フェスティバル/トーキョー12 vol.4 Port B 高山明

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

最近はまっていることと言えば散歩です。

はまっていると言っても日常的に歩き回っているわけではなく、どこかの町を訪ねた時に必ずやる散歩が、ある方法を見つけてからますます好きになったという話です。
それは真夜中の「尾行」で、誰か面白そうな人を見つけては気付かれないよう後をついていく。(女性をストーカーしてるわけじゃありません。)
その町のどこに所属しているか分からないような真夜中の人々、よれよれのスーツを着て繁華街を徘徊している老人だとか、不動産屋の掲示板に目を凝らしているおじさんだとか、土産物屋の前で「ウィンドウショッピング」をするどう見ても普通の関係に見えないカップルだとか、そういう人たちの後を追うと妙にスリリングで、自分一人じゃまず行かないルートを通ったり、その人物の目を通して町を見ているような錯覚を覚えたりします。
すると町が動き出してきて、そのなかで生息している人間の哀しみや可笑しさみたいなものに妙に共感させられるのです。

こんなこともありました。
ある町で「尾行」していた時のこと、この人変だなと思って後をつけていった三人すべてが、自分と同じホテルに入っていったのです。
年齢も見かけも異なる三人で、僕とも全く違うタイプの人達でしたが、新種の「ドッペルゲンガー」で、自分の方が町に尾行されているような気分になりました。


「光のないⅡ」/Port B
【日程】11月10日(土)〜11月24日(土)
    休演日:11月11日(日)・11月20日(火)
【会場】新橋駅周辺
【料金】前売り2,000円(戯曲集なし・当日+500円)
    4,500円(イェリネク戯曲集付)※販売は10月28日(日)19:00まで
    学生2,000円
    高校生以下1,000円

【URL】http://www.festival-tokyo.jp/program/12/kein_licht_2/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6509

前の記事「【RENT CASTリレーブログ】加藤潤一→小林由佳」へ

次の記事「猫のホテル「峠越えのチャンピオン」 vol.08  from 中村まこと」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉