ハイバイ vol.20  from 内田慈

| トラックバック(0)

皆様、あけましておめでとうございます。
ハイバイ『投げられやすい石』より、正直、まだお正月気分な内田です。

正直、てゆうか、万年お正月みたいな生活してんじゃんとかたまに言われちゃう的な、そしてそんなに強くは言い返せないけど、でも気持ちはそうでも一応色々あるもんとか思う内田で、下の名前をチカと読みます。

しかし。
めでたいのは良いことですね。

ということで写真は、お正月に毎年やっているイベント公演「新年工場見学会」のときの写真です。
今年も五反田団の前田司郎氏と、ハイバイの我らが岩井秀人氏の作品等が上演されました。二組とも、ヤンキーのニセモノというテーマ、というか演目、のものをやりました。

hi-bye27.jpg

そういえば、毎年この正月公演で岩井さんと会うものの、個人的な話ですが、わたし、久々のハイバイなのです。
そう、岩井さん作・演出の作品に出演させて頂くのはそれこそ『投げられやすい石』の初演以来です。
それもぴったり三年前、2008年の1月で、そういうぴったりさとか、久々の一発めがこの作品だというのとかがなんか、縁だなあと思ったりしてます。
そういうふうに思わせるような、ものすごい引力のある作品であるのです。

先日通しをやって思ったのですが、初演時は『投げられやす~い石』ってタイトルでしたが、今稽古場で出来上がってきているのはすごく、『投げられやすい石』だなあと感じました。
うーん、伝えにくいのですが笑、とにかく、ああ、いいなあと思う瞬間の連続があって、この『投げられやすい石』で色んな都市を回れることが本当に嬉しいです。

東京公演は後半まだお席あります!
それから名古屋、三重、京都、広島、福岡の皆様、是非是非いらしてくださいませね。
見逃す手はないですぜ。

、、、お。
そーか、こんなに毎日わくわくすることばっかりやってるっていみで、こりゃー万年お正月、だー。

チケット情報
ハイバイ プロフィール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2667

前の記事「劇団鹿殺し vol.31  from 丸尾丸一郎」へ

次の記事「ハイバイ vol.21  from 平原テツ」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ