「殺風景」赤堀雅秋×八乙女光×大倉孝二 

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

今週末いよいよ大阪シアターBRAVA!にて開催する衝撃の舞台「殺風景」。
作・演出は劇団THE SHAMPOO HATの赤堀雅秋、主演にはHey!Say!JUMPの八乙女光。
個性派俳優大倉孝二が脇を固める、注目の舞台。
気になっている方に、赤堀雅秋×八乙女光×大倉孝二の対談記事を掲載します!

衝撃の事件が炙りだす、ある家族の歴史。

殺風景舞台写真01小.jpg
撮影:細野普司

「殺せーッ! 殺せーッ!」。
喧騒(けんそう)の中、青年は何かに取り付かれたように犯行に及んだ......。
容疑者の家族4人全員が死刑判決を受けるという前代未聞の事件を題材に、まったく新しい家族の物語を紡ぎだす。
作・演出は一昨年に「一丁目ぞめき」で岸田國士戯曲賞に輝いた、劇団THE SHAMPOO HATの全ての作品の作・演出を手掛ける赤堀雅秋。
今もっとも活躍が期待される注目の劇作家だ。
 
「ここ数年死刑を題材にした作品をいくつか発表するなかで、毎回客席はどこか対岸の火事を見るような反応だった。
でも、凄惨(せいさん)な事件は自分たちの生活と地続きの上に現存する。"明日は我が身"という想像力をもって作品を観てもらえれば、登場人物たちの一挙手一投足に、理屈ではない何かを感じてもらえるはず」

かつて炭鉱で栄えた地方都市に生きる家族、闇のありかを探るように、物語は諦念にのみこまれた[現在]と、エネルギーに満ち溢れる[過去]を行き来しながら展開する。
主演には人気グループ、Hey!Say!JUMPの八乙女光。ストレートプレイ初挑戦となる八乙女は、本作で率先して犯行に手を染める次男と、青年時代の父親の2役に挑戦する。

「人間に興味があるので2役演じられることは楽しみですね。自分とは違う人生を歩めることにワクワクする。今まで経験し学んできたことをいったん全部忘れて、ニュートラルな状態で赤堀さんの演出に身を任せたい。
本番の舞台にどんな自分がいるのか。ファンにあれ誰?と思われるぐらい別の表情が出せたらいいな」

言葉にできない衝動を味わって過去現在ともに八乙女が演じる役に影響を与えるキーマンは、赤堀からの信頼も厚い個性派の大倉孝二だ。
 
「赤堀作品はエキセントリックなのに現実にもありそうだと思わせる生々しさがある。
観ている分には楽しいけど演じるのは難しい。ぶざまな姿をさらけ出して挑みたい」

やがて場当たり的で不毛な"家族の共同作業"は終焉(しゅうえん)の時を迎える。
赤堀は結末に何を描き、観客はその光景に何を思うのか。
 
観終わった後、無性にお酒が飲みたくなったり、実家に電話したくなったり、気づいたら涙があふれ出ていたりとか。
「単純に泣いたり笑ったりできる作品ではないけれど、言葉にできない衝動に突き動かされるような感覚を味わってもらえれば」

関西ではめったにお目にかかれない待望の赤堀作品最新作。かつてない演劇体験に期待して!             

    

             

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7654

前の記事「【特別連載VOL.4】「昔の日々」/出演者・堀部圭亮さんインタビュー」へ

次の記事「「魂の詩人 ロルカとアンダルシア」イベント決定!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ