モダンスイマーズ「楽園」絶賛上演中!!  vol.7

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

モダンスイマーズ『楽園』ブログ 11月28日(水)~29日(木)
モダンスイマーズから、ブログが届きました!
メンバーの皆様のオフショットをご堪能ください。


11月28日(水)
「福岡~兵庫に入りました!!」

九州をあとにして、一行は本州に新幹線でわたって新神戸から
兵庫県立芸術文化センターに入りました。
午後からの仕込に備え、劇場内で昼食をとって仕込開始。
いまではお馴染となった「楽園」セットが舞台に立ちました。
ura-moden18.jpg

そんな中、我が劇団の座付き脚本&演出の蓬莱が客席で
パソコンを見つめる表情を激写!
ura-moden19.jpg

広い楽屋エリアや設備も充実して、外観も素晴らしい劇場です。
ura-moden20.jpg

ここでも新たな出会いを期待して、明日の本番に備えます。
是非、皆さんお運び下さい!!


11月29日(木)
「兵庫本番前の場あたりと本番前を初公開!!」

いよいよ兵庫での本番が始まります。
場当たりで最終確認する皆さんを撮影しました。
ura-moden21.jpg
秘密基地と称された廃屋にやってきた少年、
待ち人が現れて、未知の時間への序章ともいえる場面

衣裳を付けて場当たりする皆さんも入念に確認します。
そんな繊細さが作品には表れて、モダンスイマーズ独特の質感のあるものになるんですね。

ura-moden22.jpg
古山と津村の鬼気迫る!?場面
コミカルな姿ですが、子供の真剣勝負です~

ura-moden23.jpg
大人になると懐かしい、●●●ごっこ。
これが楽しい人も嫌~な思いも、思い出すと懐かしい
けど子供の頃は一喜一憂でした...

そんな小学生たちの放課後、上演時間90分のオンタイムで進行するドラマは、こんな姿で子供を演じることの演出意図を字幕によってより理解しやすくされて、この世界に入り込んで一緒にその時間を過ごすことができる秀逸な短編小説のようなお芝居です。

そしてこの作品を手掛けた蓬莱は楽屋でなにやら執筆中のようです。
ura-moden24.jpg

小椋ふんするクサオの刺青はこうして入れます...
ura-moden25.jpg

マジックで描いてるのに、なんか痛そ~な表情にも見えますね。(笑)

本日の〆くくりはこちら!!
ura-moden26.jpg
と思えば、リラックスしたこのお姿は...

こうして本番は始まるのですね~
舞台では「楽園」をごゆっくりご堪能下さい。
さてさて、今夜は通算15回目のステージですが、どんなできばえだったのでしょうか?
ご来場の方だけにしかわからないことですが、終演後のトークショーも楽しみでしょうね。

明日は一時解散して最終会場KAATにて再結集するモダンスイマーズの一行ですが、関東の方で見逃した方は是非、チケットぴあでチケットをゲットしてくださいね!
7日は特にまだまだいい席があります。

早くも12月を迎えて朝夕はかなり冷え込みますが、皆さんも風邪などひかないよう、お過ごし下さいますよう。
一行もツアー千秋楽まで、フルパワー全開で頑張ります!!

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6654

前の記事「舞台のウラ話from 水木英昭プロデュース「SAMURAI挽歌II~紀州の魂~」  vol.15」へ

次の記事「柿喰う客・七味まゆ味 vol.73」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉