文学座 vol.09  from 佃典彦

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

祐子さま

祐子さんでもパワーが切れる時があるんですね。
いつもエンジン全開で突っ走ってると思ってました。
僕のパワーチャージの仕方はそうだなぁ・・・なんだろう。

落ち込んでる時には
「明日は今日と違う日だから上手くいくに決まっとるがね」
調子いい時には
「今日も明日も同じ太陽なんだでそんなもん上手くいくわさ」

これは僕が小さい時からおふくろに言われて来た言葉です。
都合がいいとしか言い用がないんだけど結構助けられましたねぇ。

本番もいよいよ一週間後になりましたが調子はどうですか?
どっちにしろ「上手くいくに決まっとるがね」って思ってます。
急に寒くなって来たので役者の皆さんも風邪引かないように頑張って下さい。

       佃典彦

☆このブログは作・佃典彦と演出・松本祐子のふたりによる往復書簡という形で書いています。

劇団ホームページ http://www.bungakuza.com/
タネも仕掛けもブログ http://ameblo.jp/bungakuza-tanemo/


チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6502

前の記事「劇団青年座 vol.06  from 黒岩亮」へ

次の記事「【RENT CASTリレーブログ】加藤潤一→小林由佳」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ