『三銃士』公演レポート&お得なチケット情報!

| トラックバック(0)

■日本初演!『三銃士』の世界(18)■

【公演レポート】

ミュージカル『三銃士』
が、現在東京・帝国劇場にて上演中だ。世界中で読まれているアレクサンドル・デュマの小説を原作に、2003年オランダのロッテルダムで初演、その後ベルリン、シュトゥットガルト、ハンガリーとヨーロッパで絶賛を重ねている作品。これが本邦初公開となる日本では、帝劇100周年記念公演として登場。これでもかと主役級の俳優が揃い、さながらミュージカル・オールスター戦の様相を呈する豪華ステージとなっている。
04.jpg

01.JPG作品はかつて近衛銃士だった父を持ち、自身も銃士になることを夢見る青年・ダルタニャンが花の都・パリへ旅立つところから始まる。彼はひょんなことから3人の男――アトス、ポルトス、アラミスと決闘をすることになるが、実は彼らこそが銃士隊の面々であることを知り、友人となる。そんな銃士たちが忠誠を誓う国王ルイ13世のそばには、国王すらも凌ぐ権力を手にしつつあるリシュリュー枢機卿がいた。枢機卿は異教徒排斥という自らの目的のため、配下のロシュフォール、謎の女・ミレディを使い暗躍する。その企みのキーとなったのが、王妃の首飾り。ダルタニャンと三銃士たちは、イギリスへと渡ってしまった王妃の首飾りを取り戻さんと奔走する...!
05.jpg
とにかく登場人物のキャラクターがクッキリしていて、誰をとっても魅力的なのが良い。三銃士はニヒルな色気のアトス(橋本さとし)、色男のアラミス(石井一孝)、食いしん坊のポルトス(岸祐二)と分かりやすい個性を出しつつ、3人のコンビネーションはなんともいえない面白みがあり、楽しい。作品のテーマソングというべきナンバー『ひとりは皆のために』など重要なナンバーを担う歌声も素晴らしく、その三重唱は聴きごたえ十分。リシュリュー役の山口祐一郎は、主人公たちの敵役という立場を彼らしい重厚な存在感で魅せるとともに、2幕では作品髄一のロックナンバーをノリノリで歌う弾けた一面も。瀬奈じゅんは、悪女的ポジションである謎の女・ミレディを一途な女性の悲劇という切り取り方をし、作品に奥深い味わいを加えた。一方で悪役らしく立ち回るシーンでの生き生きとした表情やキレのある動きも抜群で、エンタテインメント性も忘れていないのがさすが。ロシュフォール役の吉野圭吾の華麗さとお茶目さなども印象的で、総じて悪役が皆キュートで魅力的なのが、成功の大きな要因であろう。ほかに、進行役と従者の2役を演じる坂元健児の笑いを生む絶妙な間合いなども絶品で、インパクトを残した。それぞれの俳優自身の魅力がキャラクターの濃さに合致し、相乗効果で輝きを増している。
03.JPG02.JPG
そして主人公・ダルタニャン役が井上芳雄。純粋でちょっとお調子者、夢と正義に溢れる若者をキラキラと演じている。おそらく井上本人が心からこの舞台を楽しんでいるのだろう、彼を観ているだけで前向きな気分になれるような輝きがある。井上と、その恋人コンスタンス役・和音美桜の健康的な恋模様と伸びやかな歌声は、個性的すぎる登場人物たちの中でひときわ爽やかでまぶしい。


ダルタニャンの成長物語であると同時に、正義や仲間との信頼といった今日的テーマが内包されているが、まずは深いことを考えず、個性的なキャラクターたちが巻き起こす、波乱万丈で手に汗握るストーリーを純粋に楽しめば良い。宝塚ばりの"銀橋"を使った迫力の殺陣シーンや、三本の剣を象徴的に配した大胆な舞台セットなど、ビジュアル的にも楽しめる仕掛けが多い。客席の子どもたちの笑い声も幸せな気分にさせてくれる、パワフルでエネルギッシュ、夏休みにぴったりのエンタテインメント作品だ。

06.jpg



なお、チケットぴあではこの『三銃士』のお得なチケットの販売が決定いたしました。


■その1 舞台写真付チケット■

対象チケットをご購入の方に、出演者の舞台写真セットをプレゼント!
A(井上芳雄さん)、B(瀬奈じゅんさん)、C(山口祐一郎さん)
それぞれ2枚組で3種類。写真はL版(8.9㎝×12.7㎝)。
当日、対象チケットをお持ちのお客様に、A・B・Cのどれか1セットを選んでいただきます。

【対象公演日】8/9(火)昼、8/11(木)夜、8/16(火)夜、8/18(木)昼・夜、8/23(火)昼・夜、8/25(木)昼 計8公演
【発売開始日】8/3(水)10:00~予定枚数終了まで
※販売はWEB・チケットぴあの店舗のみ。WEBでご購入の際は「舞台写真付チケット」をお選びください。また店舗でご購入の際は「舞台写真付チケット」をご購入希望の旨をお伝えください。

<Aセット>

110802A.JPG<Bセット>

110802B.JPG<Cセット>

110802C.JPG


■その2 ペア割引チケット■

お得な2枚セットのチケットです。親子またはお友達同士でお楽しみください!

【対象公演日】8/10(水)昼、8/11(木)夜、8/15(月)昼、8/16(火)夜、8/18(木)昼・夜、8/23(火)昼・夜、8/24(水)昼、8/25(木)昼 計10公演
【販売価格】S席2名様16000円、A席2名様9000円
【発売開始日】8/3(水)10:00~予定枚数終了まで

※販売はWEB・チケットぴあの店舗のみ。WEBでご購入の際は「ペア券」をお選びください。また店舗でご購入の際は「ペア券」をご購入希望の旨をお伝えください。


なお、通常のチケットは、現在発売中です!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/3285

前の記事「柿喰う客・中屋敷法仁 vol.06」へ

次の記事「舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.6 光瀬指絵」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉