宮本亜門×平野啓一郎 アフタートークショー開催決定!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

舞台『金閣寺』 演出の宮本亜門さんと作家の平野啓一郎さんによるアフタートークショーの開催が決定しました! 20110124gekipia-kinkakuji.jpg 2011年1月に宮本亜門が芸術監督をつとめる KAAT 神奈川芸術劇場の柿落し公演として上演された金閣寺。生来の吃音から疎外感に悩まされ育った主人公溝口を森田剛が、下肢に障害を抱えながらも不敵に溝口を挑発する柏木を高岡蒼甫が、また溝口とは寺の同朋で、明るさの裏で自死を選ぶ鶴川を大東俊介が、それぞれの若者の苦悩を全身全霊で見事に演じました。そして「金閣寺」の世界を見事に現出させた舞台成果が認められ、"リンカーン・センター・フェスティバル2011"への正式参加が決定し、2011年7月にニューヨーク『ローズシアター』にて上演されました。ニューヨーク公演の劇評では "Fusion Theater"(融合劇)という言葉で、その多ジャンルを取り入れた演出を高く評価されました。 そんな舞台「金閣寺」が、大阪を皮切りに「金閣寺」日本凱旋公演をスタート。1月27日(金)に赤坂ACTシアターで開幕する東京凱旋公演にて、1月31日(火)14:00の回公演終了後に、「金閣寺」演出の宮本亜門氏と、1998年のデビュー以来、現代文学の最前線で多彩な小説を発表してきた作家・平野啓一郎氏によるアフタートークショーの開催が決定しました。舞台版「金閣寺」の世界を斬新な演出で創り上げた宮本氏と、芥川賞受賞作「日蝕」発表時に"三島由紀夫の再来"とその才能を絶賛された平野氏が「金閣寺」を、そして三島由紀夫を語る機会はまさにレアもの!是非この機会をお見逃しなく!

「金閣寺」アフタートークショー概要
日程:1月31日(火)14:00の回 公演終了後
会場:赤坂ACTシアター
登壇者: 演出・台本:宮本亜門/作家:平野啓一郎
※公演終了後、5分間程度の休憩を挟んでの開催となります。
※トークショーは20~30分程度を予定しております。ご観劇時と同じ座席でご覧下さい。
※各公演当日の公演チケットを持ったお客様が対象です。


<平野啓一郎 HIRANO KEIICHIRO> プロフィール
1975年生まれ、愛知県出身。京都大学法学部卒。99年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、02年発表の大長編『葬送』をはじめ、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。著書は『滴り落ちる時計たちの波紋』、『決壊』、『ドーン』、『かたちだけの愛』『モノローグ(エッセイ集)』、『ディアローグ(対談集)』など。11年9月より、『モーニング』にて長篇小説『空白を満たしなさい』を連載中。

「金閣寺」日本凱旋公演概要
東京凱旋公演日程:2012年1月27日(金)~2月12日(日)
大阪凱旋公演日程:2012年1月19日(木)~22日(日)
原作:三島由紀夫   演出:宮本亜門  原作翻案:セルジュ・ラモット  台本:伊藤ちひろ・宮本亜門
出演:森田剛 高岡蒼甫 大東俊介
中越典子 高橋長英 大西多摩恵 花王おさむ/山川冬樹/瑳川哲朗 ほか

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/5558

前の記事「ペンギンプルペイルパイルズ vol.18  from 小林高鹿」へ

次の記事「ペンギンプルペイルパイルズ vol.19  from 小林高鹿」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ