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ