『美女と野獣』スペシャルステージ in 丸の内、密着取材!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『美女と野獣』東京公演千秋楽カウントダウン! 第8回■


劇団四季ミュージカル『美女と野獣』、東京公演千秋楽まであと33日です!

本日は、丸の内エリアで現在開催中の「劇団四季60周年展」において、12月23日に行われた『美女と野獣』スペシャルステージの模様をレポートします。
『美女と野獣』パワープッシュ中のげきぴあ、カンパニーにひっついて、裏側も取材してまいりました!Shiki_BB0800.JPG
この日ももちろん、公演は行われておりました。
三連休の中日ということで大勢のお客さまが来場。
親子連れなども目立ちます。
そしてクリスマス目前ということで、特別カーテンコールも披露。
で、終演は16:20。
約1時間半後には丸の内のイベントが始まります...!大変っ!

「13:30開演だし(たとえば「オペラ座の怪人」など他の演目は、丸の内のイベントの日の昼公演は13:00開演なんです)、大井町だし(丸の内まで距離があるので)、『美女と野獣』カンパニーが一番大変だよねー...」なんて声も。


ということで16:40すぎには劇場を出発です。
早っ!Shiki_BB0801.JPG劇場から移動するキャストは、ルミエール役の百々義則さんをはじめ、石野喜一さん、松出直也さん、高橋徹さん、南圭祐さん、安芸雅史さん
百々さんに、この早わざ大変じゃないですか?と伺ったところ「普段はもちろん劇場を出るのはこんなに早くないですけれど、初日のパーティなどはだいたいこんなスピード感なので」と、涼しげなお答えでした。

そんなこんなで17:13には、東京駅着。
この日は道路の混雑状況が読めないということで、電車移動です。
スタッフさんのその判断はドンピシャで、東京駅、大混雑。
どれだけ大混雑かと言うと、ニュースでも報じられましたが、東京駅のイベント「TOKYO HIKARI VISION」が混雑のため中止になったほどです。

で、実は、高橋さん松出さん含め、わたしたち、気持ちはぐれ気味...。
先頭集団とはぐれてしまったものの、無事、丸ビルに到着しました。Shiki_BB0802.JPG
ここでほかのキャストと合流。
女性控え室ではベル・鳥原ゆきみさんに、ミセス・ポット役の遠藤珠生さんが付け爪をつけてあげている真っ最中。
鳥原さん曰く、ベルちゃんはマニキュアをしてはいけないそうです。村娘だから?
なので、付け爪。
にしても、仲良し女子!な雰囲気です。Shiki_BB0803.JPG
綺麗に出来ましたー!
と、視線を頂きましたっ♪Shiki_BB0804.JPGちなみに女性控え室と男性控え室は別れていたのですが、遠藤さん、寂しいじゃない!と、間の扉を開け放っていました。


こちらは男性控え室。
ビースト役・佐野正幸さんガストン役・野中万寿夫さんの姿も。
真剣に打ち合わせ中...?Shiki_BB0805.JPG実は、「写真撮らせてください」とお邪魔したら、みなさんわらわらと集まって「打ち合わせをしてる風」の絵作りをしてくださったのでした(笑)


ということでこちらは決めポーズ。石野さん、ハジけたポーズありがとうございます。Shiki_BB0806.JPG時間がない!と思いきや、意外と余裕なかんじです。
もちろんみなさん、着替えたり発声をしたり、きちんと準備されてましたが。


そろそろステージに向かいます。
高橋さん、カメラに手を振ってくれました。Shiki_BB0807.JPG
従業員通路で少々待機。
となったとたん、身体を動かしだすダンサーの皆さん。
『美女と野獣』のマグダンスを踊っていたかと思いきや、『ウェストサイド物語』のプロローグの振りをしてみたり、ハイエナダンスが入ったり...。
身体を動かす皆さんを見ているだけで、楽しい!Shiki_BB0808.JPG
出番3分前...。Shiki_BB0809.JPG行ってきまーす、の佐野さんと鳥原さん。Shiki_BB0810.JPG

スタート直前、ステージの上、吹き抜けの廊下にもたくさんの人!
そして18:00、『美女と野獣』トーク&ライブ スペシャルステージが始まりました。Shiki_BB0811.JPG
まずはルミエール役の百々さんが舞台横にあるエスカレーターから登場。
本番同様、お客さまを迎える口上からはじまり、「ビー・アワ・ゲスト」を歌い上げます。
こういうイベントにはぴったりのナンバーですね。Shiki_BB0812.JPG百々さん、その後も進行のお手伝い。
『美女と野獣』のストーリー説明からその魅力まで、集まったお客さまに解説しています。
「『美女と野獣』の舞台は本当にこだわって作っていて、客席から見えないよ、というような裏側の小さい部分まで精巧に作られています」なんて話も。Shiki_BB0813.JPG
続いてベルとビーストのデュエットナンバー「何かが変わった」を鳥原さん、佐野さんで。
Shiki_BB0814.JPG
鳥原さんは「それまでいがみあっていたふたりが、互いの意外なところをどんどん発見して、好きになっていく"気付き"のナンバーです」と解説。Shiki_BB0815.JPG
佐野さんは「1幕は何をやってもお互いの関係がうまくいかない。その最悪の関係から抜け出すナンバー。わがままで傲慢だったビーストの気持ちが変化していく、とてもハッピーな場面」との説明です。Shiki_BB0816.JPG
続けて鳥原さんによる「我が家」Shiki_BB0817.JPG
そして佐野さんがビッグナンバー「愛せぬならば」を歌い上げると、会場からも大きな拍手が。Shiki_BB0818.JPG
さらにマグカップがぶつかる音も華やかに、ガストン役・野中万寿夫さんと男性アンサンブルの皆さんが登場。
大いに盛り上がる1幕のシーン「ガストン」のマグダンスを披露します。Shiki_BB0819.JPG
「本物の金属でできていますので、手に当たるとすごく痛い。結構、練習中に流血したりもします。みんなの気持ちがひとつになってスムーズにマグが当たるまでには、相当練習が必要なんです」
とその苦労を野中さんが話します。Shiki_BB0820.JPG
そしてこの日は特別にマグダンスのレクチャーも行われました!
お客さまも2名、ステージにあがります。
ほかのお客さんもマグを当てるタイミングで手を鳴らしてくださいね、と野中さん。

キャストの皆さんも手拍子。
鳥原さん、佐野さん、高橋さん。Shiki_BB0821.JPGこちらは安芸さん、南さん。Shiki_BB0822.JPGなかなか大変そうでしたが、皆さん楽しそうでしたよ。
これをスムーズにやってみせるプロはさすがです。
舞台上にあがってマグダンスに参加したお客さまには、使ったマグカップがプレゼントされました。
いいな~。
Shiki_BB0823.JPG
大盛り上がりのあとは、作品のテーマソングともいえる名曲「美女と野獣」をミセス・ポット役の遠藤さんがしっとりと聴かせます。
うっとり。Shiki_BB0824.JPG
これで終わりと思いきや、最後にカンパニーからのクリスマスプレゼント。
全員で「もろびとこぞりて」を歌い、一気に会場をクリスマスらしい雰囲気に染め上げました。Shiki_BB0825.JPG
30分超の、大充実のイベントでした。
みなさん四方八方に手を振りながら退場...。Shiki_BB0826.JPG
東京公演は四季劇場[夏]にて、1月27日(日)までロングラン公演中。
チケットは発売中です。
札幌公演は北海道四季劇場にて3月3日(日)に開幕、チケットは1月12日(土)一般発売開始予定。

ちなみに「劇団四季60周年展」は本日・12月25日までです!

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6705

前の記事「『美女と野獣』クリスマス特別カーテンコール開催中」へ

次の記事「【重要】『レ・ミゼラブル』最速先行受付期間変更」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ