ミュージカル『next to normal』スチール撮影現場に潜入! Part1

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

9月6日(金)より、日本初上陸のミュージカル『next to normal』が開幕します。
この作品、2009年のトニー賞3部門を受賞し、2010年には、ミュージカルとしてはあの『RENT』以来14年ぶりにピューリッツアー賞に輝いた作品。

演出は、『RENT』のマイケル・グライフ。
作曲のトム・キットは、現在来日公演が行われている、こちらも大ヒットミュージカル『アメリカン・イディオット』の音楽監修・編曲・オーケストレーションも手掛けています。

今回の日本公演も、マイケル・グライフが手掛けたブロードウェイ版の演出で上演されます(日本版のリ・ステージはローラ・ピエトロピント)。

作品は、精神的な病を抱えたヒロインと、彼女をとりまく家族の物語。
シリアスなテーマですが、おそらくどんな家族にも、大なり小なりの"問題"はあるはず。
そういった意味では普遍的な物語だし、ビートのきいたロックでポップな音楽が、この重いテーマをサラリと、しかししっかりと心の中に届けてくれます。
このあたり、ミュージカルならでは!
そんな、見どころいっぱいの作品なのです。


●STORY●
と母、娘と息子の4人の現代アメリカの平凡な家庭のはずだった。慌しくも明るい朝の風景の中、母親であるダイアナはサンドイッチ用のパンを床一面に敷き詰め始めたりして、行動が次第に不自然になっていく。そんな精神を病んでいる彼女に、夫のダンと娘のナタリーと息子のゲイブは優しく接し、なんとか回復させようと努力する。しかし...。
(公式HPより)


カンパニーはすでにずいぶんお稽古も進んでいるようですが、8月某日、パンフレット用のスチール撮影するよと聞いて、取材に伺ってきましたよ!

撮影はこんな雰囲気で行われていました。
next to normal_0101.JPG
カメラマンは、こちら、Tommyさん。
next to normal_0102.JPG
とっても気さくでフレンドリー、楽しい方なのですが...実はこんな凄い方です!
数多くのアーティスト写真、そして有名企業ポスターなども手掛けています。
あの話題作"妄撮"シリーズのカメラマンさんでもあります。


主人公・ダイアナはダブルキャスト。
こちらは安蘭けいさん。
ダイアナは"母"です。
「この髪型、(母親にしては)清楚すぎない?大丈夫かしら」
と自分の役柄にあっているかをきちんとチェックする安蘭さん。N2N6260.JPG
Tommyさんからは「目はシリアスに、口元で笑う感じ」とアドバイス。
「優しいフリをして」というリクエストもありました。
next to normal_0104.JPGnext to normal_0106.JPGnext to normal_0105.JPG
Tommyさんは穏やかに進めるタイプのカメラマンさんです。

カメラはPCに直結。
その場で撮影したカットが確認できます。
next to normal_0107.JPG
便利な世の中だ~。

撮影後、安蘭さんに目線いただきました!
next to normal_0108.JPG


こちらは同じくダイアナ役、シルビア・グラブさん。
next to normal_0120.JPG
『next to normal』、チラシを見てもわかるように、テーマカラーは紫。
ということで、この撮影衣裳には、全員どこかしら紫が含まれているようです。

「もう少し、上着の前は閉めた方がダイアナらしいですかね?」
等々、スタッフさんが細かい部分まで打ち合わせ。
ダイアナは精神を病んでいる...ということで、小さな部分から"身構えている"空気が出るように演出していきます。
さらに「手を前で組んでみるといいかも」ということで、こんなポーズに。
next to normal_0121.JPG
目を閉じてのカットも撮影。
next to normal_0122.JPG

...なのですが、シルビアさん自身は「前で手を組むと、ダンヴァース(『レベッカ』)みたいになっちゃう~!」とカラカラ明るく撮影に臨んでいたのが印象的でした!

そんなシルビアさんの笑顔もゲットです!
next to normal_0123.JPG


お次はナタリー役、村川絵梨さんの撮影現場をレポート。
ナタリーはダイアナの娘です。

カメラの前で次々と色んなポーズを取っていく村川さん。
さすがに撮影慣れしていらっしゃいますね!
さて、実際パンフレットではどんなポーズになっているのでしょうか?
N2N6319.JPG
next to normal_0131.JPG

村川さん、カメラマンさんにも「ナタリーは、若いですがキャピキャピした子じゃないです。頭が良くて、冷静に周りを見ているタイプの子」と、自分の役どころを明確に伝えていて、
そんな"頭が良くて、冷静"なナタリーというキャラクターに、村川さん自身がとてもよく似合っている印象を受けました。
N2N6299.JPG

村川さんのキュートな笑顔も頂きましたー♪
N2N6321.JPG

影現場レポート、後半・男性陣シリーズに続きます!


公演は、
9月6日(金)から29日(日)まで、東京・シアタークリエ、
10月4日(金)から6日(日)まで、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
にて行われます。
チケットは、ともに発売中です。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7222

前の記事「ONEOR8「猿股のゆくえ」公演の軌跡★第十四回」へ

次の記事「芸劇eyes番外編・第2弾「God save the Queen」★タカハ劇団・高羽彩」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉